これで失敗しない!Photoback(フォトバック)の作り方とフォトブックの注意点

2020年2月20日

今年の"フォトブック初め"は「Photoback(フォトバック)」を利用しました。

photobackのフォトブックをつくる

「Photoback(フォトバック)」のフォトブックはマット調でナチュラルな風合いがおしゃれな1冊を演出。
お気に入りのフォトブックサービスのひとつで、毎年利用しています。

photobackのフォトブックをつくる

フォトブックのラインナップは7種類。

  1. FOLIO[フォリオ]
  2. ずっしりと重厚感のある高級厚紙製本
    専用ケース付きで1冊6,600円〜

  3. ROUGH[ラフ]
  4. 合紙製本(見開きフラット)のましかくフォトブック
    1冊1,600円〜

  5. POCKET[ポケット]
  6. L判サイズのコンパクトなフォトブック
    1冊1,000円〜

  7. GRAPH[グラフ]
  8. 国内最大級のジャケット付きフォトブック
    1冊5,610円〜

  9. LIFE[ライフ]
  10. 本屋さんに売っている本のような帯付きフォトブック
    1冊3,086円〜

  11. BUNKO[ブンコ]
  12. 見た目もサイズもまるで文庫本のような帯付きフォトブック
    1冊2,581円〜

  13. ALBUM[アルバム]
  14. マットな質感のソフトカバー製フォトブック
    1冊1,800円〜

私はこれまでに15冊の注文経験がありますが、つくったことがあるのは「POCKET(ポケット)」「ROUGH(ラフ)」「ALBUM(アルバム)」の3種類。
懐事情もさることながら、「アプリからつくれる」ことが大きなポイントです。

photobackのフォトブック「POCKET」

実は、Photoback(フォトバック)でフォトブックをつくるには3種類の方法があり、スマホやアプリからつくる場合はフォトブックの種類が限定されます。

  1. パソコンからWebサイトでつくる
  2. 「FOLIO」「ROUGH」「POCKET」「GRAPH」「LIFE」「BUNKO」「ALBUM」を作成可能

  3. スマホからWebサイトでつくる
  4. 「FOLIO」「ROUGH」「GRAPH」を作成可能

  5. iPhone・Androidアプリからつくる
  6. 「FOLIO」「ROUGH」「POCKET」「ALBUM」を作成可能

編集途中で別の作り方に変えることはできません

たとえば、パソコンからつくり始めたフォトブックをスマホで編集するとか、アプリで作り始めたフォトブックをパソコンで編集することはできません。
だから、あらかじめどの商品をどの方法でつくるか決めておくとスムーズです。

photobackのフォトブックをつくる

パソコンからつくる場合、商品ラインナップも編集機能やテンプレートの種類も充実しています。
Instagramに投稿した写真を利用するならパソコンから編集しましょう。

photobackのフォトブックをつくる

パソコンからつくりたいけど写真はスマホにあるときは、スマホからPhotoback(フォトバック)にアクセスして写真のアップロードだけしておきましょう。

photobackのフォトブックをつくる

スマホからWebサイトでつくる場合、初心者でもわかりやすいシンプルな編集機能が特徴です。
写真の配置は1ページに1枚、写真のサイズ(縦、横、正方形)に合ったテンプレートが自動で選ばれます。

photobackのフォトブックをつくる

ただし、表紙以外の本文に文字を入れることができません。
写真にコメントやキャプションを添えるなら、別の方法を選びましょう。

「Photoback(フォトバック)」のアプリは2019年にリニューアルし、Androidアプリも登場しました。

Photoback - Contents Works Inc.
AppStoreからダウンロードGooglePlayで手に入れよう

 
写真を選ぶ画面では、スマホにある写真を撮影日ごとに分類。一括選択も可能です。
自動レイアウトが便利な「おまかせ配置」機能もあります。

アプリからフォトブックをつくるポイントは別の記事にまとめましたので併せて御覧ください。

「Photoback(フォトバック)」のスマホアプリからフォトブックをつくるコツと注意点

気をつけて!「Photoback(フォトバック)」でフォトブックをつくるときの注意点

フォトブックに印刷する写真はあらかじめ明るめに補正しておくことをおすすめします。
「Photoback(フォトバック)」側が写真の明るさを調整や補正をすることはありません。

お客様にアップロードいただきましたお写真を画質、明るさ等の調整や補正はせずに、弊社プリンターの設定にてそのまま印刷しております。
暗めの画像は画像加工ソフト等で明るめに調整されたうえでアップロードしてください。

引用元:暗めの画像は明るく調整して印刷してもらえますか? | Photoback|おしゃれフォトブックならPhotoback

「Photoback(フォトバック)」のフォトブックは上質なマット紙を使用しており、光沢がありません。
このため、全体的に暗い写真は画質が悪いと感じるかもしれません。

Photoback(フォトバック)のフォトブックROUGH[ラフ]

Photoback(フォトバック)」でフォトブックをつくる3つの方法いずれも、写真の色合いを補正する機能は無いので他のアプリやソフトを使用しましょう。

なお、Photobackは14日間の編集期限を設けています。
編集画面にアクセスすれば、その日から期限がさらに14日間延長されます。
うっかり編集期限を過ぎてしまわないように注意しましょう。


 
私のPhotoback(フォトバック)デビューは2011年12月。
当時はパソコンからつくる以外の方法がありませんでした。

しかし、プライベートでパソコンを使う時間がなく、編集期限の延長を繰り返すこと数十回。
フォトブックの編集にかけた時間はトータルで2〜3時間ですが、注文にたどり着くまで1年もかかりました。

いまはスマホから編集も注文もできるので編集期限に怯えることもなくなりました。

商品の種類や価格、仕様など当記事の内容は執筆時点の情報に基づきます。
最新の情報はPhotoback(フォトバック)公式サイトでご確認ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ , 2020 All Rights Reserved.