どうして?動画の撮影日がアップロードした日付で保存される理由と対処法

 

ビデオカメラで撮った動画を「みてね」に登録したら、撮影日ではなくアップロードした日時で保存されて困った…。

家族向けの写真・動画共有アプリ「みてね」に限った話ではなく、「Googleフォト」などの動画を保存できるWebサービスでも同様の経験があります。
スマホで撮った動画をアプリからアップロードすると撮影日時で登録されるのになぜなんでしょう?

ファイル数が多いと日時を変更するのは手間がかかるし、いつ撮ったのか忘れた動画もあるので自動で撮影日を取得して欲しいのですが…

動画の日付が撮影日ではなく保存日で登録されてしまうのはなぜ?

動画の撮影日を読み取ることができず他の日付情報で置き換えているからです。

一般的な写真(静止画)データは撮影日時や場所、撮影に使用したカメラなどの情報を保有しています。
この撮影情報はExif(イグジフ/エグジフ)と呼ばれるもので、カメラの設定や写真を共有するときに削除されることもあります。

「Exif」は「Exchangeable image file format」の略語です。

一方、動画データにExifのような統一規格が無く、写真(静止画)データよりも複雑です。
「作成日(または、更新日)」を撮影日とみなして取り扱うこともあります。

「動画を撮影した日時」と「動画データを作成した日時」は似て非なるもので、アプリやソフトを使って読み込んだりコピーしたり編集を加えたりすると撮影日と作成日にズレが生じます。

動画をパソコンに取り込むときに撮影日情報が消えてしまう?

例えば、「PlayMemories Home」は撮影日時などの情報を別ファイルで管理しています。

「PlayMemories Home」で動画を楽しむ分には良いのですが、他のソフト等から動画を利用するときに撮影日情報を読み取ることができません。

このように動画の編集や管理ができるソフトの仕様によっては、そのソフトでしか撮影日がわからなくなることもあるので注意が必要です。

動画の日付を撮影日のまま「みてね」「Googleフォト」に保存するには?

動画を撮影したスマホやビデオカメラから直接アップロードすると撮影日で保存されます。
他のソフトやアプリを介さずパソコンに動画データをコピーしてからアップロードしても撮影日のまま保存できる場合もあります。

例として、ビデオカメラで撮影した過去の動画をパソコンにコピーしてGoogleフォトにアップロードしてみます。
この動画の撮影日は2017年9月10日です。

ビデオカメラとパソコンをケーブル接続して(ビデオカメラ内の)ファイルを確認します。
作成日と変更日は2017年9月10日で撮影日と同じです。

この動画ファイルをパソコンにコピーします。
この時点でも作成日と変更日は2017年9月10日のまま。

パソコンにコピーした動画ファイルをグーグルフォトにアップロードした結果、2017年9月10日で保存されました。

「みてね」にも登録してみましたが、同様の結果でした。


 
今度はiPhoneで撮った動画をパソコンにコピーして「Googleフォト」と「みてね」にアップロードしてみます。

パソコンから「みてね」に写真やビデオを保存するのはプレミアムプラン(有料)限定の機能です。無料プランではパソコンからアップロードできません。

iPhone標準のカメラ機能で2020年2月11日にビデオ撮影したAirDropでMacに送信しました。

ファイル情報を確認すると作成日と変更日がパソコンにコピーした日時になっています。

でも、「Googleフォト」にアップロードすると撮影日の2020年2月11日で保存されました。

実は、iPhoneの標準カメラアプリでビデオ撮影した動画の保存形式(mov)は独自の撮影情報(timed metadata)を保有しています。

「Googleフォト」では本来の撮影日で登録されましたが、「みてね」にアップロードするとパソコンにコピーした日時で保存されました。

今回は検証のためにiPhoneにある動画をパソコンにコピーしてから「みてね」にアップロードしましたが、スマホで撮った動画はスマホから登録するようにしましょう。

\シェア大歓迎!/
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事(一部広告含む)

© 2020 がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ