スマホにある大量の写真や動画をさくっと整理!iPhone活用術やプリントサービスを全力口コミ

さくっとふぉとらいふ

おしゃれ年賀状作戦!GLAM PRINT(グラムプリント)を選んだ理由と作り方【2019年版】

投稿日:2018年11月13日 更新日:

2019年の年賀状は平成最後!
今回はちょっと特別な年賀状をつくることにしました。

あいこうら
『最後』という言葉に弱いのです

私が選んだのは、以前から注目していた「GLAM PRINT(グラムプリント)」です。

「GLAM PRINT(グラムプリント)」って?

おしゃれな年賀状をWebサイトやアプリから簡単に注文できるサービスです。喪中欠礼と寒中見舞いも作成できます。
デザインや質感に定評のあるフォトブック「Photoback(フォトバック)」の姉妹サービスとして2016年に誕生しました。

GLAM PRINT(グラムプリント)」は、専用用紙とはがきを貼り合わせた「合紙はがき」でつくられています。

宛名面は日本郵便の切手付きはがきを使用。
年賀状は「お年玉付き年賀はがき」、喪中欠礼は「お悔やみ用官製はがき」、寒中見舞いは「官製はがき」になります。

私は、ポストカード作成アプリ「moca(モカ)」でグラムプリントを利用したことがあります。

(「moca(モカ)」は残念ながら2018年夏にサービスの提供を終了しています。)

「moca(モカ)」で作成したポストカード

ナチュラルな風合いで写真もきれい。
手にしたとき、その厚みと質感の良さが印象に残りました。

「moca(モカ)」で作成したポストカード

一般的な普通年賀はがき、インクジェット紙やインクジェット写真用の年賀はがきとはまるで違うので、受け取った人の目と心にとまるはず。
だから、私は数ある写真年賀状サービスの中から「GLAM PRINT(グラムプリント)」を選びました。

気になる「GLAM PRINT(グラムプリント)」の価格は?

2019年年賀状、喪中欠礼はがき、寒中見舞いはがきの価格は下記の通り。
「基本料金」+「プリント料金」+「年賀はがき代(官製はがき代)」+「送料」の合計金額になります。
宛名印刷は無料です。

基本料金:1,620円(税込)

プリント料金:1枚につき98円(税込)

年賀はがき・官製はがき代:1枚につき62円(税込)

送料<宅急便>:616円(税抜) <ポスト投函>:0円
※「ツヤあり」仕上げの年賀状に限り、配送方法に「ポスト投函」を選べます。

2018年12月18日(火) 10:00まで平成最後のありがとうキャンペーンを実施中です。
グラムプリントをはじめて利用する場合、期間内の注文は基本料金が40%OFF、プリント料金が10%OFFとお得!

支払い方法は「クレジットカード」と「代金引換」の2種類。
「代金引換」を選んだ場合は 代金引換手数料が別途かかります。

スマホからもOK!「GLAM PRINT(グラムプリント)」を注文するには?

PC(Windows PC/Mac)から専用のWebサイトにアクセスして編集・注文をおこないます。
年賀状のみ、スマホからiPhone・Androidアプリで注文することもできます。

年賀状2019 GLAMPRINT(グラムプリント)
年賀状2019 GLAMPRINT(グラムプリント)
AppStoreからダウンロードGooglePlayで手に入れよう

 
スマホからは使用できるテンプレートの種類が限られます。

GLAMPRINTのiPhoneアプリから注文イメージ

写真を使わないイラストのみのデザインはPC限定です。

グラムプリントのイラスト年賀状

PCで作成したものをアプリで編集したり、
アプリで編集中のデザインをPCで使ったりはできません。

いつもはスマホ派の私ですが、今回はデザインが豊富なPCから年賀状をつくることにしました。

グラムプリントの写真年賀状

グラムプリントを利用するには会員登録が必要です。
姉妹サービスのPhotobackにアカウントがある場合は新規登録の必要はありません。

グラムプリントの利用には会員登録が必要

PCから編集・注文する場合は「Flash Player(無料ソフトウェア)」を利用します。画面の指示に従って有効化しましょう。

作成手順の基本は3ステップ。

  1. デザインテンプレートを選ぶ
  2. グラムプリントのテンプレート

  3. 写真を登録(アップロード)する
  4. グラムプリントに写真をアップロード

  5. フレームに写真をセットする


 
あとは、写真の印刷範囲を調整したり、
グラムプリントの写真編集画面

文字を編集したり、
グラムプリントのテキスト編集画面

背景カラーを変更したりと必要に応じて編集を加えます。
グラムプリントの編集画面

写真の代わりにイラストを使うこともできますよ。

アップロードした写真がどこにあるかわからない!と困ったときは、イラスト一覧の右端にある右三角ボタンを押していくと見つけられます。

印刷面の編集が完了したら、
宛名面の印刷設定をおこない、
プレビューを確認したらカートに入れます。これで完成!

グラムプリントで2019年の写真年賀状をつくる

画面の指示に沿って手続きをすすめれば注文完了です。

失敗しないために・・・「GLAM PRINT(グラムプリント)」の注意点

グラムプリントに使用できる写真は「JPEG形式」のみ。
画面のスクリーンショットや、一部のアプリで加工した画像などファイル形式がJPEG以外の場合は利用できません。

ココに注意

利用できる画像ファイル形式はJPEGのみ

年賀状は「ツヤあり」と「ツヤなし」仕上げのどちらかを選べますが、同時に注文することはできません。
別々に注文となり、送料もそれぞれかかります。

ココに注意

年賀状はツヤあり・なしを選べるが同時注文はできない

宛名印刷、宛名のみ、または、差出人のみ印刷することはできません。
「宛名・宛先」と「差出人名・差出人住所」を指定する必要があります。

グラムプリントで宛名印刷

宛名面を自宅のインクジェットプリンター等で印刷する場合のポイントをグラムプリントの公式サイトで解説しているので参考にしましょう。

ココに注意

宛名印刷は宛先と差出人のセット印刷。どちらか一方だけ印刷は不可。

 
年賀状素材集を購入して自宅で印刷している私ですが、追い込み型の性格なのでいつもギリギリ。
撮りすぎ&撮りっぱなし体質なので年賀状に使う写真選びにも時間がかかります。

今年は「GLAM PRINT(グラムプリント)」でおしゃれな年賀状をさくっと作って、年末年始はゆっくりと過ごす予定。
平成最後の年賀状だし、自分用にも1枚とっておこうかな。

スマホ写真の整理・活用術やお得な情報を
ほぼ毎日お届け♪ぜひフォローを!!

Twitterでブログ運営者を

✨写真を見る、それは笑顔になる時間✨

さくっとプリント
長期保存に優れた高品質な写真プリントをiPhoneから簡単注文!

スマホににたまっている思い出の写真をまとめてさくっとプリントしませんか?

使いやすさをぜひ実感してください

Copyright© さくっとふぉとらいふ , 2018 All Rights Reserved.