iPhoneにある写真やビデオから「メモリー」を自分でつくる方法【iOS14】

 

iPhoneの写真機能「メモリー」は、撮影日や場所、人物、イベントごとに写真・ビデオを自動ピックアップします。

写真 App はライブラリの中から、きっと忘れたくない人や場所、休暇などを見つけ出し、厳選したコレクションという形で見せてくれます。
これが、「メモリー」です。毎日、新しいメモリーが増えて、楽しませてくれます。
メモリーを自分で作ったり、メモリーの写真をスライドショーや自動編集されたムービーという形で楽しんだり、友達や家族と共有したりすることもできます。

引用元:写真でメモリーを楽しむ - Apple サポート

勝手に作成される印象のある「メモリー」ですが、実は自分でつくることもできます。

iPhone標準写真アプリのForYouタブでメモリーを表示(iOS14)

作成したメモリーはスライドショームービーとして活用することもできるので覚えておいて損はありません。
標準写真アプリだけでかんたんに「メモリー」を自作できるのでぜひお試しください。

※以降の操作画面はiOS14.0をインストールしたiPhone SEを使用しています。
iOSのバージョンが異なる場合は利用できる機能や操作手順が異なることがあります。ご注意ください。

iPhone標準写真アプリでできる「メモリー」の作り方

標準写真アプリにある写真・ビデオを5枚以上選択し、アルバムを作成します。
アルバムを作成するは、Apple公式のサポートサイトをご確認ください。

作成したアルバムを表示し、画面右上にある[・・・]ボタンをタップします。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存する方法(iOS14)

[メモリームービを再生]を選択します。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存する方法(iOS14)

ムービーの作成が始まり、自動的に再生されます。
再生中に画面をタップするか、再生が終わるとメニューバーが表示されます。

iPhone標準写真アプリでスライドショー作成

画面右上の編集ボタンをタップすると「"メモリー"に追加」のメッセージがあらわれます。

このムービーを編集するには、"メモリー"に追加しなければなりません。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

OKをタップするとメモリーに追加されて編集画面があらわれます。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

メモリーは標準写真アプリの自動機能であるため、最初に作成したアルバムのファイル数が多いと一部しか(メモリーに)取り込まれない場合があります。
[写真とビデオ]の項目のファイル数を確認し、必要に応じて追加しましょう。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

アルバムにある写真・ビデオを追加するには、画面左下の+ボタンをタップします。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

編集画面の右上の[完了]ボタンをタップするとメモリーが完成です。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

[For You]タブで完成したメモリーを見られます。

iPhone標準写真アプリのForYouタブでメモリーを表示(iOS14)

\シェア大歓迎!/
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事(一部広告含む)

© 2020 がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ