2017-8-17
iPhone・iPad写真機能解説

iPhone・iPad写真機能解説

写真アプリの顧客サポート経験を生かしてiPhone・iPadの写真機能を中心にわかりやすく解説します。

[п]もう大切なデータを失わない!iTunesバックアップでiOS8デビューも安心

iOS8公開直前の今だからこそ!過去の失敗から身をもって学んだバックアップの必要性を語ります。メジャーアップデートの実行前にバックアップ作成を忘れずに☆
標準写真アプリ「アルバム」iOS8からiOS9の変化

iOS9の写真ライブラリはここが変わった!注目したい9つの機能と注意点

iOS9はマルチタスク機能やメモアプリの多様化が注目されていますが、iPhoneの写真ライブラリはどのように変わったのでしょう?今回は「iOS9における写真ライブラリの変化」を9つ紹介します。

[п]あなたは使う?使わない?iPhone「自分のフォトストリーム」の特徴とオススメユーザー

当記事は2014年4月18日時点の情報をもとに、iPhone5(iOS7.1)を使用して執筆しています。 最新のiOS、iPhone(iPad/iPod touch)とは異なる場合がありますのでご注意ください。 iPhoneにはフォトストリームという便利でチョット分かりづらい機能があります。 あいこうら(@lovephotobook)は以前、iPhone写真のバックアップにフォトストリームを活用する記事を書きました。 データ紛失で痛感!iPhone写真のバックアップはやっぱりフォトストリーム利用がベスト! | iPhone・iPadアプリ×こども写真2014.2.6更新 でも、利用環境によってはフォトストリームをオススメできない場合もあります。 「ベスト!!」なんて言っておきながらゴメンナサイ。 そこで今回は、フォトストリームの機能をおさらいして、どんなユーザーに向いているかを書こうと思います。。 フォトストリームとは? 写真を共有するための機能で、利用にはiCloudアカウントが必要です。 「自分のフォトストリーム」と「共有フォトストリーム」があり、前者は同じiCloudアカウントを設定した端末間で写真を共有できます。 後者は特定の人物間、もしくは誰とでも写真を共有できます。 では、今回も「自分のフォトストリーム」について説明していきます。 「カメラロール」と「フォトストリーム」の違い カメラロールは、標準の写真アプリにあるアルバムです。 標準のカメラで撮影した写真・動画(ビデオ)、他のアプリから保存した写真・動画(ビデオ)はすべてここに登録されます。 自分のフォトストリームは、カメラロールの写真を他の端末と共有するためのアルバムです。 「自分のフォトストリーム」の特徴 1.利用開始の設定が必要 「設定」アプリからiCloudアカウントを登録し、「自分のフォトストリーム」を有効化すると利用できます。 2.カメラロールの写真をWi-Fi接続時に自動保存 「自分のフォトストリーム」に手動で写真を追加することはできません。 また、カメラロール以外のiTunes同期した写真は保存されません。 Wi-Fi環境以外で撮影(保存)したカメラロール写真は、Wi-Fi接続時に「自分のフォトストリーム」へ同期します。 3.最大1,000枚30日間保存の容量制限 「自分のフォトストリーム」の保存枚数は最大1,000枚まで。 超過すると古い写真から順に削除されます。 また、「自分のフォトストリーム」の保存期間は最大30日間で、超過した写真は削除されます。 つまり、「自分のフォトストリーム」は、直近の1,000枚以内、かつ、保存から30日以内の写真に限られるということになります。 4.動画は保存できない 「自分のフォトストリーム」に動画を保存することはできません。 5.2048ピクセル以下にリサイズされる iPhone上の「自分のフォトストリーム」写真は、解像度が2048ピクセル以下に縮小されます。 6.撮影日順に並ぶ カメラロール写真は保存(登録順)ですが、自分のフォトストリーム写真は撮影日順に自動で並び替えられます。 撮影日情報が無い場合は、カメラロールへの保存日で並び替えます。 自分のフォトストリームはカメラロール写真のバックアップになるのか? 間違ってカメラロールの写真を削除しちゃった! iPhoneのバックアップはとっていないっ! il||li (つω-`*)il||li うーん、焦りますよね。私も経験があります。何度も。 そんな時に「自分のフォトストリーム」は役立つかもしれません。 。+゚☆。+゚☆ндρρчヽ( *´∀`*)ノндρρч☆゚+。☆゚+。 しかし、上記のような特徴がある「自分のフォトストリーム」なので撮影日(保存日)が古い写真は残っていない可能性があります。 最新の写真でも撮影(保存)後にWi-Fi接続していないと「自分のフォトストリーム」に保存されませんし、動画は対象外。 ガ━━Σ(o゚Д゚op)p━━ン!! だから、「自分のフォトストリーム」を「カメラロール」のバックアップと安易に考えるのは危険です。 「自分のフォトストリーム」って使った方がいいの? 他の端末でiPhone写真を使いたいときに「自分のフォトストリーム」はとっても便利☆ 以下の3点をすべて満たすiPhoneユーザーに「自分のフォトストリーム」利用をオススメします。 Wi-Fi接続を使うことが多い iPhoneからMacやWindowsPCへ写真を読み込む頻度が多い、もしくはiPhone以外にiPad・iPodtouch・AppleTVを所有している iPhoneの容量に余裕がある 実は「自分のフォトストリーム」ってiPhoneの容量を使用するんです。 1,000枚の写真を保存していた私は、1GB以上使っていました。 自分のフォトストリームは他の端末との共有を目的とした機能なので、iPhoneだけの利用には向きません。 カメラロールのバックアップは、iCloudバックアップや他のオンラインストレージサービスを検討しましょうね。 【PR】カメラロールの写真・ビデオを隠してスッキリ! 見られたくない写真や動画を隠す鍵付きアルバム - さくっとシークレット - Ms, Inc. iPhoneにあるプライベートな写真やビデオをスムーズに退避できる「さくっとシークレット」を使ってみませんか?ダウンロードは無料です。  

iPhone写真をすぐにプリントできる「AirPrint」が超絶便利

思い立った時にすぐiPhone写真をプリントできる簡単お手軽「AirPrint」。 今回はその魅力と、AirPrint対応プリンタ「SELPHY(セルフィー) CP910」の使用例を紹介します。
さくっとシークレット

未整理のカメラロールをすばやくキレイに片付けられる写真アプリ「さくっとシークレット」

写真・ビデオのフォルダ整理とプライバシーの保護に、iPhone初心者でもかんたんに使えるアプリ「さくっとシークレット」を口コミします。