コンビニプリントもお家プリントもOK!iPhoneにある写真を印刷するなら「さくっとプリント」もっと詳しく

標準アプリでOK!iPhoneで写真や動画のサイズ・解像度・拡張子を知りたいときの裏技

URLをコピーする
URLをコピーしました!








iPhone標準の写真機能は年々進化していますが、最新のiOS14でもできないことがいくつかあります。

iPhoneを使う女性

例えば、撮影日や撮影場所はひと目でわかるのですが、写真(ビデオ)のファイルサイズや解像度は標準の写真アプリでは確認できません。

あいこうら
ファイルの大きさをチェックしたいときもあるのに不便…

「JPG」「PNG」「MOV」といったファイルの拡張子を知りたいときも他のアプリで確認しなければなりません。

iPhone標準写真アプリで写真を確認

そこで今回は写真やビデオのサイズ、拡張子など詳細情報を知りたいときに便利な裏ワザを紹介します。

iPhone標準のアプリ「ファイル」を使うので誰でも無料でできます。

iPhone、iPad、iPod touch でファイル App を使う

標準アプリ「ファイル」を削除している場合は、App Storeから再インストールしましょう。

ファイル - Apple
AppStoreからダウンロード

標準写真アプリで写真(ビデオ)を表示し左下の共有ボタンをタップします。

左下の共有ボタンをタップ

下へスクロールして[“ファイル”に保存]を選択します。

ファイルに保存を選択

「この項目を保存する新しい場所を選択してください。」と表示されたら、[このiPhone内]を選択しましょう。
iCloudDriveを有効にしている場合も保存先を[このiPhone内]へ変更することをおすすめします。

このiPhone内を選択

「○○○は”このiPhone内”に保存されます」と表示されたら、右上の[保存]ボタンをタップします。

右上の保存をタップ

標準アプリ「ファイル」を起動します。

iPhone標準のファイルアプリを起動

iCloudDriveを無効(または、iCloudを無効)にしている場合、[iCloud Driveをオンにする]と表示されますが無視して構いません。

下部にある[最近使った項目]をタップします。

最近使った項目を選択

保存した写真を確認できます。
表示されない場合は、保存に失敗している可能性があるので操作をやり直しましょう。

最近使った項目を表示

サムネイル(または、ファイル名)を長押しするとメニューが表示されます。
[情報]をタップします。

情報を選択

写真の詳細情報を確認できます。
この画像の拡張子は「.JPG」の「JPEGイメージ」で、ファイルサイズは「2.1MB」、解像度は「2,815×2,112」であることがわかりました。

写真の詳細情報を確認

ビデオ(動画)も同様の手順で詳細情報を確認できます。

下の例では、ビデオの拡張子が「.MOV」の「QuickTimeムービー」で、ファイルサイズは「7.7MB」、解像度は「1,920 × 1,080」です。

動画の詳細情報を確認

このように、写真やビデオを「ファイル」に保存するだけでファイル情報を簡単に確認できます。
今回は1ファイルずつ「ファイル」に保存しましたが、複数の写真やビデオをまとめて「ファイル」に保存して確認することもできます。

最近使った項目を表示

ただし、iPhone標準写真アプリとファイルアプリに二重保存している状態なので、確認を終えたら「ファイル」から削除しておきましょう。

Sponsored Link
シェアしてもらえると嬉しいです
URLをコピーする
URLをコピーしました!