万能すぎる!新型チェキカメラ「instax mini LiPlay(インスタックス ミニ リプレイ)」の使い方



「instax mini LiPlay」でチェキプリントした写真は独特な風合いで、少しレトロな色調です。

instax mini LiPlay(インスタックス ミニ リプレイ)とチェキプリント

私が初代「スマホ de チェキ」(instax SHARE SP-1)を使っていた頃と比較すると、画質はかなり向上しています。
・・・が、やはり全体的に暗いです。

instax mini LiPlay(インスタックス ミニ リプレイ)とチェキプリント

「instax mini LiPlay」の撮影画像がこちら。

instax mini LiPlay(インスタックス ミニ リプレイ)で撮影した画像

「instax mini LiPlay」で撮影した画像の解像度は2560x1920ピクセル。※上の画像は掲載用に縮小しています。
鮮明で色合いが美しい写真プリントを望むようであれば(microSDカードに保存された撮影画像を)写真屋さんなどで現像してもらうと良いかと思います。

とってもかんたん「instax mini LiPlay」の基本的な使い方

初期設定など事前準備の手順はこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
これで安心!「instax mini LiPlay」の事前準備のやり方 "チェキ"instax mini LiPlay(インスタックス ミニ リプレイ)のカメラとプリント機能を使うための初期設定と、スマホ連携の方法をわかりやすく解説します。

「instax mini LiPlay」は電源を入れると背面の液晶モニターに映像が表示されます。

モニター画面を見ながら撮影したいタイミングで前面のシャッターボタンを押します。
サウンドボタンを長押しすると、録音しながら写真を撮ることができます。

チェキカメラinstax mini LiPlay(インスタックス ミニ リプレイ)の使い方

撮影後は、撮影した画像が液晶モニターに数秒間表示されます。
内蔵メモリーまたはmicroSDカードに画像が自動保存されるので、あとから確認したいときは液晶モニターの下にある再生ボタンを押します。

チェキカメラinstax mini LiPlay(インスタックス ミニ リプレイ)の使い方

モニターに表示されている画像を印刷したいときは、プリントボタンを押します。

チェキカメラinstax mini LiPlay(インスタックス ミニ リプレイ)の使い方

セレクトボタンの上部分を押して「通常プリント」か「音付きプリント」を選びます。

チェキカメラinstax mini LiPlay(インスタックス ミニ リプレイ)の使い方

「音付きプリント」は録音モードで撮影した画像のみ選ぶことができます。
音声を記録したQRコードの印字位置をセレクトボタンで変更し、連携したスマホの「instax mini LiPlay」アプリを起動しておきます。

チェキカメラinstax mini LiPlay(インスタックス ミニ リプレイ)で音付きプリント

OKボタンを押すと印刷が始まります。

instax mini LiPlay(インスタックス ミニ リプレイ)で音付きプリント

プリントが完了した直後の印刷面は真っ白ですが、数十秒ほどで画像が浮き出てきました。

チェキカメラinstax mini LiPlay(インスタックス ミニ リプレイ)の音付きプリント

「音付きプリント」はQRコードを読み込むと、ブラウザが起動し写真を表示します。
写真中央の音符マークをタップすると音声を聴くことができます。

チェキカメラinstax mini LiPlay(インスタックス ミニ リプレイ)の音付きプリントを再生

チェキプリントの魅力はすぐに印刷できることと、新鮮なアナログ感。
さらに「instax mini LiPlay」は音まで記録できるので、アイデアが広がりますね。

▶「instax mini LiPlay」をAmazonで購入する
▶「instax mini LiPlay」を楽天市場で購入する

1 2
Sponsored Link
シェアしてもらえると嬉しいです
URLをコピーする
URLをコピーしました!
トップへ