2017-9-21
dropbox_PC会員登録

[п]Dropbox(どろっぷぼっくす)デビューでiPhone写真500枚分の保管スペースを手に入れよう!

Dropboxは、無料で2GBの自分専用スペースをインターネット上に作成できるサービスです。 友達紹介特典で会員登録すると500MBのスペースを追加でもらえます。 つまり、Dropboxデビューと同時に2.5GBのスペースをゲットできるチャンス☆ 2.5GBがどれくらいの大きさかというと、iPhone写真の約500枚分です。 (iPhone4s,5,5c,5sの背面カメラで撮影した写真を1枚5MBで計算) 写真のサイズは撮影した内容によって変わるので、500枚以上を保存できる場合もあります。 この約500枚分のスペースをiPhoneとPCの共有スペースとして、あるいは写真のバックアップとして活用してみませんか? 友達紹介特典をゲットしてDropboxデビューしよう 下にあるDropboxのロゴをクリックしてDropboxのサイトにアクセスし、会員登録を行いましょう。 ここから会員登録すると、友達紹介特典で500MBの追加スペースを手に入れられます。 登録に必要な情報は3つだけ。 ①メールアドレス ②名前 ③パスワード 大切な写真を保管するので、パスワードは類推しづらいものにしましょうね。 iPhoneの会員登録画面 PCの会員登録画面 会員登録が完了すると、登録したメールアドレスの以下の写真のようなメールが届きます。 この「Dropboxをインストールする」は、今の段階では無視して構いません。 PCの写真をDropboxにアップロードしてiPhoneで表示する では、Dropboxを使ってみましょう! まずはソフトやアプリをインストールせず、Webブラウザ上で操作します。 PCからDropboxサイトにアクセスして、会員登録したメールアドレスとパスワードでログインします。 次に、右上のアップロードボタンをクリックします。 「ファイルを選択」をクリックして、PCにある写真を選択します。 アップロードが自動的に始まります。 Dropboxに写真が登録されました! \(^o^)/ iPhoneからDropboxサイトにログインして確認してみましょう。 ファイル名をタップすると写真を表示できます。 このように、インターネットのつながる環境であればPCとiPhoneの間で簡単に写真をやりとりすることができます。 次は、専用アプリを使ったもっと便利な共有方法を紹介しますね。 以前の記事に、Dropboxの魅力について書いたので併せてご覧下さい。 ケーブル不要!PCとiPhoneの写真を便利に操るDropbox(どろっぷぼっくす)とは? | さくっとふぉとらいふ2014.5.28公開
カメラロールからDropboxへ写真ビデオを保存

iPhoneのカメラロールから写真・ビデオを直接Dropboxに保存する方法

Dropbox公式のiPhone・iPadアプリのアップデート通知に思わずニンマリ♪ 2015年2月17日に公開されたバージョン3.7では、待望の「Action Extension」に対応しました。 これにより、標準「写真」アプリのカメラロールから直接、写真や動画をDropboxへ保存できます。OH!便利!! ただし、「Action Extension」はiOS8の機能なので、お使いのiPhone・iPadがiOS7以前の場合は、Dropboxを最新バージョンにアップデートしても利用できませんのでご注意を。 カメラロールから写真・ビデオをDropboxへ保存するには まずは、iPhone・iPad・iPod touchのバージョンがiOS8以上であることを確認します。 続いて、Dropbox公式アプリを最新バージョンへアップデートしましょう。 Dropbox↑執筆時(2015.2.18)の【バージョン】3.7【価格】無料 Dropboxに保存したいカメラロールの写真・ビデオを表示し、左下のシェアボタンをタップします。 あれ?Dropboxのアイコンがありませんね。 こんなときは初期設定を行ないましょう。 下にある「その他」をタップします。 「Dropboxに保存」を有効化します。(緑色の状態) 頻繁に使うようであれば、三本線をタップして並び替えておくと良いですよ。 初期設定を終えたら完了ボタンをタップします。 これで表示されるようになりました! 「Dropboxに保存」をタップしましょう。 Dropboxの保存画面があらわれました。 ファイル名をタップするとファイル名を変更することもできます。 必要であれば「別のフォルダを選択してください」をタップして保存先のフォルダを変更しましょう。 最後に右上の「保存」ボタンをタップすると、アップロードが始まります。 Dropbox公式アプリで確認してみましょう。 ファイルが保存されています。 ビデオも同様の手順でDropboxに保存できますよ。 カメラロールからDropboxへ写真・ビデオを保存するときの注意点 執筆時点(2015.2.18)のDropbox公式アプリ最新バージョン3.7では、複数の写真・ビデオをまとめてカメラロールからDropboxに保存することはできません。 複数選択してシェアボタンをタップすると、「Dropboxに保存」ボタンがあらわれません。 複数の写真・ビデオをまとめて保存できないのは残念・・・。 とはいえ、Dropboxアプリを起動しなくても、カメラロールで写真・ビデオを確認しながら素早くアップロードできるのは便利! 今後のアップデートで複数ファイルの保存に対応することを期待しています☆

[п]ケーブル不要!PCとiPhoneの写真を便利に操るDropbox(どろっぷぼっくす)とは?

写真整理アプリ「さくっとアルバム」のiPhone版リリースに向けて、着々と準備を進めるあいこうらです。 iPhone版「さくっとアルバム」の推し機能のひとつに、Dropbox連携があります。 「どろっぷぼっくす?なにそれ、新しいお菓子??」 ・・・と、あいこうらの周りではまだ浸透していない「Dropbox」。 写真をPCにもスマホにも保存している方にはぜひ使ってもらいたいので、初心者でもわかりやすいように何回かに分けて書いていきます。 (`・ω・´)キリッ 今回は、「Dropbox」の説明とメリット、なぜiPhone版「さくっとアルバム」にDropbox連携機能を付けたのかを説明しますね。 Dropboxってなに? 世界規模で人気のオンラインストレージサービスです。 インターネット上にファイルを保存してPCやスマホ、タブレットとの共有が可能で、2GBまで無料で使用することができます。 有料プランを契約すると保管容量を追加することができます。 特典を上手く活用すると容量を増やすことができるので、まずは無料プランからデビューしてみましょう♪ Dropboxを利用するメリット iPhoneなどのスマホとPCとのデータ共有が超絶スムーズ インターネット上のサービスなので、ケーブル不要! あいこうらは、このために使っています。 他の人とのデータ共有も至極スムーズ リンクをシェアしたり、共有フォルダを作ったり・・PCやスマホなどの機器だけでなく人とのやりとりもらくらく円滑。 バックアップとして活用できる オリジナルデータを保存できるので万一の備えに最適! 利用者が多くて対応端末や連携アプリが豊富 2013年7月時点でユーザー数は1億7500万人!! 老舗のストレージサービスなので安心感があります。 iPhone版「さくっとアルバム」がDropbox連携するワケ 手間なく素早くPC写真をiPhoneに取り込むため。 そして、かんたんにiPhone写真をPCへ保存するため。 つまり、iPhoneとPCをケーブル接続よりももっと便利な方法でつなげたかったのです。 「Dropbox」はインターネットがつながる環境さえあれば、PCの写真をiPhoneで使うことも、その逆も可能です。 PCとiPhoneが同じ場所になくてもOK! iPhone版「さくっとアルバム」がリリースされたら「Dropbox」連携を活用してもらいたいので、次は「Dropbox」のデビュー方法を紹介しますね。 追記:「Dropbox」を初めて利用する手順をまとめました。併せてご覧ください。 Dropbox(どろっぷぼっくす)デビューでiPhone写真500枚分の保管スペースを手に入れよう! | さくっとふぉとらいふ