標準写真アプリでOK!iPhoneでスライドショーを保存する方法

 

iPhoneの標準写真アプリには「スライドショー」機能があります。
複数の写真や動画を連続で再生したいときに便利!BGM付きテーマとトランジション(切り替え効果)が自動で適用されるから、素敵なビデオを簡単につくることができます。

でも、シェアしたり、ビデオとして保存することができないのが難点。

iPhone標準写真アプリのスライドショー機能

そう思っていたのですが…実は、ちょっと工夫するだけでスライドショーを保存することができるんです。しかも、高画質。
というわけで今回は、iPhone標準写真アプリで写真やビデオのスライドショーを保存する裏ワザを紹介します。

以降の操作画面はiOS14.0をインストールしたiPhoneSEを使用しています。
(一部はiOS13.2.2をインストールしたiPhone7Plusを使用)
iOSのバージョンが異なる場合は利用できる機能や操作手順が異なることがあります。ご注意ください。

スライドショー・ムービーを作成して保存する手順

まず、スライドショーを作成したい写真とビデオを選択してアルバムに分類します。
スライドショーにする写真・ビデオは5枚以上(iOS13以前の場合は8枚以上)にしてください。

アルバムに分類する方法は、Apple公式のサポートサイトをご確認ください。

作成したアルバムを表示し、iOS14の場合は画面右上にある[・・・]ボタンをタップします

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存する方法(iOS14)

[メモリームービーを再生]ボタンをタップします

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存する方法(iOS14)

【iOS13の場合】
作成したアルバムを表示し、画面右上にある矢印(>)をタップします。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存する方法(iOS13)

すると、再生ボタンのあるスライドショーっぽいものが登場します。
これは、iPhoneが自動で作成する「メモリー」の前段階です。

右上の三点リーダ(・・・)をタップします。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存する方法(iOS13)

「再生」を選択します。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存する方法(iOS13)

すると、スライドショーが自動再生されます。
再生中に画面をタップするか、再生が終わるとメニューバーが表示されます。

iPhone標準写真アプリでスライドショー作成

ここで、画面右上の編集ボタンをタップすると「"メモリー"に追加」のメッセージがあらわれます。

このムービーを編集するには、"メモリー"に追加しなければなりません。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

「メモリー」は撮影日や人物、イベントなどテーマに沿って自動で写真やビデオをピックアップするiPhone独自の機能です。

スポンサーリンク

OKをタップすると「メモリー」に追加されて編集画面があらわれます。
(この時点ではiPhone本体にスライドショーは出力保存されていません)

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

この編集画面ではタイトル・サブタイトルを変更したり、

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

タイトル(表紙)イメージを変更したり、

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

スライドショー・ムービー全体の再生時間を調整することができます。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

音楽も変更可能。[ミュージック]をオフ(グレー)にしてBGMをなくすこともできます。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

Apple Musicライブラリにある楽曲を使いたい場合はリストの最下部にある[ライブラリ]をタップして選択します。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

このスライドショー・ムービーはiPhone側が自動で作成するため、アルバム内の写真や動画の一部しか取り込まれていないことがあります。
追加するには「写真とビデオ」をタップします。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

画面左下の+ボタンをタップします。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

アルバム内の写真・ビデオを選択して追加します。(アルバムにない写真・ビデオは選べません。)
再生の順序は撮影日が古→新の順で並びます。並び替えはできません

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

ビデオ(動画)はここで再生範囲を調整できます。黄色い枠の両端をスライドするとトリミングできます。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

ビデオの音量も「大」「小」「オフ」の3種類から選べます。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

選択を終えたら、右上の完了ボタンをタップするとスライドショー・ムービーの編集画面に戻ります。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

スライドショー・ムービーの編集を追えたら、右上の「完了」ボタンをタップします。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

再生確認してOKであれば、スライドショー・ムービーをビデオとして保存します。
画面左下のシェアボタンをタップします。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

「ビデオ保存」をタップすれば、スライドショー・ムービーを出力保存できます。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

ビデオとして保存したスライドショー・ムービーはMOV形式(.mov)で解像度は1920×1080のフルハイビジョン画質(フルHD)です。

iPhone6(iOS12)、iPhone7Plus(iOS13)、iPhoneXsMax(iOS13)、iPhoneSE(iOS14)の4機種で確認しましたが、いずれもスライドショー・ムービーはMOV形式(.mov)で解像度は1920×1080でした。

デフォルトでは横長(縦横比16:9)で作成されますが、縦長にすることもできます。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

「ビデオ保存」するときのシェア画面で「オプション」をタップすると横方向か縦方向を選べます。

iPhone標準写真アプリでスライドショーを保存するやり方

編集機能が少ないのでスライドショーをこだわって作りたい方には不向きですが、標準アプリで簡単に作成できるから色んなシーンで活用できます。
高画質で保存できるので、DVD(解像度720×480)やBlu-ray(解像度1920×1080)に残したいときにも使えるはず。

\シェア大歓迎!/
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事(一部広告含む)

© 2020 がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ