今なら58%OFF!しまうまプリントで年賀状をつくる方法と早割クーポン情報【2022年版】





しまうまプリントの2022年(令和3年・寅年)年賀状印刷が2021年10月1日に注文受付を開始しました!
そこで、「しまうまプリント 年賀状印刷2022」の注目ポイントと、気になる早割や印刷料金などのお役立ち情報を口コミします。

もくじ


PCとスマホ、どちらからつくる?

PC(Windows PC/Mac)から注文する場合は専用のWebサイトにアクセスして編集・注文をおこないます。

スマホから注文する場合は無料のiPhone・Androidアプリをインストールします。

しまうま年賀状アプリ

AppStoreからダウンロードGooglePlayで手に入れよう

PCからもスマホからも年賀状を注文するまでは一切、お金はかかりません。
年賀状デザインのバリエーションは同じなので、自分が使いやすい方法を選びましょう。

印刷仕上げと写真仕上げ、どちらにする?

しまうまプリントの年賀状印刷は、「印刷仕上げ」「写真仕上げ」のどちらかを選びます。

写真をキレイに印刷するなら「写真仕上げ」、コストパフォーマンスを重視するなら「印刷仕上げ」がおすすめです。

しまうまプリントの年賀状2022

引用元:年賀状の仕様について | 年賀状2022 | しまうまプリント

「印刷仕上げ」はインクジェット紙ではなく、無地の「お年玉付き年賀はがき」に印刷します。ディズニー年賀はがきは選べません
周囲に余白がある、フチ有り印刷になります。

年賀状 2021 しまうま年賀状

「写真仕上げ」は、銀塩方式で写真印画紙に印刷して「お年玉付き年賀はがき」に貼り付けます。
上下両端までプリントする、フチ無し印刷になります。

年賀状 2021 しまうま年賀状

どちらとも「お年玉付き年賀はがき」になりますが、「写真仕上げ」は厚みがあるため家庭用インクジェットプリンターでの宛名印刷は紙送り不良が発生することも…。
「写真仕上げ」を選ぶなら無料の宛名印刷も申し込むと安心ですね。

気になる価格、早割はいつまで?

しまうまプリントの年賀状印刷にかかる金額は【基本料金 + (プリント料金 + 特別料金 + はがき代) × 枚数 + 送料などの手数料】の合計額になります。

一部のコラボデザインには特別料金がかかります。

プリント料金200円(税抜)につきTポイントが1ポイント貯まります。また、年賀状の注文時にTポイントを使うこともできます。(詳しくはこちら。)

最少4枚から1枚単位で注文を受け付けており、支払い方法は「クレジットカード」「コンビニ後払い」「代金引換」の3種類です。
「コンビニ後払い」「代金引換」には所定の手数料がかかります。

基本料金:1,980円(税込)
※「しまうまプリントの年賀状印刷2022」をリピート利用の場合、2回目以降は660円(税込)

プリント料金:
<印刷仕上げ>1枚につき40円(税抜)
<写真仕上げ>1枚につき88円(税込)

特別デザイン料金:1枚につき11円(税込)
※一部のコラボデザインのみ

年賀はがき代:1枚につき63円(非課税)

送料:0円

\早割キャンペーン実施中/
2021年10月25日(月)23:59までにしまうまプリントで年賀状・喪中はがき・寒中見舞いを注文するとプリント料金が58%OFF!!
印刷仕上げは1枚16円、写真仕上げは1枚36円になります。
※早割価格は自動で適用されるので注文画面にあるクーポンコード(割引チケット)への入力は不要です。

[料金例] ※クレジットカード決済を選択した場合で試算
期間中に標準デザインを印刷仕上げで30枚注文すると?
¥4,350(税込)です。
内訳:基本料金¥1,980+印刷代¥480(¥16×30枚)+はがき代¥1,890(¥63×30枚)

期間中に標準デザインを写真仕上げで30枚注文すると?
¥4,950(税込)です。
内訳:基本料金¥1,980+印刷代¥1,080(¥36×30枚)+はがき代¥1,890(¥63×30枚)

しまうまプリントの年賀状印刷は例年ありがたいことに何度も割引キャンペーンを実施しています。
10月や11月の早い時期のほうが割引率が大きくてお得ですが、12月になっても諦めずにキャンペーン情報をチェックしましょう。



配送方法は、写真仕上げ60枚以下または印刷仕上げ108枚以下の注文はポスト投函の「ゆうパケット」、写真仕上げ61枚以上または印刷仕上げ109枚以上の注文は対面お渡しの「ゆうパック」でお届けとなります。

支払い方法が代金引換の場合は注文枚数を問わず「ゆうパック」でお届け

現在は自宅配送の場合が11月上旬に発送、投函代行を利用する場合は12月15日より順次投函されます。

写真を使う?イラストのみ?豊富なデザインから選び放題

定番デザインはもちろん、結婚・出産・引越など目的別のおしゃれなデザインがよりどりみどり。

年賀状に使う写真に合うデザインを探すもよし、デザインを決めてから写真を準備するもよし。

しまうまプリントの年賀状印刷デザイン2022年版

最大6枚の写真を印刷できるデザインや、

しまうまプリントの年賀状印刷デザイン2022年版

写真を使わずイラストのみのデザインもあります。

しまうまプリントの年賀状印刷デザイン2022年版

さらに、「しまうまプリント 年賀状印刷2022」はコラボ年賀状もあります。
国民的人気キャラクター・寅さんをフィーチャーした「男はつらいよ」や「ゲゲゲの鬼太郎」の新しいコンセプトシリーズ、寅のキャラクターの代表格トニー・ザ・タイガーなど他にはない個性的なデザインの年賀状をつくれます。

しまうまプリントの年賀状印刷デザイン2022年版

コラボ年賀状の一部デザインには特別料金(1枚11円)がかかる場合があります。

持ち込み画像はOKだけど持ち込み年賀状はNG

しまうまプリントの年賀状印刷は、自分でつくったデザインや写真をそのまま使うこともできます。

年賀状 2021 しまうま年賀状

フチなし印刷の写真仕上げは「1228×1748ピクセル(仕上がり保証エリア:1098×1658ピクセル)」、フチあり印刷の印刷仕上げは「1061×1628ピクセル」の画像データを準備しましょう。(解像度は300dpi推奨)
入稿データの形式はjpg(RGB)に限定されています。

このようにオリジナルの持ち込み画像は印刷できますが、手元にある年賀状はがきを持ち込んで印刷してもらうことはできません

投函代行もあり!無料の宛名印刷を使う?使わない?

面倒な宛名印刷も無料でおまかせOK。投函代行も受け付けています。

宛名のフォントは4種類の中から選べます。

年賀状 2021 しまうま年賀状

しまうまプリントの年賀状デザインは基本的に印刷面に差出人の情報を載せるため、宛名面の差出人印刷はおこなっていません

宛名の登録はPCからもスマホからもおこなえますが、年賀状ソフト(筆ぐるめ・筆まめ・はがきデザインキット)等の住所録をインポートができるのはPCのみ。

年賀状 2021 しまうま年賀状

PCから登録した宛名情報をスマホアプリで使うことはできます。

一部だけ宛名を印刷する「宛名有無同時注文」も可能なので、詳しくは公式サイトを確認しましょう。

年賀状注文は5ステップ、最終確認を怠るべからず!

年賀状を注文する流れは下記の通り。

  1. デザインを選ぶ
  2. 写真を選ぶ(写真を印刷する場合)
  3. 差出人情報やメッセージを入力する
  4. 宛名印刷を設定する(宛名を印刷する場合)
  5. 注文手続き

他にも、写真の印刷範囲を調整したり、フォントを選んだり、スタンプを追加することもできます。

そして、忘れてはいけないのが、仕上がりの確認

特に、印刷面のプレビューは重要です。宛名印刷、注文の手続きにすすむと印刷面の表示確認ができません。
思わぬミスでがっかりしないように、仕上がりの確認はしっかりおこないましょう。

\早割キャンペーン実施中/
2021年10月25日(月)23:59までにしまうまプリントで年賀状・喪中はがき・寒中見舞いを注文するとプリント料金が58%OFF!!
印刷仕上げは1枚16円、写真仕上げは1枚36円になります。
※早割価格は自動で適用されるので注文画面にあるクーポンコード(割引チケット)への入力は不要です。

[料金例] ※クレジットカード決済を選択した場合で試算
期間中に標準デザインを印刷仕上げで30枚注文すると?
¥4,350(税込)です。
内訳:基本料金¥1,980+印刷代¥480(¥16×30枚)+はがき代¥1,890(¥63×30枚)

期間中に標準デザインを写真仕上げで30枚注文すると?
¥4,950(税込)です。
内訳:基本料金¥1,980+印刷代¥1,080(¥36×30枚)+はがき代¥1,890(¥63×30枚)

▼PCから「しまうま年賀状」を利用する

▼スマホから「しまうま年賀状2021」を利用する

しまうま年賀状アプリ

AppStoreからダウンロードGooglePlayで手に入れよう

Sponsored Link
シェアしてもらえると嬉しいです
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる