どうなる?iCloud写真のオフや削除がiPhoneにもたらすこと

  • URLをコピーしました!

iCloud写真はiPhone標準の写真アプリを丸ごとiCloudストレージに保存して同じ状態をキープ(同期)します。
だから、iPhoneに写真やビデオが増えると、iCloudストレージの使用量も増えます。

では、iCloudストレージの使用量を減らすためにiCloud写真の同期をオフにしたり、iCloudから削除するとiPhoneにある写真やビデオはどうなるのでしょう?

今回はiCloud写真をオフにすると何が起こるのか、削除するとどうなるのか、iPhoneに起こる変化と注意点を解説します。

iPhoneの一部機種は2022年9月13日からiOS16を利用できます。

iOS16は操作画面やボタンの名称が従来と一部異なりますが、iCloud写真の機能に大きな変更はありません。

もくじ
(タップするとジャンプできます)

違いは?iCloud写真のオフと削除

iPhone標準写真アプリ(以下、写真アプリ)を丸ごとiCloudストレージに保存する「iCloud写真」には、同期を停止する「オフ」機能とiCloudストレージから消去する「削除」機能があります。

  • iCloud写真を「オフ」
    →写真アプリをiCloudストレージに保存して同期を停止
  • iCloud写真を「オフにして、iCloudから削除」
    (iOS15以前は「無効化して削除」)
    →iCloudストレージに保存したiCloud写真データをすべて削除

通常、写真アプリにある写真やビデオは削除すると[最近削除した項目]アルバムに移動します。※共有アルバムを除く

iPhoneにある写真やビデオを削除

iCloud写真を利用中の写真アプリの場合は、写真やビデオを削除すると「この写真はすべてのデバイスの”iCloud写真”から削除されます。」と警告を表示します。

iCloud写真を利用中のiPhoneにある写真やビデオを削除
iCloud写真を利用中のiPhoneで写真を削除

削除を実行すると、[最近削除した項目]アルバムに移動した状態の写真・ビデオをiCloudストレージに保存して同期します。
iPhoneとiCloud、どちらか一方の写真・ビデオを削除することはできません。

iCloud写真は最近削除した項目フォルダも同期
iCloud写真を利用中のiPhoneとMacの写真アプリ

写真アプリがiPhoneとiCloudで同じ状態になる(=同期)のを止めたいときは、iCloud写真をオフにします。
iCloud写真をオフにしたiPhoneから写真・ビデオを削除してもiCloudからは削除されません。

iCloud写真がオンのときに保存・同期した写真とビデオはそのままiCloudストレージに残ります

「このiPhoneを同期」をオフにしたiCloud写真
iCloud写真をオフにしてもiCloudのストレージ使用量は変わらない

iCloudストレージに残された写真とビデオを丸ごと削除するには、[オフにして、iCloudから削除](iOS15以前は[無効化して削除])を実行します。

iCloud写真のオフや削除でiPhoneはどうなる?

同期を停止する”iCloud写真のオフ“のやり方は、設定アプリを起動して[写真]を選択後に[iCloud写真]をタップしてオフ(グレーアウト)にします。

iCloud写真機能をオフ
iCloud写真をオフ

iOS16の場合は、設定アプリを起動後に上部のユーザー名を選択して[iCloud] > [写真] の順にタップし、iCloud写真の[このiPhoneを同期]をオフ(グレーアウト)にする方法もあります。

iCloud写真の「このiPhoneを同期」をオフ
iCloud写真の「このiPhoneを同期」をオフ(iOS16)

iCloud写真をオフにすると写真アプリはiCloudストレージに保存・同期されなくなり、iCloudストレージにある写真とビデオのオリジナルデータをiPhone本体へダウンロードします。
だから、iPhoneストレージの使用量が増えます。

オリジナルデータのダウンロードに必要な空き容量がiPhone本体ストレージに無い場合は一部の写真とビデオがiPhoneから削除されます。

iCloud写真をオフにしてもiCloudストレージの写真の使用量は変わりません。

iCloud写真をオフにしたiCloudストレージの使用状況
iCloud写真をオフにしたiCloudストレージの使用状況

iCloudストレージからiCloud写真を削除するやり方は、設定アプリを起動後に上部のユーザー名 > [iCloud] > [写真] > [ストレージを管理]の順に選択してストレージ画面を表示し、[オフにして、iCloudから削除]をタップします。

iCloud写真を「オフにして、iCloudから削除」
iCloud写真を「オフにして、iCloudから削除」(iOS16)

iOS15以前のiPhoneは設定アプリでユーザー名 > [iCloud] > [ストレージを管理] > [写真]の順に選択し、[無効化して削除]をタップします

iCloud写真を無効化して削除(iOS15以前)

[オフにして、iCloudから削除](iOS15以前は[無効化して削除])を実行すると、iCloudストレージの写真の使用量は0にリセットされます。

「オフにして、iCloudから削除」を実行後のiCloudストレージ使用状況

iCloud写真がオンの状態で[オフにして、iCloudから削除](iOS15以前は[無効化して削除])を実行すると、同期を止めてiCloudストレージにある写真とビデオのオリジナルデータをiPhone本体へダウンロードします。

iCloud写真がオンの状態で「オフにして、iCloudから削除」を実行

iCloud写真はオフになっています。写真とビデオは現在アップロードされていません。iCloudの項目は30日後に削除されます。これは”iCloudストレージの管理”で取り消すことができます。

前述した”iCloud写真のオフ”を実行したときの挙動と似ていますが、iCloud写真のオフと削除を同時に行うためiCloudストレージの写真の使用量が0にリセットされる点が大きく異なります。

iCloud写真がオンの状態でオフにして、iCloud削除を実行

iCloudストレージからiCloud写真が完全に削除されるのは、[オフにして、iCloudから削除](iOS15以前は[無効化して削除])実行の30日後です。即時削除ではありません。

iCloud写真が30日後に削除される警告

iCloud写真をやめるとiPhoneの写真が消える原因

iCloud写真をオフにすると、iPhoneから一部の写真やビデオが消えてしまうことがあります。
※ iCloud写真がオンの状態で「オフにして、iCloudから削除」(iOS15以前は無効化して削除)を実行した場合も含む

これは、iPhone本体の空き容量不足が原因です。

iCloud写真のオフでiPhone本体の空き容量が不足

iCloud写真には、iPhone本体のストレージ空き容量に応じて写真とビデオのファイルサイズを自動で縮小(=ストレージを最適化)して表示する機能があります。

iCloud写真を利用中のiPhone

iCloud写真をオフにすると最適化されなくなり、iCloudにあるオリジナルデータをiPhone本体へダウンロードします。

iCloud写真をオフにする
iCloud写真をオフにしたときの警告

“iCloud写真”のコピーをこのiPhoneにダウンロードしますか?
空き領域を確保するために最適化された写真とビデオはこのiPhoneから削除されます。
オリジナルの完全版は、iCloud写真を使用しているデバイス上では引き続き利用できます。

ここで[iPhoneから削除]を選ぶと、iPhone本体から一部の写真とビデオが削除されます。

空き容量が十分ではないiPhoneでiCloud写真をオフにすると写真やビデオが削除されることも

[写真とビデオをダウンロード]を選ぶとオリジナルデータのダウンロードがはじまりますが、iPhoneストレージの空き容量が不足しているとエラーメッセージが表示されます。

写真とビデオをダウンロードできません

つまり、iCloud写真のデータを保存する空き容量がiPhoneに無い場合は、一部の写真とビデオをiPhone本体から削除してiCloud写真をオフにするか、iCloud写真のオフをやめるかの二択となります。

意図せず写真とビデオを削除した場合は、iCloud写真のオフでiPhoneから消えた写真やビデオを戻す方法をお試しください。

iCloud写真がオンの状態で[オフにして、iCloudから削除](iOS15以前は[無効化して削除])を実行したときも、iPhone本体の写真とビデオが最適化されていると警告が表示されます。

「iCloudに保存されている写真の一部は、このiPhoneにダウンロードされていません」の警告

iCloudに保存されている写真の一部は、このiPhoneにダウンロードされていません
これらの写真は、30日後にiCloudから完全に削除されます。
それらが失われないように、続行する前に、元の写真をダウンロードして保存してください。

[このまま続ける]をタップするとiCloud写真は無効となり、iCloudにあるオリジナルデータのダウンロードがはじまります。
[キャンセル]をタップすると[オフにして、iCloudから削除](iOS15以前は[無効化して削除])は実行されず元の画面に戻ります。

iCloud写真の削除待機中

iCloudストレージにある写真とビデオのダウンロード中にiPhone本体ストレージの空き領域が不足するとダウンロードがストップします。

iPhoneの空き容量不足のためiCloud写真のオリジナルデータのダウンロードを一時停止

そのまま放置してiCloud写真が完全に削除されると、消えた写真・ビデオを戻すことができません。

iCloud写真の[削除を取り消す]か、他の方法でiCloud写真のオリジナルデータをダウンロードしましょう。

iCloud写真をやめる前に必ずやるべき1つのこと

iCloud写真のオフ(または、iCloud写真がオンの状態で”無効化して削除”)を実行する前にiPhone本体ストレージの容量とiCloud写真の使用量を確認しましょう。

iPhoneのストレージ容量と空き容量は標準の設定アプリで見られます。
[一般] > [情報] の順にタップし、「容量」と「使用可能」の項目をチェックしてみましょう。

下の例は、iPhoneのストレージ容量が256GBで空き容量が191.7GBです。

iPhoneストレージの空き容量を確認

iCloud写真の使用量を確認するには、標準の設定アプリを起動して上部にあるユーザ名部分をタップします。
[iCloud] > [アカウントのストレージを管理(または、ストレージを管理)] の順にタップすると、iCloudストレージを使用中のアプリと消費サイズの一覧があらわれます。

下の例では、iCloud写真だけで512.3GBもiCloudストレージを消費しています。

iCloudストレージにおけるiCloud写真の使用量

このように、iCloud写真の使用量がiPhone本体のストレージ空き容量を大きく上回る場合、iCloud写真のオフを実行するには一部の写真とビデオをiPhoneから削除することになります。

不要なデータやアプリを削除するなどしてiPhone本体ストレージの空き容量を増やすか、iCloud写真の使用量を減らしましょう。

シェアしてもらえると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
もくじ <br><span style="font-size: 11px">(タップするとジャンプできます)</span>