iCloudストレージの無料増量ってホント?機種変更のデータ移行に使えるバックアップ術【iOS15】

iCloudストレージの空き容量がなくてバックアップを作成できない…。
機種変更するときにデータを移行できるか心配…。

そんなよくある悩みがiOS15で解決するかもしれません。

スマホを使う手元

iOS15では機種変更等に伴うバックアップの作成にiCloudストレージを無料で一時的に利用することができます。

ストレージの容量が足りなくても、iCloudは一時的なバックアップを完了するために必要なストレージの容量を最大3週間、無料で提供するので、あなたのすべてのアプリ、データ、設定を新しいデバイスに自動的に移せます。

引用元:iOS 15 – 特長 – Apple(日本)

今回はそのやり方を解説します。

iOS15の新しい写真機能と注目ポイントをまとめた記事も併せてご覧ください。

当記事はiOS15.0をインストールしたiPhoneSEに基づき執筆しています。
iOSのバージョンが異なる場合は操作画面の表示内容やメッセージ等が異なることがあることをご了承ください。



標準の設定アプリを起動して[一般]をタップし、[転送またはiPhoneをリセット]を選択します。

iOS15の新機能「データ転送のための一時的なiCloudストレージ」

新しいiPhoneの準備にある[開始]をタップします。

iOS15の新機能「データ転送のための一時的なiCloudストレージ」

「新しいiPhoneのための準備」の案内が表示されます。[さあ、始めよう]をタップします。

iOS15の新機能「データ転送のための一時的なiCloudストレージ」

iCloudストレージの空き容量が十分にある場合は、下記のメッセージが表示されます。

iOS15の新機能「データ転送のための一時的なiCloudストレージ」

このiPhone上のすべてのAppのデータを移行するのに十分なiCloudストレージがあります。iCloudを使用していないAppのデータを移行しますか?

iCloudバックアップが無効になっている場合は有効化を促すメッセージが表示されます。

iOS15の新機能「データ転送のための一時的なiCloudストレージ」

[バックアップをオンにして転送]をタップします。

「AppとデータをiCloudで転送」の案内が表示されるので[転送開始]をタップします。

iOS15の新機能「データ転送のための一時的なiCloudストレージ」

iCloudを使って、Appとデータを新しいiPhoneに移行できます。
Wi-Fiに接続されている場合、AppとデータはiCloudにアップロードされ、新しいiPhoneに復元することができます。
このバックアップは21日後に削除されます。

iCloudに同期していないAppのバックアップを作成するか選択します。
表示内容に応じて[すべてのAppのデータをiCloudで移行]または[これらのAppのデータを移行しない]を選びます。

iOS15の新機能「データ転送のための一時的なiCloudストレージ」

「新しいiPhoneの準備を完了」の案内が表示されるので、内容を確認して[完了]をタップします。

iOS15の新機能「データ転送のための一時的なiCloudストレージ」

iCloudバックアップの作成が始まります。進捗状況は標準設定アプリで確認できます。

iOS15の新機能「データ転送のための一時的なiCloudストレージ」

バックアップの作成にかかる時間は環境によって異なりますが、私は約86GBあるデータのバックアップを作成するのにWi-Fi接続下で3時間超かかりました。

無料の追加ストレージに作成したiCloudバックアップは21日後に自動で削除されます。

iOS15の新機能「データ転送のための一時的なiCloudストレージ」

バックアップの復元は期間内に行いましょう。

Sponsored Link
シェアしてもらえると嬉しいです
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる