2017-8-17
ブログ ページ 42

[п]1冊390円★TOLOTでお得にフォトブック・カレンダーを作る方法

まだTOLOTフォトブック・TOLOTカレンダーをお試しでない方は会員登録時にコードを入力すると、注文後にお得なクーポンがもらえますよ。2冊目のご利用にいかがですか?

4つの感動をリアル口コミ☆写真を楽しむiPad体験ワークショップ開催レポート

実際に使って「これイイ!」と感じたモノ・サービスは、誰かにオススメしたくなりますよね? 私が写真を活用するときに味わった感動、 喜びや驚きを共有したい!!!! そんな口コミ魂で企画したイベント 「簡単&スピーディ ☆ 子ども写真を撮る・選ぶ・プリントする! iPad体験ワークショップ」 を11月2日(土)に開催しました。 当初は10組の募集でしたが、 会場の都合により5組12名のご家族にご参加いただきました。 私はこのイベントを通して、 写真を楽しむ4つの感動を口コミしたいと考えていました。 まず1つ目は、イベント会場の「コミュニケーションプラザ ドットDNP」。 市ヶ谷駅にほど近く、1階にはカフェスペースもあります。 ここは、子ども写真のプリントも撮影も楽しめる数少ない場所です。 私は興奮のあまり、2日連続で娘を連れて遊びに行ったこともあります。 ※この写真は、2013年3月に撮影したものです。 現在、地下1階で開催中の「ことばともじ展」は、 赤を貴重としているので撮影スポットとしてもオススメ。 ひらがなのサイコロでお子様の名前を並べると楽しい写真が撮れます。 イベントには、0歳児から小学生まで6名のお子様が参加しました。 私はワークスペースで待機していたので、残念ながら撮影の様子は見られず・・。 でも、撮りたての写真を拝見すると絶妙なショットが盛りだくさん! やはりママは、名カメラマンですね。 真似したい構図も多く、我が娘を呼び出して写真を撮りたくなりました。 2つ目は、デジカメ撮影に使用した「Eye-Fi mobi」。 Wi-Fi機能の付いたSDメモリーカードで、 これさえあればケーブルいらず! スマホやタブレットへデジカメの写真を転送することができます。 設定がとても簡単なので、機器の操作に不慣れなママでも安心です。 今回のイベント開催にあたり、 アイファイ・ジャパン様からEye-Fi mobi 16GBを参加特典として ご提供いただきました。 デジカメで撮った写真をその場でiPadで見られる快感は大きく、驚きの声を上げる参加者が続出! それは、私が初めて使った時の反応と同じです。嬉しい共感!! 3つ目は、写真観賞にも最適な「iPad」。 スマホや携帯よりも画面が大きく、パソコンよりも手軽で操作がカンタン。 初めてiPadを触る方もいらっしゃいましたが、 iPad本体に関する質問を受けることはありませんでした。 お子様・ご家族と並んで写真を見る様子は微笑ましく、絵になります。 事前に準備したお子様向けアプリも気に入っていただけました。 撮影した写真は「さくっとアルバム」を使用して、 ベストショットを選んでいただきました。 自分の作ったアプリを触ってもらうのは、 ユーザーテストのようでドキドキでしたが、 おおむね好評価でホッとしました。 (目の前でアプリが落ちてしまったときは、私の心も落ちましたが・・・) 4つめは、六つ切りサイズの「大きな写真プリント」 写真館ではおなじみの六つ切りプリントですが、 自分でプリントするならLサイズやKG(ハガキ)サイズが一般的ですよね。 実は私も、イベント協賛企業である大日本印刷(DNP)様から提案されて 初めて六つ切りプリントを体験しました。 そして、その美しさと早さに驚き、 デジカメで撮って良かったと心から思ったのです。 イベントでも、プリントした写真を持ってワークスペースに戻ると明るい歓声が上がりました。 撮ったばかりの写真を大きくプリントすると感動も2割増・・いや、3割増! DNP様からは、イベント当日のプリント特典としてL版5枚・六つ切り1枚を無料、 さらに、六つ切り2枚プリント無料券とドリームページ無料券まで ご提供いただきました。 イベントの主催者として反省点は多々ありますが、 参加された皆さんとこの4つの感動を共有できたことは、大きな喜びです。 このような写真の楽しみ方を伝える口コミイベントを これからも開催していきたいと思います。

【レポート】そんな撮り方あったんだ!カメラ日和学校の体験講座で学んだ楽しい子ども撮影とは?

カメラ日和学校の体験講座 「写真年賀状用ポートレート撮影会」 に参加するため、 家族で東陽町へ向かいました。 パパは「俺も?!」と困惑していましたが、 「年賀状用写真だから家族でないと!」と強制連行。 ドキドキワクワク… どんな写真が撮れるのかしら?! テンション高まる私とは対照的に、 移動中に電車酔いする長女。 眠りそうで眠れずグズグズの次女。 だ、大丈夫だろうか… ドキドキハラハラ… 何とか会場の深川郵便局に到着すると、 黄色が眩しい特設ブースが目に飛び込んできました。ここだー!! 大きな馬のぬいぐるみと撮るのかな〜なんて漠然と考えていたので、このセットは予想外。 一見シンプルに見えるけれど、 カメラ越しに見ると… あら、不思議! 子ども達が絵の中から飛び出てきたかのような 3D写真を撮れるんです。 トリックアート? 自宅ではなかなか真似できないセットですね。 裏側はこんな感じ。 カメラは、OLYMPUS PEN Liteを借りました。 最新のE-PL6! 使ってみたかったから嬉しい!! 長女が「○○(妹)と2人で撮りたい!」と言うので、 まずは、私がカメラマンに。 といっても、娘たちに声をかけながら カメラの液晶画面をタッチするだけ。 事前に三脚でカメラを固定して、 被写体を撮る構図を決めておいたのです。 この三脚×タッチAFシャッターの 合わせ技が超絶便利! カメラで顔が隠れないし、 慣れてくると目を合わせながら 写真を撮ることもできるから、 娘たちも安心するみたい。 こんな撮り方があったんだ! すぐにピントも合うから驚きです。 次女は人見知り場所見知りでグズグズでしたが、 いただいた赤ちゃんせんべいパワーで急変化! 長女の隣に座って笑顔を見せ始めました。 諦めかけていたのに、 まさかのシャッターチャンス到来! ホント、子どものシャッターチャンスって不意に訪れるんですよね。 慌てて撮影しましたが、 三脚×タッチAFシャッターのおかげで、 手ブレ写真は一枚も無し! 写真を撮るのが楽しくて 何度もタッチしていました(笑) すると、再び次女がグズグズモードに入ったので 私のカメラマン体験は終了。 家族4人の撮影に切り替えました。 良い写真を撮れるように全力でサポートしてくれた masacova!先生とスタッフの方々に感謝☆ おかげで貴重な家族写真を ステキに残すことができました。 メモリーカードを持ち込んで撮影したので、 データはすべてお持ち帰り。 これは嬉しい!!! しかも、ベストショットはその場でプリントアウト。 無料とは思えない充実ぶりでした。 大満足☆ 今回は無料の体験会でしたが、 カメラ日和学校では赤ちゃん子どもの撮影テクニックを学べる講座もあります。 http://www.camerabiyori.com/school/course/ 現在は募集を締め切っていますが、定期的に開催しているのでチェックしてくださいね。

子ども連れも安心!スマホで時短お店プリント

カメラ屋さんやコンビニで見かける セルフプリントシステム(店頭受付機)は、 すぐに写真をプリントしたいときに便利ですよね。 とりわけ、 スマホの写真プリントにオススメしたいのが 「プリントラッシュ」です。 事前に専用アプリへ写真を取り込んでおけば、 セルフプリントシステムでの操作がとってもスムーズ! 写真の時短プリントが可能なんです。 お近くに「プリントラッシュ」があるかは、 公式サイトの設置店舗検索サービスで 検索してみてくださいね。 プリントラッシュの設置先検索 スマホ写真を店頭でスムーズにプリントするコツは、 事前に写真選定まで済ませること。 では、「プリントラッシュ」を例に やってみましょう♪ セルフプリントシステムを使う前に、 写真選定まで済ませます。 まず、専用の無料アプリ 「FOTOLUSIO Photo Print」 をインストールします。 「FOTOLUSIO Photo Print」 (iPhone)https://itunes.apple.com/jp/app/fotolusio-photo-print/id425147617?mt=8 (Android)https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.dnp.printrush&hl=ja 写真を扱うアプリはメモリを多く使用するので、 起動中の他のアプリは終了しておきましょう。 「FOTOLUSIO Photo Print」に プリントしたい写真を登録します。 ちなみに、私は移動中の電車の中で写真を選びました。 サムネイル一覧から写真を選びづらいときは、 まとめて取り込みましょう。 取り込み後の画面は写真を大きくチェックすることができます。 プリント対象外の写真は削除しておきましょう。 ここで注意して欲しいのが、 写真を取り込んだ後はアプリを終了しないでください。 他のアプリを起動して使う分には問題ありませんが 終了すると選択した写真がリセットされてしまいます。 「プリントラッシュ」の設置店に到着したので、 プリントシステムの操作に入ります。 画面に詳しい手順が表示されるのでご安心を☆ 手順にそってWi-Fi設定を行い、写真を転送します。 写真の転送にかかる時間は、1枚あたり約1秒。 写真のプリントにかかる時間は、1枚あたり約3秒。 とってもスピーディーです。 セルフプリントシステムで写真を選ぶ手間を省くと、 かなりの時間短縮になります。 これなら子連れプリントも大丈夫! 私も経験があるのですが、 子どもを連れて店頭でプリントするのは一苦労。 寝ている隙に・・と思ったら 写真を選んでいるうちに起きてしまい、 大泣きされてプリントを諦めたこともあります。 今回は「プリントラッシュ」で写真の加工にもチャレンジしました。 プリクラのようにスタンプや文字入れができますよ。 分割プリントは最大8画像まで使えます。 この分割プリントは、 普通のプリント(デジカメプリント)とは別なので、 もういちど写真を取り込む必要があるのでご注意を。 もちろん、スマホでフィルタ加工した写真や コラージュした写真をプリントしても楽しいですよ。 プリントした写真は、娘がおばあちゃんに書いた手紙に同封して送りました。 とても喜んでくれて「また送って」と催促されました。 みなさんも夏の思い出をプリントしてみませんか? お子様の成長を写真プリントで残していくと、 思い出はより深くなりますよ。

[п]【口コミ】ママにオススメのフォトブック作成アプリはどれ!?

フォトブック作成アプリのまとめ記事「【保存版】iPhoneユーザー必見!フォトブック注文アプリ5選」をiPhone女史で執筆しました。 iPhoneで撮影する機会が多いので、アプリからフォトブックを注文できるのはすこぶる便利☆ この5個のアプリの中で、「nohana(ノハナ)」はとりわけママにオススメのアプリ。 今回は、2児母の写真バカ・あいこうら(@lovephotobook)が「ノハナ」を口コミします。 ノハナ(nohana) - 毎月1冊無料フォトブック【価格】無料 「ノハナ」がママにおすすめなワケ なんといっても、毎月1冊無料(送料別途)がお財布に嬉しい♪ この無料特典を利用したいから、毎月作ろうという気持ちになる! ↑これがとっても重要!! 万一子どもに汚されても「ま、無料だからいっか~」と大らかな気持ちでいられます。 愛するわが子の写真を表紙に大きく使えるのも良いですね。 誕生日や七五三、旅行などの記念写真よりも 普段の何気ない写真のほうが「nohana」に向いています。 キメ顔写真もいいですが、 変顔や泣き顔、部屋でごろごろしている様子も 後で見返すと面白いですよ。 あんまりしつこく口コミすると勘違いされそうですが、 私は「nohana」の回し者ではありません。 「nohana」アプリを初めて使った時は、生意気にも批判していました^^; でも、品質云々より「1冊無料!しかも毎月!」という太っ腹サービスを続けていることに惚れた! 最近公開された「nohana」のプロモーションビデオも感動しました。 フォトブックを初めて作るママ、 ヘビーユーザーのママ、 挫折経験のあるママ、 写真プリント派のママ・・・ iPhoneママなら一度は「nohana」を使ってみてはいかがでしょう? Androidアプリもまもなくリリースされるとのこと。 待ち遠しいですね☆ ノハナ・フォトブックにする20+1枚の写真を選ぶなら「さくっとアルバム」 無料で使えるiPhone・iPadアプリをぜひお試しください。 写真選びがすいすい さくっとアルバム - かんたん写真整理・無料保存!【価格】無料 ■よろしければ、こちらのnohana(ノハナ)記事も御覧ください。 【作ってみた】ノハナの「高画質写真仕上げ」がキレイ過ぎて小躍り♪ | さくっとふぉとらいふ2014.8.20更新 なにこれかわいい!iPhoneアプリ「かざるノハナ」を使ってみた | さくっとふぉとらいふ2014.6.26更新 ノハナ(nohana)の嬉しいアップロード機能強化!2冊目を作るなら今がお得☆ | さくっとふぉとらいふ2014.4.20更新 ノハナの知っていると役立つかもしれない3つのコツ | さくっとふぉとらいふ2014.2.28更新 毎月1冊無料フォトブックノハナ2年目突入と送料値上げ | さくっとふぉとらいふ2014.2.27更新 【レポート】ノハナmeetupに感謝感激 | さくっとふぉとらいふ2013.5.2更新 速報!ノハナのフォトブック到着 | さくっとふぉとらいふ2013.2.24更新 【iPhoneアプリ】ノハナでフォトブック作り(実践編) | さくっとふぉとらいふ2013.3.7更新 【iPhoneアプリ】ノハナでフォトブック作り・前編 | さくっとふぉとらいふ2013.2.18更新