L判写真プリントのサイズはどのくらい?大きさを比較してみた

L判サイズのシール紙に印刷したイラストをスマホケースに貼ろうとしたら・・・あれ?サイズが合わない!

あいこうら
意外と写真プリントって大きい

これまで数え切れないほど写真をプリントしてきたのに、私はそのサイズ感を把握できていませんでした。

そこで今回は、写真プリントの一般的なサイズL判(L版)の大きさがひと目でわかるようにスマホやICカード類と比較してみました。

もくじ


L判プリントの大きさは?サイズ感がわからないので比較してみた

写真プリントのLサイズは89 mm × 127 mm(8.9 cm × 12.7 cm)に規定されており、L判(L版)と言われることもあります。

L判プリントとiPhone SE(第2世代)を並べて比較すると、長辺(縦)はiPhoneの方が大きく、短辺(横)は写真プリントの方が大きいです。

Lサイズプリント写真とiPhoneの大きさを比較

iPhone SE(幅67.3mm・高さ138.4mm)に限らず、これまでに発売されたiPhoneはすべて幅8cm未満なのでL判プリントの写真ははみ出てしまいます。

Lサイズプリント写真とiPhoneの大きさを比較

ICカードと比較してみると、こちらもL判プリントの短辺よりも少し小さいですね。
一般的なICカードや磁気カードのサイズは85.6 mm × 54.0 mmです。(ISO/JIS規格)

Lサイズプリント写真とICカードの大きさを比較

ノートや手帳の場合、文庫本サイズのA6判(105 mm × 148 mm)、または、パスポートサイズのB7判(91 mm × 128mm)よりも大きければL判プリントの写真もおさまります。

L判プリントに適した画像データを作成する方法も併せてご覧ください。

比較に使用したL判プリントの画像は実寸サイズに合わせて1,051 pixel × 1,500 pixel(300dpi)で作成しています。
実寸画像はこちら

写真プリントのL判(Lサイズ)の大きさ
※ここではサイズを縮小して掲載しています

用紙サイズはミリメートルやセンチメートルで表しますが画像の単位はピクセルが一般的なので換算しました。
参考:【みんなの知識 ちょっと便利帳】用紙サイズのミリ・ピクセル・インチ変換ツール《mm ⇔ pixel ⇔ inch》

この実寸画像をフチなし印刷(全面印刷)しました。

写真プリントのL判(Lサイズ)の大きさ

写真のフチなし印刷(全面印刷)は余白ができないように大きめにプリントするため写真の上下両端が切れることがあります。
これを避けるため、iPhoneアプリ「さくっとプリント」ではみ出し量を考慮したプリント用データを作成しました。

写真プリントが大きくて困った!小さく印刷するには?

写真プリントのLサイズより小さなアイテムに挟んだり貼ったりするなら分割プリントがおすすめです。

iPhoneアプリ「さくっとプリント」は複数の写真・イラストを1枚にまとめて印刷する分割プリント機能があります。

iPhoneアプリ「さくっとプリント」で6分割(フチなし全面)にすると、1コマは約4.2cm × 約4.4cmになります。

▼「さくっとプリント」を無料ダウンロード

写真現像がかんたん - さくっとプリント(さくぷり)

AppStoreからダウンロード

L判サイズ半分の大きさで写真を印刷できる「ハーフサイズプリント」もあります。
2021年2月より富士フイルム公式のプリント商品サイト「FUJIFILMプリント&ギフト」で注文できるほか、街の写真屋さんでも取扱い始めています。

ハーフサイズプリント

分割プリントを活用してプリクラ風シールをつくる方法をまとめた記事も併せてご覧ください。

ICカードや磁気カードに写真プリントやシールを直接貼るとATM、券売機、カードリーダー等を使うときに機器の故障を招くのでやめましょう
カードケースであれば、大きめにつくられているのでLサイズの短辺がピッタリおさまることも。

シールプリントをカードケースに貼る
Sponsored Link
シェアしてもらえると嬉しいです
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる