iCloud写真をオフにするとiPhoneにある写真やビデオはどうなる?消えたときの対処法と「無効化して削除」の注意点

 

iPhoneユーザーから「iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)をオフにすると写真・ビデオが消えてしまうのでは?」と質問を受けました。
その答えは、iPhoneの状況次第で変わります。

「iCloud写真」のファイルサイズがiPhoneのストレージサイズより大きい場合は一部の写真・ビデオが消えてしまいます。

空き容量不足でiCloudストレージにある写真・ビデオすべてをiPhone本体に保存することができないからです。

iPhoneのストレージサイズと空き容量は、標準の設定アプリで確認できます。
一般 > 情報 の順にタップし、「容量」と「使用可能」の項目をチェックしてみましょう。
下記の例では、ストレージサイズが64GBで空き容量が21.68GBです。

iCloudに保存している「写真」のサイズを確認するには、標準設定アプリの上部にある「Apple ID、iCloud、iTunes StoreとApp Store」をタップします。

iCloud > ストレージを管理 の順にタップすると、iCloudストレージを使用中のアプリと消費サイズの一覧があらわれます。
下記の例では、iCloud写真に348.9GBの写真とビデオを預けています。

iPhoneのストレージサイズよりも大容量の写真・ビデオをiPhoneに保有できるのは「iCloud写真」の「iPhoneのストレージを最適化」を有効にしているから。

※「iPhoneのストレージを最適化」について解説した記事はこちら

このように、iCloud写真を最適化利用していたり同期が完了していなかったりすると、iCloud写真を無効にするときに下記のようなメッセージが表示されます。
※メッセージの内容はiOS13.4.1の場合です。iOSのバージョンによっては異なる場合があります。

"iCloud写真"のコピーをこのiPhoneにダウンロードしますか?
空き領域を確保するために最適化された写真とビデオはこのiPhoneから削除されます。
オリジナルの完全版は、"iCloud写真"を使用しているデバイス上では引き続き利用できます。

そして、「iPhoneから削除」「写真とビデオをダウンロード」のどちらかを選ぶことになります。

iCloudにある写真・ビデオをすべて保存(ダウンロード)できるようなスペースがiPhoneにない場合は「写真とビデオをダウンロード」を選んでも、空き容量不足のためエラーメッセージが表示されます。

となると、必然的に「iPhoneから削除」を選択することになります。
「iCloud写真」で「ストレージを最適化」を有効にしている場合は、iPhoneから写真・ビデオが消える可能性が高いと言えます。

「iCloud写真」にある写真・ビデオを選択してiPhone本体にオリジナルデータをダウンロードすることはできません。
どの写真・ビデオをiPhoneに残すか自分で選ぶことはできないのです。

主観ではありますが、iCloud写真を無効にすると最近撮った写真はiPhoneに残り、ビデオやライブフォトなどファイルサイズが大きいデータは消えてしまう傾向にあります。

iCloud写真をオフにして消えた写真やビデオを取り戻すには?

「iCloud写真」を無効化したことでiPhone本体から削除された写真・ビデオはiCloudストレージ上に残っています。(後述の「無効化して削除」を実行していなければ)

スポンサーリンク

iCloud写真をオフにして消えた写真やビデオを取り戻すには3つの方法があります。

  1. iPhoneの「iCloud写真」を再び有効にする
  2. 別のiPhoneまたは、iPad、iPod touch、Mac、Windowsパソコンで「iCloud写真」を利用する
  3. 他の機器からiCloudにサインインして「iCloud写真」にある写真・ビデオを同期します。

    iPhone、iPad、iPod touchは「iCloud写真」の「オリジナルをダウンロード」を有効にします。
    Mac、WindowsパソコンはAppleの公式サポートサイトで手順を確認しましょう。
    Mac で iCloud を設定する
    Windows パソコンで iCloud 写真を設定して活用する

  4. Webブラウザから「iCloud.com」にサインインする
  5. iCloudストレージに保存しているデータをWebサイト「icloud.com」からダウンロードします。

iCloud写真をオフにしてiCloudストレージを無料プランに戻すには?

「iCloud写真」を無効にしただけではiCloudストレージ上に「iCloud写真」のデータが残っているのでストレージ使用量は変わりません。
ストレージ使用量が5GBを超えている場合は、無料プランにダウングレードしようとすると警告が表示されます。

iCloudストレージの空き容量を増やすには「無効化して削除」を実行します。

スポンサーリンク

標準の設定アプリを起動し、「iCloud写真」を無効にした状態で、画面上部の[ユーザ名] > iCloud > ストレージを管理 > 写真 の順にタップすると実行画面があらわれます。

iCloud写真をオフにしてiCloudストレージの空き容量を増やす方法

「無効化して削除」を実行すると、30日間の猶予期間を経て完全に削除されます。

参考までに、、、
私は2020年5月10日に「無効化して削除」を実行しました。

直後に、「30日以内にiCloud写真をダウンロードしてください。」という件名のメールが届きました。

「無効化して削除」実行後から30日間は、「iCloud.com」で(iCloud写真をオフにする前に保存された)写真やビデオを確認できます。

2020年6月9日の時点では「無効化して削除」を取り消すこともできましたが、、、

2020年6月10日に「iCloud.com」にアクセスすると、iCloud写真は完全に削除されていました。「無効化して削除」を取り消すこともできません。

完全削除の直前にメール等で通知されることはありませんでした。

「iCloud写真」を「無効化して削除」しても、他のアプリがiCloudストレージを使用していると無料の5GB内に抑えることができません。
また、無料プランの場合、iPhoneにある写真・ビデオのバックアップにiCloudストレージを使用することが難しくなるので、他のバックアップ方法を検討しておきましょう。

\シェア大歓迎!/
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事(一部広告含む)

© 2020 がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ