かんたん便利!iPhoneにある写真をすぐに印刷できる「AirPrint(エアープリント)」の使い方

投稿日:2014年4月22日 更新日:

iPhone、iPad、iPod touchにある写真や文書をかんたんに印刷できる便利な機能「AirPrint(エアープリント)」。

「AirPrint」に対応したプリンターであれば、
カメラロールにある写真はもちろん、
LINEやGoogleフォトにある写真を直接プリントしたり、
Webサイトをそのまま印刷したりすることもできます。

iPhoneにある写真を家庭用プリンターで印刷する

そこで今回は、「AirPrint」のやり方を解説します。
初めて「AirPrint」を使う方も、思うように印刷できないとお悩みの方も、ぜひ参考にしてくださいね。

AirPrint(エアープリント)とは?利用するには??

「AirPrint(エアープリント)」は、Appleが提供する印刷システムです。アプリやソフト、ドライバーのインストールは不要。ケーブル接続も不要。
利用するのに必要なのは、「AirPrint対応プリンター」と「ネットワーク環境」だけ。

AirPrint対応のプリンターは、Appleのサポートサイトや各メーカーのサイトで確認できます。

プリンターがAirPrint対応であれば、そのプリンターとiPhone、iPad、iPod touchを同じWi-Fiネットワークに接続すれば印刷準備は完了。

「SELPHY(セルフィー) CP910」のダイレクト接続

Wi-Fi環境がなくても、プリンターによっては印刷のためのネットワーク接続を可能にする「Wi-Fi Direct®」機能もあります。
「Wi-Fi Direct®」の接続方法は、製品の取扱説明書や各メーカーのFAQ等で確認しましょう。



Wi-Fi環境がなく、プリンターの「Wi-Fi Direct®」も使えない場合は、iPhone・iPadのテザリング(インターネット共有)機能を活用するのも一案です。

iPhoneのテザリング(インターネット共有)でプリンターと接続

「AirPrint」で簡単!iPhoneのカメラロールにある写真を印刷してみた

今回は、Canonのコンパクトフォトプリンター「SELPHY(セルフィー) CP910」で写真を印刷します。

iPhoneとプリンターのネットワーク接続を設定する

Wi-Fi環境が使えないため、プリンターの「Wi-Fi Direct®」機能を利用します。

プリンターのメニューボタンを押し、Wi-Fi設定 > 接続方法の順に選択し、「ダイレクト接続」を選びます。
SSIDとパスワードが表示されます。

「SELPHY(セルフィー) CP910」のダイレクト接続

iPhoneの「設定」アプリを起動し「Wi-Fi」のネットワークの一覧から、プリンターのSSIDを選んでパスワードを入力して接続します。
これでネットワークの設定はOK。

カメラロールにある写真を選んで印刷する

iPhoneの標準「写真」アプリからプリントしたい写真を選んでタップします。
左下のシェアボタンをタップし、最下段の項目の中から「プリント」を選びます。

iPhoneのAirPrint(エアープリント)操作

オプション画面が表示されます。
プリンタの欄が「プリンタを選択」となっている場合は「>」をタップします。

iPhoneのAirPrint(エアープリント)操作

印刷するプリンターを選びます。

iPhoneのAirPrint(エアープリント)操作

ここで「AirPrintプリンタが見つかりません」と表示される場合は、iPhoneとプリンターが同じネットワークに接続されていない可能性があります。
iPhoneとプリンターのネットワーク設定を確認しましょう。

「AirPrintプリンタが見つかりません」の表示

あいこうら
プリンターの電源が入っているかもチェック

印刷するプリンターを選んでオプション画面に戻り、左上の「プリント」をタップすると印刷がはじまります。

iPhoneのAirPrint(エアープリント)操作

写真をプリントできました。

iPhoneのAirPrint(エアープリント)操作

最初のネットワーク設定に少々手間がかかりますが、一度設定してしまえば自動的に接続するようになります。

LINEのトークに送られてきた写真やアルバムにある写真も同様の手順で印刷することができます。

LINEトークの写真をAirPrint(エアープリント)

Googleフォトにある写真も直接プリントすることができますよ。

Googleフォトの写真をAirPrint(エアープリント)

「AirPrint」の写真プリントはL判サイズの「フチなし印刷」固定?

AirPrintで写真を印刷する場合、過去のiOSでは用紙サイズがL判サイズに固定されていました。

あいこうら
はがきに写真を印刷するために、iPhoneの利用地域を日本以外の国に設定変更したことも…

最新のiOSでは、プリンター側で設定した用紙サイズを選択することができます。

オプションをタップして用紙サイズを選択することができない場合は、プリンターとの接続に時間がかかっているのかもしれません。
しばらく待つか、一度キャンセルしてもう一度試してみましょう。

Lサイズの場合は自動的に「フチなし印刷」になります。
(プリンターによっては「AirPrint」でフチあり印刷を選べる機種もあるかもしれません。)
印刷設定を細かくおこなうなら、「AirPrint」ではなくプリンター各社が提供しているアプリを利用しましょう。

iPhoneアプリ「さくっとプリント」なら、フチあり印刷やチェキ風プリントも「AirPrint」できますよ。日付や絵文字コメントも入れられます。

さくっとプリント
写真現像がかんたん - さくっとプリント(さくぷり)
AppStoreからダウンロード


 
すぐに写真をプリントできると活用範囲が広がります。
私は、保育園の連絡帳に撮りたてホヤホヤの写真を添えたことも…。

「AirPrint(エアープリント)」に対応したプリンターは増えているので、覚えておくときっと役に立つはず。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あいこうら

写真好きの主婦ブロガー。撮りすぎたスマホ写真&動画の整理と活用術を日々模索。2018年は写真プリント42商品を満喫。好きが高じてiPhone写真アプリ『さくっとプリント』監修。写真整理アドバイザーとしてNHKラジオの番組に生出演したのがこの夏のハイライト。

プロフィールページ

お問い合せはこちら

Copyright© がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ , 2019 All Rights Reserved.