iCloudの写真を戻すには?iPhoneやPCに保存する4つの方法

  • URLをコピーしました!

iPhone(iPad・iPod touch)にある写真やビデオが消える原因のひとつが「iCloud写真をやめたから」。

でも、iCloud写真をオフにしただけなら”無効化して削除”を実行しない限りiCloudストレージにデータは残されています。

“無効化して削除”を実行後も30日以内であればiPhoneへ写真やビデオを戻すことができます

そこで今回は、iCloud写真に残した写真やビデオを取り戻す4つの方法を解説します。

iCloud写真の使い方、メリットとデメリット、他のiCloud機能との比較、トラブルの対処法など、「iCloud写真」のよくある疑問を徹底解説した記事も併せてご覧ください。

もくじ
(タップするとジャンプできます)

iCloud写真を再び有効にする

iCloud写真をオフにして消えた写真やビデオをiPhoneに戻すなら(iCloud写真を)再びオンにするのが最も簡単な方法です。

iPhone本体の空き容量(使用可能な容量)を十分に確保してから[オリジナルをダウンロード]を選択しましょう。

iCloud写真でオリジナルをダウンロードを有効にする

[iPhoneのストレージを最適化]にチェックを入れた状態で同期した写真やビデオはiCloud写真をオフにするとまた削除される恐れがあります。

もしくは、iPadやMac、Windowsパソコンなどストレージに余裕がある他の機器から同じAppleIDでサインインしてiCloud写真のデータを同期しましょう。

詳しい手順はApple公式のサポートサイトをご確認下さい。

iPhone、iPad、iPod touch で iCloud を設定する
Mac で iCloud を設定する
Windows パソコンで iCloud 写真を設定して活用する

「iCloud.com」から個別にダウンロードする

iCloud写真にある一部のデータをiPhoneに戻すなら「icloud.com」からダウンロードしましょう。

iCloud写真のコピーをパソコンにダウンロードする

iCloudストレージにあるデータのコピーを作成してダウンロードできる機能が「Apple Data And Privacy(データとプライバシー)」にあります。
利用料などは一切かからず無料(利用時にインターネット接続が必要となります。)

データ保護の観点からApple社が申請の正当性を確認するためダウンロードできるようになるまで最大7日かかります。

詳しくはiCloud写真の全データ書き出しをAppleのウェブサイトで申し込む手順をご覧ください。

iCloud写真の全データをGoogleフォトへ転送する

Apple Data And Privacy(データとプライバシー)」には、iCloud写真のデータを丸ごとGoogleフォトへ転送(コピー)する機能もあります。

こちらも利用料は無料で手続き後に転送が完了するまで3〜7日かかります。

iCloud写真のデータサイズが送信先のGoogleフォトの空き容量を超える場合は一部しかコピーされません

詳しくはiCloud写真からGoogleフォトへ写真とビデオをすべて転送する方法をご覧ください。

シェアしてもらえると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
トップへ
もくじ <br><span style="font-size: 11px">(タップするとジャンプできます)</span>
閉じる