iCloud写真をオフにしてiCloudストレージの空き容量を増やす方法

投稿日:

「iCloud写真」はiPhoneやiPadにある写真・ビデオをオンラインストレージに自動保存し、他の機器と同期する機能です。
設定によってはiPhoneやiPad本体の空き容量を節約することができますが、そのかわりにiCloudストレージを大量に消費します。

「iCloudストレージの空き領域が不足しています」というメッセージが表示されたら要注意!

あいこうら
iCloudストレージが容量不足になると、自動バックアップができなくなる恐れも…。

今回は、「iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)」を無効にしてiCloudストレージから完全に削除し、空き容量を増やす方法を紹介します。

iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)を無効化する

まず、iPhone標準の「設定」アプリを起動し、「[自分の名前]」>「iCloud」>「写真」の順にタップします。
「iCloud写真」の緑色のボタンをタップして無効化します。
(iOS11以前の場合は「iCloudフォトライブラリ」と表示されます。)

iCloud写真をオフにする

「iCloud写真のコピーをこのiPhoneにダウンロードしますか?」というメッセージがあらわれる場合があります。

「iCloud写真のコピーをこのiPhoneにダウンロードしますか?」のメッセージ

「iCloud写真」で「iPhoneのストレージを最適化」にチェックを入れていた場合、最適化された写真とビデオはお使いのiPhoneから削除されてしまうので「写真とビデオをダウンロード」を選ぶことをおすすめします。

PCや他のiPhone(iPad/iPod touch)から「iCloud写真」に保存した写真・ビデオがある場合も、「写真とビデオをダウンロード」を選ぶことで、お使いのiPhoneにそれらのデータを保存することができます。

この場合、オリジナルデータのダウンロードを完了後にもう一度、「iCloud写真」の緑色のボタンをタップして無効化します。

iCloudフォトライブラリをオフにする

無効にするとボタンが灰色に変わります。

iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)を削除して空き容量を増やすには?

お使いのiPhoneで「iCloud写真」を無効化しても、iCloud上にはまだ「iCloud写真」のデータが残っています。
iCloudストレージの空き容量を増やすには「無効化して削除」を実行します。

iPhone標準の「設定」アプリを起動し、「[自分の名前]」>「iCloud」>「ストレージを管理」の順にタップして、「写真」を選びます。
(iOS 10.2以前のは、「設定」>「iCloud」>「容量」の順にタップし、「iCloudフォトライブラリ」を選びます。)

iCloud写真の完全無効化

[無効化して削除]をタップすると、確認メッセージが表示されます。

[無効化して削除]をタップすると確認メッセージがあらわれる

「写真とビデオを削除」をタップすると、iCloudフォトライブラリが完全に無効化されます。
iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)を完全に無効化しても一定期間保存され、期間内であれば完全無効化を取り消すことができます。

完全に無効化したiCloud写真のデータは、iCloudストレージを消費しませんのでご安心を。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あいこうら

写真好きの主婦ブロガー。撮りすぎたスマホ写真&動画の整理と活用術を日々模索。2018年は写真プリント42商品を満喫。好きが高じてiPhone写真アプリ『さくっとプリント』監修。写真整理アドバイザーとしてNHKラジオの番組に生出演したのがこの夏のハイライト。

プロフィールページ

お問い合せはこちら

Copyright© がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ , 2019 All Rights Reserved.