フォトバックのアプリとパソコンとの違い【スマホvsPCタブレット】

  • URLをコピーしました!

Photoback(フォトバック)のフォトブックをスマホからつくるときは専用のアプリを、パソコンやタブレットからつくるときはWebサイトを利用します。

スマホアプリから作成したフォトブックをパソコンで編集することはできません。その逆もしかり。
だから、どちらも使える場合はスマホからにするか、パソコン・タブレットからにするか決めておくと◎

そこで今回はPhotobackのスマホアプリとパソコンとの違いを注意すべきポイントとあわせて解説します。

もくじ
(タップするとジャンプできます)

フォトバックのスマホアプリは2種類?iPhoneとAndroidの違い

実は、Photoback(フォトバック)のスマホアプリはiPhone(iOS)とAndroidで名称も機能も異なります。

iPhoneアプリ「Photoback Lite(フォトバック・ライト)」は”かんたん編集”機能によって選択した写真を自動でレイアウトします。

アイフォンアプリ「フォトバックライト」のかんたん編集機能
iPhoneアプリの操作画面

2022年7月のアップデートにより、従来の”こだわり編集”でフォトブックを新規作成することはできません。

Androidアプリ「Photoback」は”こだわり編集”機能でフォトブックを作成します。

フォトバックのAndroidアプリ
Androidアプリの操作画面

iPhoneアプリのような”かんたん編集”機能は利用できませんが、おまかせ配置を選ぶと写真が自動配置されます。

フォトバックのAndroidアプリのおまかせ配置
Androidアプリの操作画面

アプリ(フォトバック ライト)とパソコン(Web)のどっちを選ぶ?

つくれるフォトブックとページ数の違い

アプリもパソコン(タブレット)もPhotoback(フォトバック)のフォトブック全7種類をつくることができます。

photobackのフォトブックは全7種類

ただし、アプリは一部商品のページ数に制限があります。

スクロールできます
アプリパソコン
FOLIO16/24/3616/24/36
ROUGH16/24/3616/24/36
POCKET
(たて・よこ)
16/24/3616/24/36
GRAPH4848/72/96/120
LIFE24/3624/36/48/60/72/96/120
BUNKO3636/48/60/72/96
ALBUM3636
フォトバック商品別の作成可能ページ数

ALBUM 36 36

フォトブックのジャケットと帯の違い

パソコンからの編集は「ALBUM」のジャケットカラーを選べたり、

フォトバックのフォトブック「アルバム」はジャケットカラーを選べる
PhotobackのフォトブックALBUM

「LIFE」と「BUNKO」の帯色を選べます。

フォトバックのフォトブック「ライフ」「ブンコ」は帯色を選べる
PhotobackのフォトブックBUNKO

アプリからの編集はジャケットカラーと帯色を選択できません。

スクロールできます
アプリパソコン
ALBUM
ジャケット
カラー
選択不可
(ホワイトのみ)
20種類
LIFE
帯カラー
選択不可
(ホワイトのみ)
12種類
BUNKO
帯カラー
選択不可
(ホワイトのみ)
12種類
フォトバック商品別の表紙の編集機能

選べるデザイン(テンプレート)の違い

Photoback(フォトバック)のフォトブックに印刷できる写真の枚数は表紙(ジャケット)が1枚で本文が最大4枚
※POCKETとALBUMは本文に最大2枚

フォトバックのフォトブックのパソコン編集
パソコンから編集
アイフォンアプリ「フォトバックライト」でフォトブックを編集
iPhoneアプリから編集

公式サイトではアプリ編集もパソコン編集も最大テンプレート数は634種類としていますが、パソコン編集のテンプレート数が多いフォトブックもあります。

フォトバックのパソコン編集は縦横比が3:2のテンプレートを選べる
パソコンは縦横比が3:2のテンプレートを選べる

パソコンは「フチなし」「フチ小」「フチ大」と境界線の有無を選べるので同じテンプレートでも印象が変わります。

フォトバックのフォトブックのパソコン編集
フチなし・写真同士の境界線なし
フォトバックのフォトブックのパソコン編集
フチなし・写真同士の境界線なし
フォトバックのフォトブックのパソコン編集
フチ小・写真同士の境界線あり
フォトバックのフォトブックのパソコン編集
フチ小・写真同士の境界線あり
フォトバックのフォトブックのパソコン編集
フチ大・写真同士の境界線あり
フォトバックのフォトブックのパソコン編集
フチ大・写真同士の境界線あり

アプリからの編集は【フチ小・境界線無】で固定されています。

アイフォンアプリ「フォトバックライト」でフォトブックを編集
iPhoneアプリから編集

さらに、テキストのみのテンプレートを選べるのはパソコン編集だけ。

フォトバックのパソコン編集はテキストのみのテンプレートを選べる
パソコンはテキストのみのテンプレートを選べる

本文にページ番号(ノンブル)とタイトル(柱)を欄外に印刷できるのもパソコン編集のみで、アプリから注文したフォトブックには印刷されません。

フォトバックのフォトブックをパソコンで編集する

テキストの書体と文字色の違い

表紙のタイトルや本文のテキストは、アプリもパソコンも12種類の書体(フォント)を利用できます。

フォトバックのフォトブックに使えるフォントは12種類

文字の色は黒です。
ただし、「LIFE」「BUNKO」「ALBUM」は表紙・帯の色によって文字の色が変わります。

アプリ編集とパソコン編集の操作性と機能の違い

どちらも直感的に操作できるように設計されていますが、パソコンからの編集は画面を広く使えるのでアプリにはない機能が多くあります。

アプリから編集するメリット

  • 最初のステップで選んだ写真がフォトブックのテンプレートに応じて自動配置される
  • 編集期限が120日間(パソコン編集は14日間)

パソコンから編集するメリット

  • テンプレートの推奨解像度と写真の解像度がひと目でわかる
  • ページ数を後から設定可能(アプリは後から変えられない)
  • 表紙のタイトル位置を変えられる(ALBUM/BUNKOは除く)
  • 他の作品を参考にしながらレイアウトを選べるセミオーダー機能がある
  • テキスト欄に自動で撮影日を入力できる
  • 全ページまとめてレイアウトを変えられる

パソコンから編集したいけれど写真がスマホにある場合は、QRコードを読み込んでスマホの写真をアップロードすることもできます。

フォトバックのパソコン編集はテキストのみのテンプレートを選べる
パソコンの操作画面

画像を扱う処理はシステムに負荷がかかりがちですが、アプリからの編集もパソコンからの編集も自動保存されるので、意図せず中断しても編集期限内であればいつでも再開できます。

アイフォンアプリ「フォトバックライト」でフォトブックを編集
iPhoneアプリの操作画面

パソコンからの編集と比較すると制限もありますが、フォトバックのアプリは年々使いやすくパワーアップしています。
アプリからの編集は期限が長いので、スキマ時間にコツコツと編集していくのも良いですね。

スマホ(アプリ)からPhotobackを利用する

Photoback Lite

AppStoreからダウンロードGooglePlayで手に入れよう

パソコン・タブレットからPhotobackを利用する
シェアしてもらえると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
もくじ <br><span style="font-size: 11px">(タップするとジャンプできます)</span>