iPhoneにある写真を印刷するなら「さくっとプリント」

iCloud写真のオフや削除でiPhoneはどうなる?やめるときの注意点

  • URLをコピーしました!

私、あいこうらのiPhoneには10万以上の写真があります。それができるのはiCloud写真のおかげ。

そんな私も、iCloudストレージに課金するのをやめたくてiCloud写真をオフにして削除したことがあります。
でも、やめられませんでした。

それは、なぜか?

今回はiCloud写真をオフにすると何が起こるのか、削除するとどうなるのか、iPhoneに起こる変化と注意点を解説します。

もくじ
(タップするとジャンプできます)

iCloud写真をやめる2つの方法「オフ」と「削除」の違い

iPhone標準写真アプリ(以下、写真アプリ)を丸ごとiCloudストレージに保存する「iCloud写真」には、同期を停止する「オフ」機能とiCloudストレージから消去する「削除」機能があります。

  • iCloud写真を「オフ」
    →写真アプリをiCloudストレージに保存して同期を停止
  • iCloud写真を「オフにして、iCloudから削除」
    (iOS15以前は「無効化して削除」)
    →iCloudストレージに保存したiCloud写真データをすべて削除

ただし、iCloud写真の「オフ」や「削除」を実行すると、iPhoneから写真・ビデオが消えることもあるので注意が必要です。

iCloud写真の「オフ」だけではiCloudストレージの空き容量は増えない

iCloud写真がオンの写真アプリは、iPhone本体とiCloudストレージを同じ状態に(=同期)します。

通常、写真アプリにある写真やビデオを削除すると[最近削除した項目]アルバムに移動します。※共有アルバムを除く

iPhoneにある写真やビデオを削除

iCloud写真がオンの状態で(写真アプリにある)写真やビデオを削除すると「この写真はすべてのデバイスの”iCloud写真”から削除されます。」と警告を表示します。

iCloud写真を利用中のiPhoneにある写真やビデオを削除
iCloud写真を利用中のiPhoneで写真を削除

削除を実行すると、[最近削除した項目]アルバムに移動した状態の写真・ビデオをiCloudストレージに保存(=同期)します。

iPhoneとiCloud、どちらか一方の写真・ビデオを削除することはできません。

iCloud写真は最近削除した項目フォルダも同期
iCloud写真を利用中のiPhoneとMacの写真アプリ

このように写真アプリがiPhoneとiCloudで同じ状態になるのを止める(=同期をやめる)には、iCloud写真を「オフ」にします。

iCloud写真の「このiPhoneを同期」をオフ
iCloud写真の「このiPhoneを同期」をオフ(iOS16)

でも、iCloud写真の「オフ」だけでは、iCloudストレージの使用量は変わりません。
なぜなら、iCloud写真がオンのときに同期(保存)した写真とビデオがiCloudストレージに残っているからです。

iCloud写真をオフにしたiCloudストレージの使用状況
iCloud写真をオフにしたiCloudストレージの使用状況

iCloud写真をiCloudストレージから「削除(=オフにして、iCloudから削除)」すると、iCloud写真を完全にやめることになり、iCloudストレージの使用量も減ります。

iCloud写真をiCloudストレージから削除するには?

iCloudストレージに保存済の写真とビデオを削除して空き容量を増やすには、[オフにして、iCloudから削除](iOS15以前は[無効化して削除])を実行します。

iCloud写真を「オフにして、iCloudから削除」
iCloud写真を「オフにして、iCloudから削除」(iOS16)

[オフにして、iCloudから削除](iOS15以前は[無効化して削除])を実行すると、iCloudストレージの写真の使用量は0にリセットされます。

「オフにして、iCloudから削除」を実行後のiCloudストレージ使用状況

[オフにして、iCloudから削除](iOS15以前は[無効化して削除])は、iCloud写真がオンの状態でも実行できます。

iCloud写真がオンの状態でオフにして、iCloud削除を実行

この場合も同期は止まり、iCloudストレージにある写真とビデオのオリジナルデータがiPhone本体へダウンロードされます。

iCloud写真がオンの状態で「オフにして、iCloudから削除」を実行

iCloud写真はオフになっています。写真とビデオは現在アップロードされていません。iCloudの項目は30日後に削除されます。これは”iCloudストレージの管理”で取り消すことができます。

iCloudストレージからiCloud写真が完全に削除されるのは、[オフにして、iCloudから削除](iOS15以前は[無効化して削除])実行の30日後です。即時削除ではありません。

iCloud写真が30日後に削除される警告

iCloud写真の「オフ」や「削除」でiPhoneに起こること

iCloud写真を「オフ」または「オフにしてiCloudから削除」を実行すると、写真アプリがiCloudストレージに保存・同期されることはありません。

「このiPhoneを同期」をオフにしたiCloud写真

iCloudストレージに保存済の写真とビデオのオリジナルデータはすべてiPhone本体へダウンロードされます。
このため、iPhoneストレージの使用量が増えます。

オリジナルデータのダウンロードに必要な空き容量がiPhone本体ストレージに無い場合は一部の写真とビデオがiPhoneから削除されます。

iCloud写真をやめるとiPhoneの写真が消える原因と対処法

iCloud写真をオフにすると、iPhoneから一部の写真やビデオが消えてしまうことがあります。
※ iCloud写真がオンの状態で「オフにして、iCloudから削除」(iOS15以前は無効化して削除)を実行した場合も含む

これは、iPhone本体ストレージの空き容量不足が原因です。

iCloud写真のオフでiPhone本体の空き容量が不足

iCloud写真には、iPhone本体のストレージ空き容量に応じて写真とビデオのファイルサイズを自動で縮小(=ストレージを最適化)して表示する機能があります。

iCloud写真を利用中のiPhone

iCloud写真をオフにすると最適化されなくなり、iCloudにあるオリジナルデータをiPhone本体へダウンロードします。

iCloud写真をオフにしたときの警告
iCloud写真をオフにしたときの警告

“iCloud写真”のコピーをこのiPhoneにダウンロードしますか?
空き領域を確保するために最適化された写真とビデオはこのiPhoneから削除されます。
オリジナルの完全版は、iCloud写真を使用しているデバイス上では引き続き利用できます。

ここで[iPhoneから削除]を選ぶと、iPhone本体から一部の写真とビデオが削除されます。

空き容量が十分ではないiPhoneでiCloud写真をオフにすると写真やビデオが削除されることも

[写真とビデオをダウンロード]を選ぶとオリジナルデータのダウンロードがはじまりますが、iPhoneストレージの空き容量が不足しているとエラーメッセージが表示されます。

写真とビデオをダウンロードできません

つまり、iCloud写真のデータを保存する空き容量がiPhoneに無い場合は、一部の写真とビデオをiPhone本体から削除してiCloud写真をオフにするか、iCloud写真のオフをやめるかの二択となります。

意図せず写真とビデオを削除した場合は、iCloud写真のオフでiPhoneから消えた写真やビデオを戻す方法をお試しください。

iCloud写真がオンの状態で[オフにして、iCloudから削除](iOS15以前は[無効化して削除])を実行したときも、iPhone本体の写真とビデオが最適化されていると警告が表示されます。

「iCloudに保存されている写真の一部は、このiPhoneにダウンロードされていません」の警告

iCloudに保存されている写真の一部は、このiPhoneにダウンロードされていません
これらの写真は、30日後にiCloudから完全に削除されます。
それらが失われないように、続行する前に、元の写真をダウンロードして保存してください。

[このまま続ける]をタップするとiCloud写真は無効となり、iCloudにあるオリジナルデータのダウンロードがはじまります。
[キャンセル]をタップすると[オフにして、iCloudから削除](iOS15以前は[無効化して削除])は実行されず元の画面に戻ります。

iCloud写真の削除待機中

iCloudストレージにある写真とビデオのダウンロード中にiPhone本体ストレージの空き領域が不足するとダウンロードがストップします。

iPhoneの空き容量不足のためiCloud写真のオリジナルデータのダウンロードを一時停止

そのまま放置してiCloud写真が完全に削除されると、消えた写真・ビデオを戻すことができません。

iCloud写真の[削除を取り消す]か、他の方法でiCloud写真のオリジナルデータをダウンロードしましょう。

iCloud写真をやめる前に必ずやるべき1つのこと

iCloud写真のオフ(または、iCloud写真がオンの状態で”無効化して削除”)を実行する前にiPhone本体ストレージの容量とiCloud写真の使用量を確認しましょう。

iPhoneのストレージ容量と空き容量は標準の設定アプリで見られます。
[一般] > [情報] の順にタップし、「容量」と「使用可能」の項目を確認してください。

下の例は、iPhoneのストレージ容量が256GBで空き容量が191.7GBです。

iPhoneストレージの空き容量を確認

iCloud写真の使用量を確認するには、標準の設定アプリを起動して上部にあるユーザ名部分をタップします。

[iCloud] > [アカウントのストレージを管理(または、ストレージを管理)] の順にタップすると、iCloudストレージを使用中のアプリと消費サイズの一覧があらわれます。

下の例では、iCloud写真だけで512.3GBもiCloudストレージを消費しています。

iCloudストレージにおけるiCloud写真の使用量

このように、iCloud写真の使用量がiPhone本体のストレージ空き容量を大きく上回る場合、iCloud写真のオフを実行するには一部の写真とビデオをiPhoneから削除することになります。

あいこうら

私がiCloud写真をやめられない最大の理由です。

不要なデータやアプリを削除するなどしてiPhone本体ストレージの空き容量を増やすか、iCloud写真の使用量を減らしましょう。

iCloud写真の削除に悩んだときのFAQ

ここまで解説した内容に加え、iCloud写真の削除について私がよく相談を受けることを一問一答形式でまとめました。

iCloudから写真を削除するとどうなる?

同じiCloudアカウント(AppleID)でiCloud写真を利用中の機器からも写真が削除されます。

削除した写真は[最近削除した項目]アルバムに移動しますが、一定期間(約40日間)を過ぎると完全に削除されます。
完全に削除された写真は復元できません。

iCloud写真を削除してiPhoneに残すことはできる?

iCloud写真をオフにしたiPhoneであれば可能です。

iCloud写真をオンにしたiPhoneはiCloudと自動で同期するため、iCloud写真を削除してiPhoneに残すことはできません。

iCloud写真をオフにしてiCloudから削除するとどうなる?

iCloud写真をオフにすると、iPhoneの写真アプリ内の写真やビデオはiCloudに保存されなくなります。※共有アルバムは除く

iCloudから削除すると、その30日後にiCloudストレージからiCloud写真が完全に削除されます。
完全に削除したiCloud写真の写真とビデオは復元できません。

iCloud写真をオフにするデメリットは?

iCloudストレージにある写真やビデオのオリジナルデータをiPhone本体にダウンロードするため、iPhone本体ストレージの使用容量が増大することがあります。

また、iPhone本体ストレージの空き容量が不足すると、写真やビデオがiPhoneから消える恐れがあります。

iCloud写真を消しても容量が減らないのはなぜ?

iCloud写真を[オフにして、iCloudから削除](iOS15以前は[無効化して削除])を実行すると、iCloudストレージの使用容量は減りますがiPhone本体ストレージの使用容量は減りません。

削除を実行後は最新の数値が反映されていない可能性もあるので、iPhone本体を再起動してご確認ください。

iPhoneの写真を消したらiCloudはどうなる?

iCloud写真がオンの場合、[最近削除した項目]アルバムに移動した状態でiCloudストレージに保存(同期)します。

iCloud写真がオフの場合はiCloudに影響はありません。

シェアしてもらえると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
もくじ <br><span style="font-size: 11px">(タップするとジャンプできます)</span>