覚えておくと便利!iPhoneの写真やビデオをシェアする標準機能「共有シート」の使い方【iOS13新機能】

「iOS13」では写真・ビデオのシェア機能が強化されて、メニュー画面(共有シート)も一変。

iOS12とiOS13の共有シートを比較

これまでとは使い方が異なるのでアップデート直後は少々戸惑いました。
そこで今回は、iPhone・iPod touchにある写真・ビデオをシェアするときに便利な標準機能について、iOS12からの変更点や新機能、注意点を解説します。

写真・ビデオのシェア機能を使うには?
シェア機能を呼び出して共有シートを表示する方法に大きな変更はありません。
シェアしたい写真・ビデオを表示し、左下のシェボタンをタップします。

iOS13で写真やビデオをシェアする方法

複数のファイルをシェアしたい場合は、一覧画面で右上の「選択」をタップしてから写真・ビデオを選んで左下のシェアボタンをタップします。

iOS13で複数の写真やビデオをシェアする方法

誤操作対策!?AirDrop共有は2段階タップに…

AirDrop(エアドロップ)は、近くにあるiPhoneやiPad、MacなどのApple製品とデータをやりとりできる機能です。

これまでの「iOS12」ではシェアボタンをタップするとAirDropの共有可能な相手をすぐに表示していました。
「iOS13」では「AirDrop」のアイコンをタップしてから共有する相手を選択します。

iOS13共有シートのAirdropの共有先一覧

「AirDrop」はShare Extension(アプリ間連携)に対応したアプリのアイコンと同じ並びに表示されます。

iOS13共有シートのAirdropの使い方

誤操作しそう!?すぐに共有できるワンタップ提案

シェアボタンをタップすると、連絡先に登録している人物のアイコンが表示されることがあります。

写真や書類を共有する時、あなたがそれを共有しそうな相手と、共有に使いそうなアプリの提案が届くので、あなたはワンタップで共有できます。

引用元:iOS 13 - 特長 - Apple(日本)

どうやら「メッセージ」「メール」のやりとりが多い、連絡先ユーザーが一覧に表示されるようです。

iOS13共有シートのワンタップ提案

ユーザー名をタップすると、「メッセージ」または「メール」の送信画面に切り替わります。

iOS13共有シートのワンタップ提案でメッセージに写真を送信

共有シートの最上段で提案されるので誤ってタップしそうですね…。
この機能を無効にしたり非表示にすることはできませんが、標準の「連絡先」に未登録のユーザーは一覧に表示されません。

プライバシーを守る!位置情報をリセットして共有可能

写真・ビデオの位置情報を削除して共有する場合は、共有メニュー最上部の「○枚の写真を選択中」「○本のビデオを選択中」の下にある「オプション」をタップします。

iOS13共有シートのオプション機能

撮影場所情報が記録されている写真・ビデオを選択している場合、[含める]セクションに位置情報が表示されます。
初期設定では有効(緑色)になっているので、無効(灰色)にします。

iOS13共有シートのオプションで位置情報の有無を設定

右上の「完了」ボタンをタップすると共有メニューに戻ります。
「オプション」の隣に「位置情報なし」と表示されます。

iOS13共有シートのオプションで位置情報を削除

位置情報を削除して共有したい場合は毎回この操作をおこないます。

「Twitter」など自動で撮影情報を削除してくれるアプリもありますが、撮影した場所を絶対に知られたくない写真・ビデオを共有するときはオプションで位置情報を無効にしておくと安心ですね。

位置情報だけじゃない!新登場の共有オプションでできることとは?

「オプション」では送信フォーマットや、メタ情報の共有も設定できます。

写真・ビデオの共有URLを自動作成「iCloudリンク」

初期設定の送信フォーマットは「自動」が選択されていますが、「iCloudリンク」にするとURLを発行して共有します。

iOS13共有シートのオプション機能でiCloudリンクをシェア

下の例では、送信フォーマットを「iCloudリンク」「個々の写真」に設定した写真をLINEに投稿しました。
「iCloudリンク」はURLを、「個々の写真」は画像データを送信しています。

iOS13共有シートからLINEに写真を投稿

送信フォーマットを「自動」にすると基本的にデータを送信しますが、「メッセージ」アプリはファイル数に応じてURLを共有します。

iOS13共有シートからメッセージで写真をシェア

「すべての写真データ」を有効にするとどうなる?

iOS13共有シートのオプション機能ですべての写真データを含める

「オプション」の[含める]セクションにある「すべての写真データ」の説明を読むと…

AirDropで共有する場合、すべての写真データを含めると、編集履歴やキーワードや説明などのメタデータとともに、オリジナルの品質で写真やビデオが送信されます。受信者は、切り取り、フィルタ、Live Photosエフェクトなどの編集内容を表示または変更できます。

つまり、「すべての写真データ」を有効にすると、AirDropの共有先で標準写真アプリの編集機能で加工した写真・ビデオを元のオリジナル状態に戻すことができます。
ただし、AirDropの共有先がiOS12以前の場合はオリジナルに戻すことができません。

動画付き?写真だけ?Live Photosのシェア形態を選べる

Live Photosは写真の左上に「LIVE」マークが表示されます。

iOS13共有シートでライブフォトをシェア

このマークをタップすると、Live Photosではなく写真だけを共有できます。

iOS13共有シートでライブフォトの写真のみシェア

あいこうら
iOS13の新機能ではないけれどiOS12よりわかりやすくなりました

シェアメニュー(共有シート)のアイコンやリスト表示をカスタマイズするには?

Share Extensionアプリの並びや表示/非表示は、一覧の最右にある「その他」からおこないます。

iOS13共有シートのAppをカスタマイズ

「App」メニューが表示されたら、右上の「編集」をタップします。

iOS13共有シートのAppをカスタマイズ

「候補」にあるアプリの「+」ボタンをタップすると「よく使う項目」に追加されます。

iOS13共有シートのAppをカスタマイズ

「よく使う項目」に追加すると表示順を変えられます。
ただし、「AirDrop」は非表示にしたり、表示位置を変えることができません。

iOS13共有シートのAppをカスタマイズ

「スライドショー」「アルバムに追加」「非表示」などのアクション(アクティビティ)はiOS13でシンプルな縦並びになりました。
アクションの表示/非表示や、並び順を変えるには一番下にある「アクションを編集…」をタップします。

iOS13共有シートのアクションを編集

「写真」または「その他のアクション」にある項目の「+」ボタンをタップすると「よく使う項目」に追加されます。
「よく使う項目」に追加すると表示順を変えられます。

iOS13共有シートのアクションを編集

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あいこうら

写真好きの主婦ブロガー。撮りすぎたスマホ写真&動画の整理と活用術を日々模索。2018年は写真プリント42商品を満喫。好きが高じてiPhone写真アプリ『さくっとプリント』監修。写真整理アドバイザーとしてNHKラジオの番組に生出演したのがこの夏のハイライト。

プロフィールページ

お問い合せはこちら

Copyright© がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ , 2019 All Rights Reserved.