アクセス許可ってなに?iPhoneにある写真・ビデオが使えなくなったときの対処法【iOS14】

 

iPhoneとiPod touch向け「iOS14」、iPad向け「iPadOS14」が2020年9月17日に登場しました。
「iOS14」「iPadOS14」はプライバシー管理が強化され、端末にある写真・ビデオへのアクセス制限も変わりました。

iOS14の新機能

これにより、他のアプリから写真やビデオを使えなかったり、標準写真アプリのシェア機能を利用できなかったりすることがあります。

そこで今回は、「iOS14」「iPadOS14」へのアップデートで写真・ビデオが使えないときの対処法を解説します。

iOS14の新機能

まずは標準写真アプリを起動して写真・ビデオの状況を確認しましょう。
ファイル数が極端に減っている場合はバックアップの復元やiCloud写真の更新が原因と考えられます。

嘘でしょ?iPhoneの写真が勝手に消えた…大量消失の原因と顛末

この場合は、Wi-Fi環境下で元に戻るのを待ちましょう。
写真・ビデオの数が多い場合はかなりの時間を要します。

標準写真アプリには写真・ビデオがあるのに他のアプリからは見られない、選択できない場合はアクセスが許可されてない可能性があります。

スポンサーリンク

他のアプリから標準写真アプリにある写真・ビデオを使うにはアクセス許可が必要です。
これまでは許可するorしないの二択でしたが、「iOS14」「iPadOS14」では一部の写真・ビデオを選択して許可できるようになりました。

iOS14でどう変わる?iPhoneのカメラと写真ライブラリの新機能まとめ

このためカメラや写真を利用するアプリはすべてアップデート後にアクセス許可の再設定を求められます。

iOS14の新機能

特に理由が無ければ「すべての写真へのアクセスを許可」を選びましょう。

「写真を選択…」は選択した写真・ビデオに限りアクセスが許可されます。

iOS14の新機能

写真・ビデオを選ぶ画面には選択したファイルだけが表示されます。

iOS14の新機能

アプリによっては、2回目以降(アプリを再起動した場合)もアクセス許可を求められる場合があります。

iOS14の新機能

「その他の写真を追加選択…」を選ぶと写真・ビデオを再選択できます。

iOS14の新機能

写真・ビデオを選ぶ画面には再選択したファイルだけが表示されます。

iOS14の新機能

標準写真アプリにあるデータを他のアプリから使いたいのに表示されないとき、アクセス許可をやり直したいときは設定アプリで変更しましょう。
標準の設定アプリを起動して下へスクロールし、一覧から該当のアプリを選択します。

iOS14の新機能

[写真]をタップします。

iOS14の新機能

写真のアクセス許可を設定し直します。

iOS14の新機能

標準写真アプリのシェア機能を使う場合も「iOS14」「iPadOS14」アップデート後は、該当のアプリを起動するか、標準設定アプリからアクセス許可のおこないましょう。

\シェア大歓迎!/
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事(一部広告含む)

© 2020 がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ