【iPhone裏ワザ】「ピープル」の消し方と「メモリー」の停止、「共有の提案」を削除する方法

2018年9月20日

写真・ビデオを自動分類する「ピープル」と「メモリー」の登場から早3年。
年々、機能が強化されていますが不要と思われる方もいるのでは…!?

最新のiOS13でも「メモリー」「ピープル」をオフ(無効)にすることはできません

でも、「メモリー」や「ピープル」のアルバムを削除して機能を一時的に停止することはできます。
また、同様の手順で「共有の提案」も削除することができるので、その方法をまとめました。

※当記事は2017年9月26日に公開した内容を、iOS13の正式公開にともない2019年9月24日に全面的に見直しました。

「ピープル」のアルバムを削除するには?

削除したい「ピープル」のアルバムを選び、画面右上の3点リーダーをタップし、「"ピープル"アルバムから削除」を選びます。
(iOS11の場合は、下方向にスクロールすると「"ピープル"アルバムから削除」があらわれるのでタップします。)

iOS13のデバイスで「ピープル」のアルバムを削除

「この人を"ピープル"アルバムから削除しますか?」というメッセージがあらわれます。
「"ピープル"アルバムから削除」をタップすると、アルバムが削除されます。

「ピープル」アルバムを削除

「"ピープル"アルバムから削除」をタップしても、元の画面に戻るだけで削除されていないように見えるかもしれません。
そんなときは、画面左上の < ボタンをタップして「ピープル」の一覧画面に戻ると該当のアルバムが削除されていることを確認できます。

複数の「ピープル」アルバムをまとめて削除したいときは、「ピープル」の一覧画面で右上の「選択」をタップしてアルバムを選び、左下の「削除」をタップします。

iOS12の「写真」に自動作成された「ピープル」アルバムをまとめて削除

「ピープル」に作成されたアルバムをすべて削除しようとするとメッセージが表示されることがあります。

リセットすると、ピープルアルバム内の、すべての名前、お気に入り、および人を特定するのに使用されたデータがiCloudアカウントを使用しているすべてのデバイスから消去されます。

リセットすると、"ピープル"アルバム内の、すべての名前、お気に入り、および人を特定するのに使用されたデータがiCloudアカウントを使用しているすべてのデバイスから消去されます。

これは、iCloud写真を有効にしていると「ピープル」のアルバムを同期することができるので、アルバムの削除も同期されるよ・・という警告です。

「"ピープル"アルバムをリセット」をタップすると、ピープルからアルバムが削除されます。
検索タブに表示されるピープルも、「ピープル」にあるアルバムをすべて削除すると表示されなくなります。

「ピープル」アルバムをリセット

「ピープル」のアルバムを一掃できました。
・・・が、これは一時的なこと。

写真・ビデオを新たに撮影・保存すると、自動的にスキャンして「ピープル」にアルバムを作成します。

スキャンは、iPhone(iPad・iPod touch)をロックして電源に接続すると実行されます。
不要な「ピープル」アルバムが作成されたら同じ手順で削除しましょう。

「メモリー」の機能を一時停止するには?

「メモリー」は、iPhone(iPad・iPod touch)にある写真・ビデオを特定の日付や場所、人物ごとにピックアップして自動でスライドショームービーを作成する機能です。

メモリーを削除するには、画面右上の3点リーダーをタップして「メモリーを削除」を選びます。
(iOS11の場合は、「メモリー」を選んで下方向にスクロールすると「メモリーを削除」があらわれます。)

iOS13「写真」機能の「メモリー」を削除

「このメモリーを削除してもよろしいですか?この操作は取り消せません。」というメッセージがあらわれます。
「メモリーを削除」をタップすると削除できます。

「メモリー」によっては、「メモリーを削除」と「メモリーを停止」が並んで表示される場合があります。
「メモリーを停止」を選ぶと特定の日付・場所・人物の「メモリー」作成を止めることができます。

「この日のメモリーを停止」を選ぶと、「この日のメモリーを停止してもよろしいですか?この日のメモリーはもう作成されなくなります。」というメッセージがあらわれます。

停止をタップするとメモリーが削除されます。

メモリーを停止しても元の画面に戻るだけでメモリーが削除されていないように見える場合は、画面左上の「< For You」ボタンをタップして戻ると該当のメモリーが削除されていることを確認できます。

この手順を繰り返して、必要のない「メモリー」は「停止」または「削除」を選びます。
すべてのメモリーを削除すると、「メモリーなし」の画面があらわれます。

メモリーなしの表示

しかし、数日経過すると、再び「メモリー」作成の通知が・・・。

やはり、メモリーの作成機能を完全に停止することはできません

「メモリーを停止」を解除するには?

標準の設定アプリを起動して[写真] > [停止中のメモリーをリセット]の順にタップします。

「メモリーを停止」を解除する

「リセットすると、以前停止した人、場所、日付や休日が再び新規メモリーに含まれるようになります。」というメッセージがあらわれるので「リセット」をタップします。

「メモリーを停止」を解除する

「共有の提案」を削除するには?

「共有の提案」は、特定の人物や場所の写真・ビデオを自動で分類し、そこに写っている人物との共有を提案する少々お節介な機能です。
この機能も無効にすることはできませんが削除は可能です。

画面右上の3点リーダーをタップし、「共有の提案を削除」を選びます。

iPhoneの「共有の提案」を削除

「共有の提案は削除されますが、写真はライブラリからは削除されません。」というメッセージが表示されるので、「削除」をタップすると提案が削除されます。


 
「ピープル」も「メモリー」も「共有の提案」も便利な機能ではありますが、勝手に作成されることを不満に思うユーザーもいるかと思います。
そんなときは、ここで紹介した削除や停止の方法を活用してくださいね。

Copyright© がんばらない写真整理・さくっとふぉとらいふ , 2019 All Rights Reserved.