スマホにある大量の写真や動画をさくっと整理!iPhone活用術やプリントサービスを全力口コミ

さくっとふぉとらいふ

「iPod Photo Cache」ってなに?削除していいの??「iTunes同期」写真の最適化と注意点

投稿日:2014年3月24日 更新日:

PCにある写真をiPhoneにコピー(転送)する方法のひとつに「iTunes同期」があります。

iPhone・iPadとPCとをケーブルで接続した状態で「iTunes」というソフトを起動し、PCにある写真をiPhone・iPadへコピー(同期)します。
(詳しい手順は、Apple公式のサポートサイトで「写真を iTunes で手動で同期する」参照)

iTunesで同期すると、コピー元のPCにあるフォルダ内に「iPod Photo Cache」というフォルダが自動で作成されます。
これって一体なんなんでしょう?

「iPod Photo Cache」フォルダはなぜつくられる?

Apple公式のサポートサイトでは「iPod Photo Cache」を「キャッシュフォルダ」と解説しています。
「iTunes は、これらのフォルダの中に、デバイスに最適な形式で写真を保管します。」という一文も。

参考:iTunes:「iPod Photo Cache」フォルダについて

この解説は2017年12月14日に更新された内容で、以前はこのように表現していました。

「iPod Photo Cache」フォルダには、デバイスでの表示に最適化されたサイズの写真が保存されます。

実は、iPhoneやiPadに「iTunes」を介してPCから同期する写真は自動でリサイズ(縮小)されます。
そのキャッシュが「iPod Photo Cache」フォルダに保存されるのです。

「iTunes」で同期した写真はどれくらいリサイズされるの?

iPhone7Plusを使って検証してみました。

オリジナルデータの画像サイズは「4,000×6,000ピクセル」、ファイルサイズは11.1MBです。
サイズはMacから確認しました。

この写真をiTunesで同期してiPhone7Plusへ転送すると・・・

画像サイズは「1,536×2,304ピクセル」、ファイルサイズは599KBに!

4年前に検証したときは、
画像サイズ「2,448×3,264ピクセル」の写真をiTunesで同期してPCからiPhone5へ転送すると、
画像サイズが「1,536×2,048ピクセル」に縮小されていました。

オリジナルデータとiTunesで同期した写真を比較した結果がこちら。

オリジナルデータと最適化されたiTunes同期写真の比較

その一方で、同じ写真をPCとiPad第4世代とでiTunes同期すると画像サイズは同じでした。

iPad4thのiTunes同期写真

Apple公式サポートの解説にある「最適化」の内容はiPhone・iPadのモデルによって異なりますが、
「iTunes」で同期すると写真をリサイズする・しないにかかわらず「iPod Photo Cache」フォルダが必ず作成されることがわかりました。

「iPod Photo Cache」フォルダって削除していいの?

Apple公式のサポートサイトでは、

これらのフォルダを削除しても、元の写真はなくなりません。キャッシュフォルダは、次回デバイスと写真を同期した際に復元されます。

と説明しています。

参考:iTunes:「iPod Photo Cache」フォルダについて

私は「iTunes同期」が完了すると「iPod Photo Cache」を削除していますが、
特に問題が生じたことはありません。

ただし、Macで「写真」アプリや「iPhoto」「Aperture」を同期している場合は、
「Photo Cache」のフォルダがライブラリ内にパッケージされているので注意が必要です。
Apple公式のサポートサイトを必ずご確認くださいね。

スマホ写真の整理・活用術やお得な情報を
ほぼ毎日お届け♪ぜひフォローを!!

Twitterでブログ運営者を

絶対に切れてほしくない写真の印刷は「さくっとプリント」におまかせ!

さくっとプリント

iPhoneアプリ「さくっとプリント」なら、お友だちや家族の集合写真も構図にこだわったベストショットも思いのままに印刷♪
安心の「ノーカット」機能で、現像した写真の端が切れることはもうありません。

Copyright© さくっとふぉとらいふ , 2018 All Rights Reserved.