もう「自動補正」で失敗したくない!写真プリントの色補正ありとなしはどっちがいい?

 

しまうま写真プリント」でプリントした写真を見比べたとき、残念な印刷結果が一部ありました。

「しまうまプリント」の画質を徹底比較!おすすめ品質はどのペーパー?

思っていた写真の仕上がりと違う・・・
それは自動補正が原因かもしれません。

そこで今回は、写真プリントの「自動補正」機能を検証します。
「自動補正」の有無で印刷結果にどのような違いがあらわれるのか、実際に「しまうま写真プリント」で現像した写真を比較してみました。

写真プリントの「自動補正」とは?

多くの写真プリントサービスには印刷システム側で写真データを自動判別して明るさや色合いを変更する「自動補正」という機能があります。
アプリ内で写真加工するわけではないので注文前に「自動補正」の結果をチェックすることはできません

「自動補正」を有効にするかは写真プリントの注文時に指定する場合がほとんど。

しまうま写真プリント」の場合、プリントする写真を選んだ後のオプション画面で「色補正(=自動補正)」するかしないかを設定できます。

「自動補正」すると明るく鮮やかな仕上がりになりますが、写真によっては明るすぎたり、色合いが変わって不自然になる場合もあります。

「自動補正」に向かない写真って?

他の写真アプリを使って自分で加工した写真は「自動補正」に向きません
フィルタ加工した写真など注意が必要です。

しまうまプリントの「よくあるご質問」には下記の注意書きがあります。

スタジオで撮影された写真・イラスト・水族館の水槽内の写真やダイビングで撮影された水中写真・色補正を既に行った写真・単色部分の面積が多い写真・白黒写真の場合は、自動補正のチェックを外すことをおすすめいたします。

私はまさに、水族館で撮影した写真を「自動補正あり」でプリント注文してしまい、残念な仕上がりになってしまいました。

スポンサーリンク

「自動補正あり・なし」でプリント写真を比較してみた

以前「しまうま写真プリント」を利用したときは自動補正を有効にしたので、今回は同じ写真をすべて「色補正なし」でプリント注文してみました。
印画紙は「しまうまオリジナル」です。

まずは、iPhone6sPlusで撮影した水族館の逆光写真。

写真プリント注文したスマホ撮影画像

この写真を「しまうま写真プリント」でプリントした結果、色補正なし(右側)は、元データの写真とほぼ同じ。人物は暗いですが水族館で撮影したことがひと目でわかります。
色補正あり(左側)は、無理やり明るくした感じ。背景の水槽は白っぽくなっているし、人物もざらつきが見られます。

しまうま写真プリントの「色補正」あり・なしの比較結果

(左)色補正あり/(右)色補正なし

次は、iPhone SEで撮影した屋外プールの人物写真。

写真プリント注文したスマホ撮影画像

この写真を「しまうま写真プリント」でプリントした結果、やはり、色補正なし(右側)の方が全体的に暗いですが、元の写真に近く自然な色合いです。
色補正あり(左側)は少し黄色っぽくなっています。

しまうま写真プリントの「色補正」あり・なしの比較結果

(左)色補正あり/(右)色補正なし

この2枚の写真を見ると自動補正は不要?と考えてしまいそうですが、そんなことはありません。

ミラーレス一眼(OLYMPUS PEN mini E-PM2)で撮影した娘のドアップ写真の元画像とプリント結果を見比べてみましょう。

プリント注文した画像

しまうま写真プリントの「色補正」あり・なしの比較結果

(上)色補正なし/(下)色補正あり

「色補正なし」のプリント結果は顔が暗めの仕上がりになってしまいました。

スポンサーリンク

写真プリントの「自動補正」で失敗しないようにするには?

「自動補正」機能はキレイに仕上がる場合もあれば、不自然に明るすぎる失敗作を生み出すこともあります。
室内で撮った暗い写真、逆光の写真などは「色補正なし」でプリント注文するのが無難ですね。

ただし、「しまうま写真プリント」は「自動補正する・しない」を写真1枚ずつ設定することができません。

このような場合、あらかじめ他のアプリやソフトで明るさや鮮やかさを調整し、すべての写真を「色補正なし」でプリント注文すると失敗を防げます。

または、プロのオペレーターが1枚ずつ調整をおこなう「手動補正」のプリントメニューを選ぶのも一案です。
「手動補正」は仕上がりが気に入らないときは、再プリントの対応をしてくれるケースもありますよ。

写真の明るさ調整も思いのまま👌iPhoneにある写真を印刷するなら「さくっとプリント」 [PR]
写真現像がかんたん - さくっとプリント(さくぷり)
AppStoreからダウンロード

さくっとプリント」は、写真を選びやすく大切な思い出を長期保存に優れた銀写真(銀塩プリント方式)に残せます✨
写真の明るさ調整もひと目でわかるから失敗知らず☺

\シェア大歓迎!/
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事(一部広告含む)

© 2020 がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ