iPhoneで画像保存できない!?Safariからダウンロードした写真の保存場所とは?【iOS13】

「あれ?サイトから写真をダウンロードできない…」

某テーマパークで購入した写真データをiPhoneに保存したいのに上手くいかなくて困っていたのですが、その原因が判明。
実は、ダウンロードした画像の保存先がiOS13から変わっていたのです。

iPhone標準のウェブブラウザアプリ「Safari」では、サイト上の画像を長押しして操作メニューから「"写真"に追加」を選び、標準写真アプリにダウンロードするのが一般的な保存方法です。

ホームページ上の画像をiPhoneに保存する方法

写真の配布・販売サイトなど、ダウンロードボタンをタップして保存する方法もあります。

「"○○.jpg"をダウンロードしますか?」と確認のメッセージがあらわれ、「表示」「ダウンロード」のどちらかを選ぶことができます。

iPhoneに写真をダウンロードする

上の写真の例では「ダウンロード」を選ぶとメッセージが消えて元の画面に戻りました。
保存が完了したのだと思いiPhone標準の写真アプリを確認してみたのですが……見当たらず。

Safariブラウザの右上にあるダウンロードボタンをタップして確認すると保存に失敗はしていないようです。

iPhoneにダウンロードした画像を確認

画像ファイルをタップすると写真が表示されました。

iPhoneにダウンロードした画像を表示

左下のシェア(共有)ボタンをタップして操作メニューから「画像を保存」を選択。
すると、ようやくiPhone標準の写真アプリに保存されました。

iPhoneにダウンロードした画像を保存

後から気づいたのですが、この操作により「ファイル」アプリと「写真」アプリに画像を二重保存していました。

iPhoneで「Safari」からダウンロードした画像はどこに保存される?

iOS13から「Safari」でダウンロードした画像や文書などはiPhone標準の「ファイル」アプリに直接保存されます。

ファイル - Apple
AppStoreからダウンロード

 
iCloud Driveを有効にしている場合は「iCloud Drive」、無効にしている場合は「このiPhone内」が保存先となります。

保存先はiPhone標準の「設定」アプリで変更できますが、「ファイル」アプリ以外を保存場所に指定することはできません。
保存場所を変更するには、「設定」アプリを起動し、Safari > ダウンロード の順にタップします。

iPhoneで「Safari」から「写真」アプリに画像をダウンロードするには?

「Safari」でダウンロードの確認メッセージがあらわれたときに「表示」を選んで保存すると「ファイル」アプリには出力されません。

画像が表示されたら長押しして操作メニューから「"写真"に追加」を選びましょう。

Copyright© がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ , 2020 All Rights Reserved.