アクセス許可とは?iPhoneにある写真やビデオを他のアプリから使う設定のやり方

「iOS」「iPadOS」は年々プライバシー管理が強化され、「iOS14」「iPadOS14」(2020年9月リリース)より端末にある写真・ビデオへのアクセス制限が変わりました。

iOS14の新機能

アクセス許可が適切に行われていないと、他のアプリから写真やビデオを使えなかったり、標準写真アプリのシェア機能を利用できなかったりすることがあります。
そこで今回はiPhoneにある写真やビデオのアクセス許可と設定変更のやり方を解説します。

もくじ


写真への「アクセスを許可」するとは?

iPhone(iPad・iPod touch)標準写真アプリにあるコンテンツを他のアプリから使うには必ずアクセス許可を求められます。
そのアクセス許可の方法が「iOS14」「iPadOS14」から変わったため、以前から利用しているアプリでもアクセス許可の再設定を求められることがあります。

iOS14の新機能

特に理由が無ければ「すべての写真へのアクセスを許可」を選びましょう。

アクセス許可で「写真を選択…」を選ぶとどうなる?

「写真を選択…」は選択した写真・ビデオに限りアクセスが許可されます。

iOS14の新機能

写真・ビデオを選ぶ画面には選択したファイルだけが表示されます。

iOS14の新機能

アプリによっては、2回目以降(アプリを再起動した場合)もアクセス許可を求められる場合があります。

iOS14の新機能

「その他の写真を追加選択…」を選ぶと写真・ビデオを再選択できます。

iOS14の新機能

写真・ビデオを選ぶ画面には再選択したファイルだけが表示されます。

iOS14の新機能

写真やビデオのアクセス許可設定を変更するには?

標準写真アプリにあるデータを他のアプリから使いたいのに表示されないとき、アクセス許可をやり直したいときは設定アプリで変更しましょう。

標準の設定アプリの一覧から該当のアプリの名称を選択します。
今回は例としてLINEのアクセス許可設定を変更します。

iPhoneにある写真やビデオへのアクセス許可を変更する方法

[写真]をタップしてアクセス許可を設定し直します。

iPhoneにある写真やビデオへのアクセス許可を変更する方法

[選択した写真を編集]をタップすると、アクセスできる写真とビデオの指定を変えられます。

iPhoneにある写真やビデオへのアクセス許可を変更する方法

Sponsored Link
シェアしてもらえると嬉しいです
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる