iPhoneの共有ライブラリと共有アルバムの違い【iOS16】

  • URLをコピーしました!

iPhoneにある写真を共有する新たな機能 iCloud共有写真ライブラリ(iCloud Share Photo Library) が発表されました。
この機能はiOS16へアップデートすると利用できます。

iOS16は2022年9月13日から利用できますが、iCloud共有写真ライブラリは「年内に登場」に延期されたためiOS16へアップデートしても利用できません。

そこで今回は、iPhoneの新機能「iCloud共有写真ライブラリ」について従来の共有アルバム(旧称:iCloud写真共有)やiCloudリンクとの違いを比較しながら解説します。

もくじ
(タップするとジャンプできます)

iCloud共有写真ライブラリ(共有ライブラリ)とは?

iCloud共有写真ライブラリ(以下、共有ライブラリ)は、iCloud写真の一部またはすべての写真・ビデオを他のメンバーと共有して同期する機能です。

iPhoneのiOS16から使えるiCloud共有写真ライブラリのイメージ

共有ライブラリの作成者(オーナー)のiCloudストレージに他のメンバー(参加者)と共に使える写真ライブラリが作成されます。
例えるなら、オーナーの家にオーナーと参加者の所有物を置いて共同利用するイメージです。

iPhoneにある写真を参加者と共有するイメージ

共有ライブラリは作成者であるオーナーが最大5人まで招待できますが、1台のiPhoneに設定できる共有ライブラリは1つだけ。
複数の共有ライブラリを作成、参加することはできません

iPhoneで共有ライブラリを利用する方法

共有ライブラリの作成(参加)条件は、iOS16(iPadOS16またはmacOS Ventura)をインストールした機器でiCloud写真を利用中であること。

iOS16は2022年9月13日から利用できますが、iCloud共有写真ライブラリは「年内に登場」に延期されたためアップデートしても利用できません。

iOS16発表時はファミリー共有で使える機能かと思われましたが、「写真を家族と共有するためのベストな方法」として設計されただけで、ファミリー共有を利用していなくても共有ライブラリを作成・参加できるようです。
共有ライブラリに参加できるのは、オーナーと同じファミリー共有を使用中の家族に限られます。

ファミリー共有はiCloudストレージの容量をメンバー間で共有できますが、同じiCloudストレージにある他の誰かの写真や書類を見ることはできません。

iOS16は2022年9月13日の正式リリース以降、iPhone8以降の機種であれば無料でアップデートできますが、iCloud共有写真ライブラリが利用できる時期は未定です。

iOS16を利用できるiPhone ※2022年9月時点

  • iPhone 14
  • iPhone 14 Plus
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Pro Max
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone SE(第2世代以降)

共有ライブラリをオンにするとiPhoneはどうなる?

共有ライブラリをオンにすると、標準写真アプリは「共有ライブラリ」と「個人用ライブラリ」を併せ持つようになります。

iPhoneのiOS16から使えるiCloud共有写真ライブラリのイメージ

Wi-Fi接続かつバッテリー残量が十分にあるときに「共有ライブラリ」の写真とビデオは同期され、参加者全員の標準写真アプリで見たり編集したりできます。

「個人用ライブラリ」にある写真とビデオは共有されないので他の参加者は見ることができません。

「非表示」「最近削除した項目」アルバム内の写真とビデオも共有ライブラリの対象外です。

標準のカメラアプリは、撮影した写真やビデオを「共有ライブラリ」と「個人用ライブラリ」のどちらに保存するか選べるようになります。

iPhoneのiOS16から使えるiCloud共有写真ライブラリのイメージ

意図せず写真を誤って共有することがないよう特定の日付・人物の写真だけを共有する設定もあります。

共有ライブラリの作成者であるオーナーの「共有ライブラリ」と「個人用ライブラリ」は(オーナー自身の)iCloudストレージを使用します。

一方、オーナー以外の参加者が「共有ライブラリ」に保存した写真とビデオは、オーナーのiCloudストレージ使用量に加算されます。

iPhoneの共有ライブラリと共有アルバムの違い

共有ライブラリの写真とビデオは標準写真アプリのライブラリや「最近の項目」アルバムで見られます。
共有ライブラリの作成者であるオーナーのiCloudストレージ容量内であれば保存の制限はありません。

共有ライブラリを利用中にiCloud写真
共有ライブラリを使用しないiCloud写真

だから、共有アルバムのように解像度の大きな写真やビデオがリサイズ(縮小)されることも無いし、iCloudリンクのような有効期限もWebブラウザでの表示もありません。

iCloud共有写真ライブラリで同期した写真やビデオは家族なら誰でも編集したり削除できるのも、他の共有方法と大きく異なる点です。※編集を加えたり削除した状態が同期されます。

シェアしてもらえると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
もくじ <br><span style="font-size: 11px">(タップするとジャンプできます)</span>