64GBのiPhoneへ機種変更したらデータ転送に失敗!空き容量を増やすためにやったこと

購入予約した「iPhone 11 Pro Max」が手元に届きました。

iPhone 11 Pro Max

あいこうら
3眼カメラを早く使いたい!

以前使っていたiPhoneの設定を新しいiPhoneに転送する「クイックスタート」機能(iOS11以降に搭載)のおかげで、機種変更に伴うデータ移行も随分楽になりました。

クイックスタートでiPhoneのデータを引き継ぎ

データの転送方法は、直接転送する「iPhoneから転送」か、後からデータをダウンロードする「iCloudからダウンロード」か選べます。

クイックスタートでiPhoneのデータを転送する方法を選択

時間はかかるけれど設定完了時にデータをすぐに使える「iPhoneから転送」を選んだのですが…

iPhoneの機種変更で転送を完了できませんのエラー表示

しばらく待つと「転送を完了できません」というエラー画面が表示されました。

このiPhoneには、もう一方のiPhoneからデータを転送するのに十分な空き容量がありません
設定をやり直すにはiPhoneをリセットしてください
あいこうら
早くも空き容量不足!

これまで使っていたiPhoneのストレージは256GBなのに対し「iPhone 11 Pro Max」は64GBなので当然ですね。
機種変更によるストレージダウンの洗礼を早速浴びました。

iCloudバックアップを復元

ふりだしに戻り、「クイックスタート」も最初からやり直して「iCloudからダウンロード」を選択し、iCloudバックアップを復元しました。

教訓


ストレージ容量の少ないiPhoneにデータを転送するときは「iCloudからダウンロード」を選ぶ

私は、以前の機種から「iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)」の「ストレージを最適化」を有効にしています。
iPhone本体の空き容量が少なくなると、自動的に写真・ビデオがサムネイルに置き換わり使用容量を調整します。

なぜ?iPhoneやiPadにあるはずの写真・ビデオが見られない!iCloud写真の謎と対処法

とはいえ、以前のiPhoneからのデータ転送に失敗しているのは危険信号。
iCloudバックアップの復元も途中でエラーになってしまうかも…

iCloudバックアップを復元中のiPhone

そこで、手っ取り早く空き容量を増やすためストレージの使用状況を確認して対処しました。

iPhone本体のストレージの使用状況を確認する

まずはiPhoneの状況を知るべく数字と向き合います。
標準の設定アプリを起動し、一般 > iPhoneストレージ の順にタップします。

すると、インストールしたアプリとストレージ消費サイズを使用容量の多い順に確認できます。

iPhoneストレージの使用状況を確認

バックアップの復元途中なので正確な数字ではありませんが「音楽」「電子書籍」アプリが早くも上位にランクインしています。

使用サイズの大きいアプリを削除、または取り除く

「音楽」「電子書籍」や一部の「ゲーム」は他の機器で利用することにして、新しいiPhoneからは削除する(復元しない)ことにしました。

iPhoneアプリを削除

先の1.で表示した「iPhoneストレージ」画面でアプリ名をタップすると詳細を確認できます。

iPhoneアプリの使用サイズを確認

「Appを取り除く」を選ぶと、Appのサイズを減らして書類とデータは保持します。
下の例だと、空き容量が約615MB(=Appのサイズ)増えます。

Appを取り除く

「Appを削除」を選ぶとアプリを丸ごと削除するので、Appも書類とデータも消えます。
下の例だと、空き容量が約625.9MB(=Appのサイズ+書類とデータ)増えます。

Appを削除

「ミュージック」アプリは、楽曲等(=書類とデータ)をまとめて削除することもできます。

iPhoneのミュージックアプリを削除

ホーム画面からアプリを削除する場合、iOS13ではアイコンを長押しして「Appを並び替える」を選びます。

iPhoneアプリアイコンを長押ししてクイックアクションメニューを表示

アイコンの左上にある×ボタンをタップするとアプリを削除することができます。

アプリを削除

LINEのキャッシュを削除する

家族や友人との連絡に欠かせない「LINE」は、たとえストレージの使用量が多くても削除できません。

iPhoneストレージの使用状況を確認

そこで、キャッシュを削除してストレージの使用量を減らします。
キャッシュは、よく使うデータをすばやく読み込んで表示するために内部に一時保存するしくみです。

LINEアプリを起動後に設定ボタン(ネジマーク)をタップし、トーク > データの削除 の順に選択します。

LINEのデータ削除でキャッシュを消去

私はLINEで受信した写真・ビデオはすべてiPhoneに保存している(はず)なので、「キャッシュデータ」と「写真」「ボイスメッセージ」「ファイル」も削除しました。

LINEのデータ削除でキャッシュを消去

「写真」「ボイスメッセージ」「ファイル」を削除すると、トークで表示されても読み込めなくなります。
アルバムに移したり、iPhoneに保存していない場合はチェックを入れないようにしましょう。

LINEトークの写真を確認

また「すべてのトーク履歴」を削除すると、メッセージも含めすべてのデータが消去されてしまいます。
復元することができないのでチェックを入れてしまわないようにご注意を。

「非使用のAppを取り除く」を有効にする

ほとんど出番のないアプリはストレージの使用量が少なくても削除!
・・と潔くいきたいのですが、「いつか使う日が来るかも」と捨てらず片付けができないタイプなので、iPhoneの便利な機能に頼ります。

iPhoneの非使用のAppを取り除く

「非使用のAppを取り除く」を有効にすると、使用していないアプリを自動的に取り除きます。
書類とデータは保持されるので、再インストールすれば以前のように使えます。

この機能は、標準の設定アプリの「iTunes StoreとApp Store」で設定できます。

iPhoneの非使用のAppを取り除く


 
手っ取り早く空き容量を確保したかいあって、iCloudバックアップの復元は無事に完了。
今回の機種変更でiPhoneのストレージ容量を256GBから64GBへ減量しましたが、どうにか"足りる"状態になりました。

足りる?写真撮りすぎ主婦が64GBモデルの「iPhone 11 Pro Max」を購入する理由

週末は子どもたちと公園へ出かけて200枚以上の写真とビデオを撮影しましたが、空き容量不足でカメラが使えなくなることはありませんでした。

iPhone11 Pro Maxの広角撮影

あいこうら
広角カメラの撮影が楽しい!

機種変更をする前に空き容量対策をしておけば、データ転送やバックアップの復元ももっとスムーズに進められたと思います。反省。

Copyright© がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ , 2019 All Rights Reserved.