写真がキレイ!コンパクトサイズのおしゃれフォトブック「ポケットブック」がキャンペーンを実施中記事を読む

「メモリー」「ピープル」に表示したくない写真・ビデオの簡単な対処法

URLをコピーする
URLをコピーしました!








2016年9月にリリースされたiOS10で写真ライブラリに登場した「メモリー」と「ピープル」。
写真・ビデオを自動分類する優れた機能ですが、「えっ?それを選んじゃうの!?」と戸惑ってしまうことも…。

「メモリー」も「ピープル」も、その機能を無効にすることはできません
そこで今回は、「メモリー」「ピープル」に表示したくない写真・ビデオの対処法をご紹介します。



「メモリー」「ピープル」の対象となる写真・ビデオとは?

「メモリー」「ピープル」は、iPhone(iPad・iPod touch)にある写真・ビデオを強制的に自動分類する機能です。

対象となるのは、アルバム「最近の項目(iOS12以前は「カメラロール」「すべての写真」)」にある写真・ビデオのほか、「マイフォトストリーム(自分のフォトストリーム)」「iTunes同期写真」も自動分類します。

「メモリー」「ピープル」に表示したくない写真・ビデオの簡単な対処法とは?

写真・ビデオの「非表示」機能を使います。

iPhone標準写真アプリには写真・ビデオを非表示にする機能があります。
写真・ビデオを詳細(1枚)表示、または複数選択して共有(シェア)ボタンをタップします。

写真・ビデオを個別表示して共有(シェア)ボタンをタップ

下部のアクティビティにある「非表示」ボタンをタップすれば完了です。

共有機能の「非表示」ボタンをタップ

「非表示」に設定した写真・ビデオは、「非表示」アルバムで確認できます。
同じ手順で「再表示」することもできるのでご安心を。

写真・ビデオをすべて「非表示」にすると「メモリー」「ピープル」はどうなる?

1 2
Sponsored Link
シェアしてもらえると嬉しいです
URLをコピーする
URLをコピーしました!