ライブフォトを普通の写真へ一括変換して空き容量を増やす方法

  • URLをコピーしました!

私は、iPhoneで子どもを撮る時によく「Live Photos(ライブフォト)」を活用しています。
撮影するときの音が小さいからバースト(連写)より目立たないし、動きのある子どもはビデオの方が自然で面白いシーンを撮れたりするんですよね。

でも、Live Photos撮影ばかりしていると、iPhoneの空き容量がピンチになることも・・・。
そこで、Live Photosを普通の写真に戻してファイルサイズを減らす方法を紹介します。

もくじ
(タップするとジャンプできます)

「Live Photos(ライブフォト)」ってなに?

「Live Photos(ライブフォト)」は、動画付き写真を撮影できるiPhone・iPadのカメラ機能です。

2015年に登場したiPhone6S/6s Plusに初めて搭載されました。
それ以降発売されたiPhoneのほか、iPad(第5世代)とiPad Pro全モデルも「Live Photos(ライブフォト)」撮影ができます。

ライブフォト撮影のイメージ

iPhone・iPadのカメラでLive Photosを有効にしてシャッターボタンをタップすると「写真(JPEG)」といっしょに前後1.5秒ずつ計3秒の「動画(MOV)」をカメラロールに保存します。

iPhoneでは写真1枚に見えるのですが、画面を長押しすると写真が動き出します。

ライブフォト撮影の写真を長押しすると動画再生できる

つまり、写真に動画が含まれているので、通常の写真撮影と比べるとファイルサイズが大きいです。

iPhone・iPadで「Live Photos(ライブフォト)」を見分けるには?

Live Photosで撮影した写真は自動的に、「Live Photos」アルバムに分類されます。

iPhone標準の写真アプリの「アルバム」タブをタップして、「Live Photos」アルバムを確認してみましょう。
(下の写真は、iOS11.2.1をインストールしたiPhone7Plusの標準写真アプリ「アルバム」一覧画面です。)

iPhone・iPad標準アプリの「Live Photos」アルバム

「Live Photos」アルバムが見当たらない場合は、ライブフォト撮影した写真が無い、もしくはiOSが古い可能性があります。

iPhone・iPadで「Live Photos(ライブフォト)」の動画部分を削除するには?

Live Photosの動画を削除して普通の写真に戻すには、2つの方法があります。

標準の写真アプリでOK!通常の写真として「複製」する方法

Live Photos写真をタップして詳細画面を表示するか複数のLive Photos写真を選択し、左下の共有アイコンをタップします。

左下の共有アイコンをタップ

「複製」をタップします。

「複製」をタップ

「通常の写真として複製」を選びます。
これだけでOK。

「通常の写真として複製」を選ぶ

元の写真(Live Photos)は残るので、忘れずに削除しましょう。

便利なアプリを使ってLive Photosの動画を一括削除する方法

Live Photosを管理するアプリを使って、もっと簡単に動画部分を削除することもできます。

前述した「通常の写真として複製」から元の写真(Live Photos)の削除まで自動でやってくれるので、数が多い時は便利です。

Lean

Live Photosの動画を削除する機能に特化したシンプルでわかりやすい有料アプリです。価格610円。

Lean - Clean up Live Photos

AppStoreからダウンロード

 LivePix

Live Photosの動画を削除するだけでなく、GIFアニメやビデオに変換する機能もあります。価格は250円。

LivePix

AppStoreからダウンロード

 
一度に大量のLive Photos動画を削除しようとすると空き容量不足に陥ってアプリが正しく動作しない恐れがあります。少しずつ削除するようにしましょう。

シェアしてもらえると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
もくじ <br><span style="font-size: 11px">(タップするとジャンプできます)</span>