LINEからのコンビニプリント予約も安心!写真印刷で失敗しがちな3つのポイントと解決策





コンビニにあるマルチコピー機で写真を印刷したいときに便利なLINEからのプリント予約機能。
LINEのトーク機能で画像を送るだけの簡単操作で会員登録やアプリのインストールなどの手間がかかりません。

現在、LINEからのプリント予約が可能なのは「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」です。
LINEからコンビニプリントを予約する方法はこちらの記事をご覧ください。

今回は、LINEでコンビニプリントを予約するときに失敗しがちなポイントと対処法を紹介します。

もくじ


失敗例1:写真の撮影日を印刷したいのにできない

LINEからコンビニプリントを予約する場合は写真の撮影日を印刷することはできません

「ファミリーマート」「ローソン」のマルチコピー機では日付を印刷するか選ぶこともできますが・・・

ローソンにあるマルチコピー機の操作画面

ここで日付の印刷ありを指定しても、写真に日付は印刷されません。
LINEのトークに写真を送るときに「オリジナル解像度」に設定しても日付は印刷されませんでした。

LINEのトークにオリジナル解像度で画像を送信

「セブンイレブン」のマルチコピー機はプリント予約番号から印刷するネットプリントでは写真への日付印字ができません。

LINEからプリント予約した写真をセブンイレブンのマルチコピー機でネットプリント

※上の写真は2020年3月に撮影したものです。セブン−イレブンの写真プリント(Lサイズ)料金は2020年6月15日より1枚40円となります。

コンビニプリントで写真の撮影日を印刷するには?

「ファミリーマート」「ローソン」は、専用のアプリ「ネットワークプリント」かWebサイトに写真を登録してプリント予約しましょう。

ネットワークプリント

AppStoreからダウンロードGooglePlayで手に入れよう

「セブンイレブン」は、USBメモリやSDカード等に保存した写真をマルチコピー機で読み込んで印刷しましょう。
専用のアプリ「セブン−イレブン マルチコピー」を利用してスマホにある写真をマルチコピー機に転送することもできます。

セブン-イレブン マルチコピー

AppStoreからダウンロードGooglePlayで手に入れよう

失敗例2:きれいに印刷できない!スマホで見るよりも画質が悪い

LINEでプリント予約する場合は写真のサイズが小さくても警告が表示されません。
サイズ(解像度)が小さいと画像を大きく引き伸ばして印刷するのでキレイに印刷できない可能性があります。

解像度640✕480の写真を印刷すると全体的にぼやけてしまい、きれいに印刷できませんでした。

LINEに送った低解像度の写真をコンビニプリント

写真プリントサービス大手の「カメラのキタムラ」のFAQによると、Lサイズプリントの推奨画素数は1074×1524とされています。

コンビニプリントで写真をきれいに印刷するには?

コンビニでプリントする前に、LINEで送った写真の解像度を確認しておきましょう。
LINEのトークに送信した画像をタップして、写真を大きく表示後、もう一度写真をタップすると左下に「i」ボタンがあらわれます。

LINEに送った写真をタップして詳細表示

「i」ボタンをタップすると、写真の情報を確認できます。

LINEに送った写真の情報を確認

サイズが1,074×1,524ピクセルを大きく下回る低解像度の写真は印刷を控えたほうが無難です。

失敗例3:印刷したら写真の端が切れてしまった…

LINEでプリント予約した写真をプリントすると、撮影した写真の端が切れることがあります。

コンビニプリントで写真の端が切れる

これは写真の縦横比とフチなし全面プリントの特性が原因の事象です。

コンビニプリントで写真の端を切らさずに印刷にするには?

「ファミリーマート」「ローソン」のマルチコピー機の場合は、「プリント領域設定」を変更すると、白フチが補完されて写真の上下左右が切り取られることなくプリントできます。
ただし、「プリント領域設定」は1枚ずつ設定することができないので注意しましょう。

ファミマ・ローソンのマルチコピー機で写真の「プリント領域設定」を変更

「セブンイレブン」のマルチコピー機はプリント予約番号から印刷するネットプリントの場合、白フチを補完するような小さめのプリント設定がありません。
USBメモリやSDカード等に写真を保存してマルチコピー機で読み込むか、専用のアプリ「セブン−イレブン マルチコピー」を利用しましょう。

Sponsored Link
シェアしてもらえると嬉しいです
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる