最短30分で完成!お店でつくるフォトブック「PhotoZINE(フォトジン)」最新情報3つのポイント

2019年9月3日

手作り感のあるオシャレなフォトブック「PhotoZINE(フォトジン) 」がパワーアップ!店頭注文限定の新機能や新デザインが登場しました。
店内製本なので注文当日に受け取れるのが大きな魅力です。

そこで今回は、全国の写真店でつくれる「PhotoZINE(フォトジン) 」の最新情報をまとめました。

新サービスは2019年9月3日より順次展開されるため、一部店舗は新機能を利用できない場合があります。事前に利用店舗へご確認ください。
PhotoZINE(フォトジン)取扱店舗一覧

新機能の「デコレーション機能」でオリジナルの手帳やノートをつくれる

ダイアリーや寄せ書きに使えるページデザインが店頭注文限定で登場し、フォトブック以外の用途にも利用できるようになりました。

手帳の予定表など全30種類のデザインを選べる「デコレーション機能」は、用途に応じて好きなページに追加することができます。
手書きのメッセージやコメントなどを後から書き込めるので、手作り感がさらにUP!

あいこうら
デコレーション機能は店頭注文限定のためWebサイトからの注文は利用できません

無線綴じ製本の「BOOK」タイプも店頭でつくれて当日受取OK

「PhotoZINE(フォトジン)」は気軽につくれる本のようなフォトブックで、「BOOK」「MAGAZINE」「SLIM」の3種類あります。
店頭で注文できるのはホッチキス製本の「MAGAZINE」と「SLIM」だけでしたが、無線綴じ製本の「BOOK」もラインナップに加わりました。

「MAGAZINE」と「SLIM」は雑誌やパンフレット風ですが、「BOOK」はまさに"本"のような風合い。

見やすくて人気のA5(相当)サイズは、16〜48ページまでページ数を選べます。
手触りの良い表紙カバー付きで背表紙にタイトルも入れられますよ。

PhotoZINE(フォトジン) BOOKタイプ

あいこうら
BOOKタイプの文庫(A6)サイズとスクエアサイズは店頭注文できません。

「SLIM」タイプは写真フイルム風のテンプレートを選べる

たくさんの写真を印刷できる「PhotoZINE(フォトジン) SLIMタイプ」は、コマのデザインにフィルム風が追加されました。

他のコマデザインは1ページごとに写真をレイアウトしますが、新登場のフィルム風デザインは見開き(2ページ)ごとに写真を左から右に配置します。

PhotoZINE(フォトジン)

フィルムの上下に画像の日付情報やファイル名を印字することができます。

私は過去に「PhotoZINE(フォトジン) SLIMタイプ」で1,100枚の写真を1冊のフォトブックに残しました。
シンプルで見やすいし、写真整理にもおすすめです。

ギャラリー風フォトブック「PhotoZINE(フォトジン)」SLIMタイプで大量の写真をひとまとめ

「PhotoZINE(フォトジン)」の参考価格

※2019年9月3日時点の税抜価格です。店舗により異なる場合があります。

BOOKタイプ(A5相当サイズ:205×145mm)
16ページ:1,600円〜

MAGAZINEタイプ(A5相当サイズ:198×138mm)
12ページ:600円〜

MAGAZINEタイプ(A4相当サイズ:285×200mm)
12ページ:1,200円〜

SLIMタイプ(SlimA5サイズ:210×100mm)
12ページ:900円〜

SLIMタイプ(SlimA4サイズ:297×148mm)
12ページ:1,800円〜


新機能の「デコレーション機能」は、店頭で注文できる「BOOK」「MAGAZINE」「SLIM」の3種類すべてで利用できます。
スマホやデジカメにあるお気に入りショットを活用した世界にひとつだけの手帳やノートをつくれるのはワクワクしますね。

PhotoZINE(フォトジン)デコレーション機能

店内仕上げで注文当日に受け取れるし、操作に困ったときは店員さんに質問できるのが心強いです。

PhotoZINE(フォトジン)取扱店舗一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あいこうら

写真好きの主婦ブロガー。撮りすぎたスマホ写真&動画の整理と活用術を日々模索。2018年は写真プリント42商品を満喫。好きが高じてiPhone写真アプリ『さくっとプリント』監修。写真整理アドバイザーとしてNHKラジオの番組に生出演したのがこの夏のハイライト。

プロフィールページ

お問い合せはこちら

Copyright© がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ , 2019 All Rights Reserved.