ましかくプリントに写真全体をおさめる方法とは?【無料アプリ】

  • URLをコピーしました!

写真を正方形に印刷する「ましかくプリント(スクエアプリント)」は近年、定番のプリントサイズとなっています。
一部のコンビニも、ましかくプリントに対応しています。

ましかくプリントは、ポケットアルバムに収納すると統一感があって見やすいですよね。

ALBUSBOOKに収納した ましかくプリント写真

L判サイズは、横型のポケットアルバムに縦長の写真を90度回転して収納するから見づらい…。

タテ・ヨコを気にせずに飾れるのは「ましかくプリント」の強みですが、スマホやデジカメで撮った写真は縦長・横長であることが多いから正方形に切り抜く必要があります。

写真をましかくにトリミング

集合写真や、上下(左右)の端まで被写体が大きく写っている写真はトリミングが難しく「ましかくプリント」には不向き。
そう思っていたのですが、正方形の枠内に画像全体を入れられる機能を備えた写真プリントアプリが増えています。

ましかく写真プリントが毎月8枚無料の「ALBUS(アルバス)」は写真を選んだ後に、印刷範囲を個別に調整できます。

写真をタップして編集画面を表示し、画面左下の「」ボタンをタップすると縦長・横長の写真も枠内に収められます。

ましかくプリントに写真全体をおさめる

ましかく写真プリントが毎月10枚無料の「PRINT SQUARE(プリントスクエア)」もiPhoneアプリに”枠に収める”機能が追加されました。

(印刷する写真を選んだ後の画面で)写真をタップして編集画面を表示し、下部の「枠に収める」ボタンをタップします。

ましかくプリントに写真全体をおさめる

ましかくプリントに写真全体をおさめる

このように、縦長・横長の写真全体を切り取らず正方形の画像にする無料のアプリもあります。

Square Quick

Square Quickで写真全体をおさめたスクエア画像を作成

Square Quick

AppStoreからダウンロードGooglePlayで手に入れよう

正方形さん

正方形さんで写真全体をおさめたスクエア画像を作成

正方形さん

AppStoreからダウンロードGooglePlayで手に入れよう

写真をましかくプリントしたいけれどトリミングしたくないときは便利な機能やアプリを活用しましょう。

シェアしてもらえると嬉しいです
  • URLをコピーしました!