写真がキレイ!コンパクトサイズのおしゃれフォトブック「ポケットブック」がキャンペーンを実施中記事を読む

嘘でしょ?iPhoneの写真が勝手に消えた…大量消失の原因と顛末

URLをコピーする
URLをコピーしました!








機種変更からしばらく経った頃、ふとiPhoneにある写真を確認するとファイル数が極端に減っていました。

8万枚超あったはずの写真・ビデオが…

約2,400枚まで減少。顔面蒼白。

iPhone標準写真アプリでファイル数を確認

もちろん、自分で削除した覚えなどまったくありません。

iPhone標準写真アプリでファイル数を確認

思わず変な声が出てしまいましたが、心を落ち着けて「iCloud.com」にアクセスしてみました。
なぜなら、私のiPhoneは「iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)」を有効にしているからです。

iCloudアカウント(AppleIDとパスワード)でログイン後にhttps://www.icloud.com/photosを表示すると、「iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)」に保存した写真・ビデオをWebサイトから確認することができます。

iCloud.comで写真を確認

あいこうら
ああ、良かった…ちゃんと8万枚ある…

でも、iPhone本体にはやはり2,400枚程しか写真がありません。

iPhoneの設定アプリで写真の枚数を確認

なぜ????

原因として考えられるのは、最新のiOSへアップデートしたこと。

最新のiOSへアップデート

iOSのアップデートによりiPhone本体にオリジナルデータがある写真・ビデオだけが残り、それ以外のデータは雲隠れしたのだと思われます。

「iCloud写真」の「iPhoneのストレージを最適化」を有効にしていると、iPhoneの空き容量に応じて写真・ビデオを表示用サイズ(サムネイル)に縮小し、オリジナルデータはiCloudで管理します。

だから、私のiPhoneには8万枚の写真があるように見えて実体は約2,400枚だけということですね。

写真・ビデオがiCloudストレージにあることは確認できたので安心して眠りにつきました。
そして翌朝、雲隠れしていた写真・ビデオが少しずつ姿をあらわし…

8万枚超の写真・ビデオが無事に戻ってきました。

写真のモバイルデータ通信設定(設定 > 写真 > モバイルデータ通信)を無効にしている場合、iCloudとの同期はWi-Fi接続に限定されます。
ファイル数が多いと、Wi-Fi接続でも元の状態に戻るまで時間がかかるので気長に待ちましょう。



「iCloud写真」はアップロードが完了してから(iCloudストレージにある写真の)ダウンロードがはじまります。

急いでいる場合は、「iCloud.com」から写真やビデオを個別にダウンロードするのも一案です。
右下にある[・・・]をタップしてダウンロードを選択しましょう。

iCloud写真

Safariブラウザからダウンロードすると、iPhone標準の「ファイル」アプリに保存される場合があります。

今回、写真・ビデオが唐突に消えたのはiOSアップデートとiCloud写真の最適化利用が原因だったわけですが、それに気づくまでは動揺が止まりませんでした。

無事に戻ってきてホッとしましたが、クラウドサービスならではの消失リスクを痛感。
写真・ビデオの管理は一箇所に限定せず、複数のサービス・製品にバックアップしておくと安心ですね。

Sponsored Link
シェアしてもらえると嬉しいです
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる