iPhoneの写真をプリントしたいのにできない「3大困った」の対処法

2019年8月6日

iPhoneにある写真をプリント注文しようとして困った経験はありませんか?
私が写真現像アプリを比較調査(3年ぶり3回目)すると「プリントしたい写真が表示されない」などのトラブルが続出…。

そんなiPhoneならではの困った事象と解決策をまとめました。iPhoneの写真機能に対応した写真現像アプリ・サイトがひと目でわかる比較表とあわせてご活用ください。

iPhoneで本当に使える?機能別にひと目でわかる写真現像アプリ・サイトの比較対応表まとめ

iPhoneであるある…写真現像アプリの困った事象

プリントしたい写真が表示されないのはなぜ?

私のiPhoneには約7万枚の写真があります。
だから、写真を選ぶ画面の表示に時間がかかりがち。

写真を選ぶ画面が表示されても印刷したい写真が表示されないことがあります。
その原因は、iOSの写真ストレージ機能「iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)」。

なぜ?iPhoneやiPadにあるはずの写真・ビデオが見られない!iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)の謎と対処法

下の写真の例では、「print01」から「print06」のアルバムに100枚ずつ写真を保存していますが、「iCloud写真」に対応していないアプリの写真選択画面では枚数が少なく表示されています。

「iCloud写真」に対応した現像アプリの写真選択画面

「iCloud写真」に対応していない現像アプリの写真選択画面

激安プリントで人気の「しまうま写真プリント」「しろくまフォト」などは、「iCloud写真」に対応していないため、最適化された写真は選定画面に表示されず選択することができません

「iCloud写真」に対応していないアプリで最適化写真を表示するには、あらかじめオリジナルデータをダウンロードしておきましょう。

プリントしたい写真を選択できないのはなぜ?

写真現像アプリの中には、プリント注文可能な画像フォーマットを「JPEG」に限定していることがあります。
写真の保存形式として一般的なフォーマットですが、iPhoneにある画像すべてが「JPEG」形式というわけではありません。

あいこうら
標準アプリではファイル名が非表示なのでわかりづらいですが…

画面をキャプチャしたスクリーンショット画像は「PNG」形式ですし、Webサイトからダウンロードした画像や写真加工アプリで編集したが画像が「PNG」形式で保存されることもあります。

また、2016年以降に発売されたiPhone・iPadの一部機種は、撮影した写真・動画の保存形式を"互換性優先"の「JPEG」と"高効率"の「HEIF」のどちらか選ぶことができます。

HEIFとJPEGどっちを選ぶ?空き容量対策にもなるiPhoneカメラの新しい保存形式を比較してみた

「プリントラッコ」「楽だねonline 写真プリント」は、「PNG」や「HEIF」形式の写真を選べません。選択するとエラーメッセージを表示します。

「PNG」形式を「JPEG」形式に変換するにはアプリを使うと便利です。


AppStoreからダウンロード

「HEIF」形式の写真を「JPEG」形式に変換する方法はこちらの記事を御覧ください。

写真の撮影日を正しく印刷できないのはなぜ?

iPhoneの標準カメラで撮った写真には撮影日などの情報(EXIF)が含まれていますが、それ以外の方法で入手した写真には撮影情報が記録されていないことがあります。

LINEやメール、SNS、Webサイトからダウンロード(保存)した写真は撮影情報が失われているケースが多く、iPhoneの標準写真アプリではダウンロードした日が撮影日のように扱われています。

このような撮影情報が無い写真は手動で撮影日時を設定しておくと日付を印刷できるし、写真の整理にも役立ちます。

iPhoneで撮影した写真のフォーマット(ファイル形式)が原因で正しく印刷できないこともあります。

「FUJIFILMプリント&ギフト」「アプリプリント(アプリプリントジャパン)」「楽天写真館」は、「HEIF」形式で保存した写真の撮影日を印刷できません

iPhoneの写真機能別に写真現像アプリ・サイトの対応状況を比較した結果は別記事にまとめています。ぜひ御覧ください。

iPhoneで本当に使える?機能別にひと目でわかる写真現像アプリ・サイトの比較対応表まとめ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ , 2019 All Rights Reserved.