iCloud共有写真ライブラリ(iCloud Share Photo Library)とは?【iOS16】

  • URLをコピーしました!

iPhoneにある写真を共有する新たな機能 iCloud Share Photo Library(iCloud共有写真ライブラリ) が発表されました。
この機能は、2022年秋に登場するiOS16へアップデートすると利用できます。

そこで今回は、新機能「iCloud Share Photo Library(iCloud共有写真ライブラリ)」について従来の共有アルバム(旧称:iCloud写真共有)やiCloudリンクとの違いを比較しながら解説します。

もくじ
(タップするとジャンプできます)

iPhoneのiCloud共有写真ライブラリでできること

iCloud Share Photo Library(以下、iCloud共有写真ライブラリ)「ファミリー共有」の写真機能であり、家族の写真やビデオをiCloudに集約することができます。

iPhoneのiOS16から使えるiCloud共有写真ライブラリのイメージ

ファミリーに設定したメンバー(以下、家族)はiCloudストレージの容量を共有できますが、同じiCloudストレージにある他の誰かのファイルや書類を見ることはできません。

だから、家族みんながiCloud写真を利用中でも、家族内で写真やビデオを共有するには共有アルバムやiCloudリンクを作成するか、AirDrop等で送らなければなりません。

iPhoneにある写真を家族と共有するイメージ

iOS16(2022年秋リリース予定)から使えるようになる「iCloud共有写真ライブラリ」を設定すると、写真やビデオを選んで共有すれば家族が使うiPhoneの(写真アプリの)ライブラリに自動で同期されます。

あなたのほかに最大5人と写真やビデオをシームレスに共有でき、家族全員がコレクション作りに参加して一段と完璧な思い出を楽しめる。それが、iCloud共有写真ライブラリです。
家族の写真やビデオが一か所にまとめられるので、自分が撮影したり編集したショット以外も、みんながいつでもチェックできます。

引用元:iOS 16プレビュー – Apple(日本)

共有アルバムのように解像度の大きな写真やビデオがリサイズ(縮小)されることも無いし、iCloudリンクのような有効期限もWebブラウザでの表示もありません。

iCloud共有写真ライブラリは標準のカメラアプリから直接共有することもできます。

iPhoneのiOS16から使えるiCloud共有写真ライブラリのイメージ

家族が近くにいるときは自動で写真を共有する設定も可能。

意図せず写真を誤って共有することがないよう特定の日付・人物の写真だけを共有する設定もあります。

iCloud共有写真ライブラリで同期した写真やビデオは家族なら誰でも編集したり削除できるのも、他の共有方法と大きく異なる点です。※編集を加えたり削除した状態が同期されます。
共有した写真がひと目でわかるのも便利ですね。

iPhoneのiOS16から使えるiCloud共有写真ライブラリのイメージ

なお、iCloud共有写真ライブラリなど様々な新機能を利用できるiOS16は今秋の正式リリース後、iPhone8以降の機種であれば無料でアップデートできます。

iOS16を利用できるiPhone ※2022年6月時点

  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone SE(第2世代以降)
シェアしてもらえると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
トップへ
もくじ <br><span style="font-size: 11px">(タップするとジャンプできます)</span>
閉じる