嘘でしょ?iPhoneの写真が勝手に消えた…大量消失の原因と顛末

「iPhone 11 Pro Max」64GBモデルに機種変更から1ヶ月が経ちました。
相変わらず写真・ビデオを撮りまくり、ファイル数を着々と増やしていますが空き容量不足の警告は出ていません。

あいこうら
ストレージが少なくても案外やっていけるんだな

そう思い始めた或る晩、ふとiPhoneにある写真を確認するとファイル数が極端に減っていました。顔面蒼白。
今回はその原因と顛末についてレポートします。

私のiPhoneには8万枚超の写真があります。

現在は「iPhone 11 Pro Max」64GBモデルを使用していますが、「iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)」と「高効率撮影」のおかげで撮りすぎフォトライフを送れています。

足りる?写真撮りすぎ主婦が64GBモデルの「iPhone 11 Pro Max」を購入する理由

それなのに突如、写真・ビデオの数が約2,400枚まで減少していました。

iPhone標準写真アプリでファイル数を確認

[写真]タブの「すべての写真」だけでなく、[アルバム]タブの「最近の項目」も確認してみましたが、やはり2,400枚しかありません。
8万枚以上あったのになぜ・・・もちろん、自分で削除した覚えなどまったくありません。

iPhone標準写真アプリでファイル数を確認

思わず変な声が出てしまいましたが、心を落ち着けて「iCloud.com」にアクセスしてみました。

iCloudアカウント(AppleIDとパスワード)でログイン後にhttps://www.icloud.com/photosを表示すると、「iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)」に保存した写真・ビデオをWebサイトから確認することができます。

iCloud.comで写真を確認

あいこうら
ああ、良かった…ちゃんと8万枚ある…

でも、iPhone本体にはやはり2,400枚程しか写真がありません。

iPhoneの設定アプリで写真の枚数を確認

なぜ????

原因として考えられるのは、最新のiOSへアップデートしたこと。

最新のiOSへアップデート

iOSのアップデートによりiPhone本体にオリジナルデータがある写真・ビデオだけが残り、それ以外のデータは雲隠れしたのだと思われます。

「iCloud写真」の「iPhoneのストレージを最適化」を有効にしていると、iPhoneの空き容量に応じて写真・ビデオを表示用サイズ(サムネイル)に縮小し、オリジナルデータはiCloudで管理します。


つまり、私のiPhoneには8万枚の写真があるように見えて実体は約2,400枚だけということですね。
写真・ビデオがiCloudストレージにあることは確認できたので安心して眠りにつきました。

そして翌朝、雲隠れしていた写真・ビデオが少しずつ姿をあらわし…

8万枚超の写真・ビデオが無事に戻ってきました。

写真のモバイルデータ通信設定(設定 > 写真 > モバイルデータ通信)を無効にしている場合、iCloudとの同期はWi-Fi接続に限定されます。
ファイル数が多いと、Wi-Fi接続でも元の状態に戻るまで時間がかかるので気長に待ちましょう。


 
写真・ビデオが唐突に消えたのはiOSアップデートとiCloud写真の最適化利用が原因だったわけですが、それに気づくまでは動揺が止まりませんでした。
バックアップを復元したときも同様の事象がありましたが、ここまで唐突に消えたことはありません。

無事に戻ってきてホッとしましたが、クラウドサービスならではの消失リスクを痛感。
写真・ビデオの管理は一箇所に限定せず、複数のサービス・製品にバックアップしておくと安心ですね。

こちらの記事も併せてご覧ください。

Copyright© がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ , 2019 All Rights Reserved.