まとめて変更OK!日付や撮影場所をiPhone標準の写真アプリで変える方法【iOS15】

2021年9月に登場したiOS15から、標準写真アプリで撮影情報(EXIF)を見られるようになりました。

iPhone標準の写真アプリでEXIFを表示(iOS15)

これまでは撮影日と撮影地の情報以外は他のアプリで確認する以外ありませんでした。
iOS15では、写真を上にスワイプするか、下部にある[情報(i)]ボタンをタップすると詳細情報を見られます。

ファイル名やファイルサイズ、ファイル形式(フォーマット)の他、カメラ、レンズ、シャッタースピードもひと目でわかるように。

iPhone標準の写真アプリでEXIFを表示(iOS15)

他のアプリから保存したことも歴然。

iPhone標準の写真アプリでEXIFを表示(iOS15)

メッセージで送られてきたデータは相手の名前を表示し、返信することもできます。

iPhone標準の写真アプリでEXIFを表示(iOS15)

さらに、撮影日時と撮影場所を標準写真アプリで変更できるようになりました。これは待望の機能!
複数の写真・ビデオの日付や撮影地をまとめて変えたり、位置情報を一括削除できるから覚えておくと役立つはず。


撮影日時と撮影場所を変更する機能の追加は、これまで「なんでできないのだろう…」と思うくらい待ちわびていたので嬉しい限り。

保存元のアプリ名で抽出できるから、例えば「LINE」で検索して日付が撮影日と異なる写真やビデオの日時を修正する…という使い方もできます。

iPhone標準の写真アプリでEXIFを表示(iOS15)

ただし、撮影日時と場所の情報を変更しても内部のメタ情報(EXIF)が完全に書き換わるわけではないので、使用するアプリ等によっては元の情報に戻る場合があることを留意しておきましょう。

Sponsored Link
シェアしてもらえると嬉しいです
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる