2017-9-20
人物写真イメージ

26人のママから子ども写真のデータをスムーズに集めるために実践した4つのこと

子どもが通うクラスで、各家庭から写真データを集めてアルバムを作りたい! そんなとき、どうする? 今回は、娘が通う保育園の謝恩会に向けて準備を進める私が試行錯誤した、写真データ収集作戦について書きます。 はっきり言って、「さくっと」できるような内容ではありません! でも、少しでも参考になれば嬉しいです。 写真募集を一度で済ます! 謝恩会は、子どもたちの卒園を祝い、お世話になった先生を招いてもてなす保護者主催の一大イベント。 私がリーダーを務めるアルバム係にとって、思い出の写真は必要不可欠です。 でも、他にも写真を活用したい係がいるのでは?! 写真の募集をかける前に、他にも写真の利用を予定する係がいないか確認すると、企画係と文集係からも要望が挙がりました。 そして、3つの係合同で写真を集めることになりました。 このように連携すれば、写真の募集も一度で済みます。 利用用途に応じて、同じ写真を使い回しても良いし、その逆でかぶらないように調整できます。 募集する写真の条件は具体的に! 「お気に入りのお子さんの写真3枚ご提供ください」 そう言われると、悩みますよね? そこで、写真の募集内容はこのように指定しました。 1.◯◯クラスの頃の写真1枚 2.△△クラスの頃の写真1枚 3.運動会で◇◇の衣装を身につけた写真1枚 ※すべて園に関係のある写真にしてください(家族旅行などはNG) さらに、写真の利用イメージと説明文も付け加えました。 1.2.の写真は、企画のビデオ映像で使用します。 写真や写真のテロップコメントを見ながら、各学年の思い出を振り返りつつ、園や先生への感謝の気持ちを伝えるスライドにすることを目的としています。 どのように使われるかがわかると、安心感があるし、写真も選びやすくなりませんか? 写真募集の期間は週末を2回はさむ! 写真の募集期間は10日間とし、金曜日にスタートしました。 今回、写真提供をお願いするママの8割が働いています。 平日に写真を選ぶ余裕はなかなかありません。 スマホや携帯にある最近の写真であれば提供しやすいですが、最大6年間の写真の中から選ぶとなると、どうしても時間がかかります。 また、「パパと一緒に写真を選びたい」「写真の提供作業はパパに任せたい」という家庭もあるので、 休日を多く挟んだスケジュールにこだわりました。 募集期間が長過ぎると動きが鈍くなるので、10日から2週間が妥当かなと思います。 結果的に、最初の土日だけで、半数以上のママに写真を提供していただけました。 次の土日の前(締め切りの3〜4日前)に、リマインドメールを送る予定です。 写真集めの方法もわかりやすく! 今回は、謝恩会で流すビデオ映像、記念品のフォトブック・文集に利用するため、プリント写真ではなく写真データを集めることが最大の目的です。 メール? Webアルバム? LINEやFacebook? USBメモリー? 写真データを集めるには様々な方法があります。 ここで考慮したいのが、PCやスマホ・携帯操作が苦手な人が迷わずに写真データを提供できるかということ。 私も、当初はメールで写真を集めることを検討していました。 でも、写真をそのままメールに添付するとサイズが大きすぎてエラーが生じてしまうことも。 写真サイズを自動で縮小するメールソフト(アプリ)もありますが、 写真が劣化して利用しづらくなる場合もあります。 メール添付の手順書を作ろうかと思いましたが、苦手な人にとってはそれを読み解くのも一苦労。 例えば、裁縫が苦手な私は服作りの本を読んでも、その通りにはできません・・・。 そこで私、写真登録専用フォームをWebページに作っちゃいました。 裁縫が苦手な私ですが、専用キットを使ってコップ袋を作ったことがあります。 コップ袋を作るための生地・ひもとマニュアルのおかげで、迷わずに作れたことを思い出したのです。 そんな専用キットのように、入力項目に沿って登録するだけで写真の投稿ができる専用フォームであれば迷わないはず! シンプル・イズ・ベスト! 必要な情報しか載せていません。 凝っていないから、PCもスマホも携帯もアクセスOK! 先行して写真を登録してもらったママたちには、「わかりやすい」と好評でホッとしました。 質問を受けた内容は「よくある質問」として冒頭にまとめています。 プリント写真のデータ化が戸惑うポイントなので、家庭用プリンターのスキャナを使うか、デジカメでプリント写真を撮影する方法を案内しています。 ちなみに、写真登録専用フォームは、Wordpressで作成し、「Contact Form 7」「Contact Form DB」というプラグインを使用しています。 登録画像を一括管理するために、プラグインのソースを修正しています。 マニアックでごめんなさい。 とまぁ、私は専用のWebページを作ってしまいましたが、外部のサービスを使うなら「30days Album」がおすすめ。 こーゆー便利なサービスがもっと増えて欲しいと切に願います。 無料で利用できますが、オリジナルサイズの写真をダウンロードするには有料プランを申し込む必要があります。 写真共有・保存サービス 30days Album 人数が多くなると収集の手間がかかるので、写真の募集内容と応募の手順がどれだけわかりやすいかがカギ。 質問が殺到したり、目的と異なる写真ばかり集まると、困りますからね。 写真集めは大変ですが、集まった写真を見るのは楽しい♪ 無事に写真を集められたら、次はアルバム作りに励みます!

[п]【使ってみた】キャンペーン開始前に30days Album有料プランへ申し込んだけど満足なワケ

友達がカメラで撮った写真を「シェアして欲しいなー」と思ったことはありませんか? 特に、自分が写った1枚は思い出として手元に残しておきたい。 +。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+゚ あいこうらは、基本的に写真をシェアする側なので、友達から写真をもらうと感激します。 ■30days Albumを友達にリクエストされて 先日、お友達家族5組と親子ランニング大会に参加しました。 といっても、私は走るのが苦手なので子守と応援部隊。 そして、写真撮影に大ハリキリ。 撮った写真はその日のうちに、友達とシェア。 今回も30days Albumを使いました。 安心&スピーディー!喜ばれるオンライン写真シェア術 | さくっとふぉとらいふ2014.3.19更新 すると、私がシェアしたアルバムに、友達2人がデジカメで撮った写真を追加してくれました。 。+°(喜´∀`)人(´∀`嬉)°+。 おかげで、自分が写った貴重なショットをゲット(笑) 実は、30days Albumのプロプラン契約が3月末で切れていたので、別のオンラインアルバムを使おうかと考えていたあいこうら。 でも、友達から30days Albumでのシェアをリクエストされたのです。 (時系列で)見やすいし、 (操作が)わかりやすいから、 あのアルバムなら(自分のデジカメで撮った)写真を追加できそう そう言われたら、30days Albumにしますよ。 有料のPROプランしましたよ。 しかも、お得な1年契約。 写真バカなあいこうらですが、オンラインアルバムを作って写真をシェアする機会はそんなに多くはありません。 ただ、また、こうして友達と写真を共有しあえたらいいなぁと思ったのです。 ■たとえ直後にキャンペーンがはじまっても というわけで、30days AlbumのPROプランを 勢いよく再開した5日後、キャンペーンの開始を知りました。 『アルバム作り放題のPROプランが今だけ5ヵ月無料に!GWの写真は 30days Album へ!』 PROプランの機能・サービス | 30days Album™ `;:゙`;:゙;`(゚Д゚*) キャンペーン期間中にPROプランへ申し込むと、12ヵ月コースなら14ヶ月分、24ヵ月コースなら29ヶ月分利用できるそうです。 キャンペーンは、5月12日月曜日23:59まで。 い、いいなぁ… く、悔しくなんかないですよ。 ・゚・(゚`Д´゚)・゚・ このブログのネタにできたし、友達と楽しい思い出写真をシェアしあえたんだし。 まんぞく、満足! 。+゚(゚⊃ω⊂゚)゚+。スンスン
30daysイメージ

安心&スピーディー!喜ばれるオンライン写真シェア術

写真を使ったコミュニケーション術。今回はiPadアプリ「さくっとアルバム」と写真共有サービス「30days Album」を使った写真シェアの方法を紹介します。