写真のLサイズ(L判)ってどのくらい?大きさを比較してみた

 

先日、L判サイズのシール紙に印刷したイラストを切り取ってスマホケースに貼ろうとしたら・・・あれ?サイズが合わない!

あいこうら
意外と写真プリントって大きい

数え切れないほど写真をプリントしてきたのに、私はそのサイズ感を把握できていませんでした。

そこで今回は、写真プリントの一般的なサイズL判(L版)の大きさがひと目でわかるようにスマホやICカード類と比較してみました。

写真プリントのLサイズは89 mm × 127 mm(8.9 cm × 12.7 cm)に規定されています。L判(L版)と言われることもあります。

下の画像は実寸サイズに合わせて1,051 pixel × 1,500 pixel(300dpi)で作成し、記事掲載用に縮小しました。

写真プリントのL判(Lサイズ)の大きさ

実寸画像はこちら。(わかりやすいように実寸画像は背景を白色、縮小画像は背景を黄色にしています。)

比較検証のため、この実寸画像をフチなし印刷(全面印刷)します。

写真プリントのL判(Lサイズ)の大きさ

ちなみに、写真のフチなし印刷(全面印刷)は余白ができないように大きめにプリントするため写真の上下両端が切れることがあります。
これを避けるため、iPhoneアプリ「さくっとプリント」ではみ出し量を考慮したプリント用データを作成しました。

写真プリントの端がきれるのはなぜ?2つの原因と解決策をネップリで検証

iPhone SE(第2世代)と比較すると、Lサイズの短辺よりも幅が狭いです。

Lサイズプリント写真とiPhoneの大きさを比較

iPhone SE(幅67.3mm・高さ138.4mm)に限らず、これまでに発売されたiPhoneはすべて幅8cm未満なのでLサイズでプリントした写真をそのまま貼り付けることはできません。

Lサイズプリント写真とiPhoneの大きさを比較

ICカードと比較してみると、こちらもLサイズの短辺よりも少し小さいですね。
一般的なICカードや磁気カードのサイズは85.6 mm × 54.0 mmです。(ISO/JIS規格)

Lサイズプリント写真とICカードの大きさを比較

ICカードや磁気カードに直接シールを貼るのはATM、券売機、カードリーダー等を使うときに機器の故障を招くのでやめましょう
カードケースであれば、大きめにつくられているのでLサイズの短辺がピッタリおさまることも。
シールプリントをカードケースに貼る

ノートや手帳の場合、文庫本サイズのA6判(105 mm × 148 mm)、または、パスポートサイズのB7判(91 mm × 128mm)よりも大きければLサイズをそのまま貼り付けられます。

写真プリントのLサイズより小さいグッズに貼るシールをつくるなら分割プリントがおすすめです。

iPhoneアプリ「さくっとプリント」は複数の写真・イラストを1枚にまとめて印刷する分割プリント機能があります。

写真現像がかんたん - さくっとプリント(さくぷり)
AppStoreからダウンロード

iPhoneアプリ「さくっとプリント」で6分割(フチなし全面)にすると、1コマは約4.2cm × 約4.4cmになります。

分割プリントを活用してプリクラ風シールをつくる方法をまとめた記事も併せてご覧ください。

コンビニでプリクラ風シールプリント!複数の写真やイラストを1枚にまとめて印刷する方法

なお、ローソン(一部店舗)にあるマルチコピー機では、写真やイラストをシール紙に印刷できます。
シールプリント対応マルチコピー機には、あらかじめシール用紙がトレイにセットされており、持ち込み印刷には対応していません。シール用紙のサイズはL・2L・ましかくの3種類です。

ローソンで簡単!シール印刷のやり方【コンビニプリント活用術】
\シェア大歓迎!/
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事(一部広告含む)

© 2020 がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ