2017-10-20
iPhone・iPad写真機能解説

iPhone・iPad写真機能解説

写真アプリの顧客サポート経験を生かしてiPhone・iPadの写真機能を中心にわかりやすく解説します。

iTunesやiCloudフォトライブラリを使わずにPCからiPhoneへ写真・動画を転送する6つの方法

PCにある写真・動画(ビデオ)をiPhoneで使いたい!「iCloudフォトライブラリ」や「iTunes」を使わずに、PCからiPhoneへ写真を転送する方法をまとめました。

iOSアップデートで消えた「自分のフォトストリーム」を復活させてiCloudの空き容量を増やす方法

iOS8.3へのアップデートで「自分のフォトストリーム」が消えた場合は、iCloudフォトライブラリをオフにするだけではNG。その対処法を詳しく紹介します。
iPhoneiPadのAirDropイメージ

[п]iPadからiPhoneにアルバム写真を送る4つの方法

あいこうらが企画したアプリ「さくっとアルバム」のユーザー様から、「iPadのアルバム写真をiPhoneで使うにはどうしたらいい?」という問い合わせをいただきました。 以前、このブログで「iTunesを使わずにPCからiPhoneへ写真を転送する3つの方法」を紹介しましたが、iPadからiPhoneに写真を送る方法は4つあります。 ※2014.10.28追記 iOS8.1の新機能iCloudフォトライブラリ(ベータ版)登場によりiPadとiPhone間で写真を同期することができます。 iOS8.1新機能「iCloudフォトライブラリ」ベータ版を使い始める前に確認したい3つのこと | さくっとふぉとらいふ2014.10.21公開 iPhoneからiPadへ写真を転送する場合も同じ方法を使えるので、知っていると写真のやりとりがスムーズになりますよ。 今回あいこうら(@lovephotobook)は、iPadの標準「写真」アプリに作成したアルバムの写真50枚をiPhoneに保存する方法を色々と試してみました。 その方法を、おすすめしたい順に紹介していきますね。 1.AirDropを使用する iPadとiPhoneがどちらも手元にあるなら最もかんたんな方法。 ただし、利用できるのはiOS7搭載の一部の機種に限られます。 「AirDrop」の詳しい手順は公式サイトを確認しましょう。 iOS:AirDrop を使ってワイヤレスでコンテンツを共有する 標準の「写真」アプリから操作できるので、わかりやすくてお手軽。 枚数が多いと、アルバム写真を一括選択できないのがツライかな・・。 2.オンラインストレージなどのWebサービスを利用する 会員登録したインターネットサービスの専用スペースを活用する方法です。 こちらは、iPadとiPhoneが近くになくても大丈夫! iPadの写真をアップロードして、iPhoneから取り出します。 あいこうらは「Dropbox」を活用しています。 インターネットのつながる環境下であればiOSのバージョンや機種を問わずに利用できるし、PCからもアクセス可能。 ただし、写真を大量に転送する場合、3G・4G・LTEなどのモバイルデータ通信はおすすめしません。 Wi-Fi接続を利用しましょうね。 3.共有フォトストリームを使用する こちらもインターネット接続が必要ですが、Apple社のサービスなので標準の「写真」アプリで簡単に共有することができます。 サイズが大きい写真は自動的に縮小してアップロードされます。 共有フォトストリームを利用して写真を送る場合は、iCloudアカウントが必要です。 詳しい手順は公式サイトを確認しましょう。 共有ストリームを作成する - iCloudヘルプ 受信する側が共有フォトストリームの設定を有効にしている場合、「写真」アプリで表示することができます。 4.写真転送機能のあるアプリを利用する iPadとiPhoneに同じアプリをインストールし、受信側もアプリを起動させた状態で写真を転送します。 インターネットがつながらない環境下でも転送が可能です。 あいこうらがオススメするアプリは、「iPhoto」。 iPhoto↑執筆時(2014.6.6)の【バージョン】2.0.1【価格】¥500 Apple社のアプリなので信頼感がありますね。 iPhotoは有料アプリですが、一部の端末は無料でダウンロードできますよ。 多機能な写真アプリなので、iPhone・iPadにひとつあると便利です。 人気の高い写真転送アプリは「フォトシンク(PhotoSync)」。 フォトシンク(PhotoSync)– コンピュータ、iOS デバイス、Android デバイス、Google、Dropbox、Picasa、Flickr、OneDrive、WebDav、FTP、その他沢山のサービスとの間で写真やビデオをワイヤレス転送↑執筆時(2014.6.6)の【バージョン】2.2【価格】¥300 有料アプリなだけあって、操作性も良く安定していました。 「iPhoto」も「PhotoSync」もユニバーサルアプリなので、iPhone/iPadどちらでも利用できます。 同じAppleIDであれば、一度購入するだけでOKですよ。 無料アプリも試したのですが、上手く転送できなかったり、強制終了したりと不具合が続いて断念・・。 これではオススメできません(T_T) まとめ 実際に4つの方法を試した結果、AirDropを使った写真転送が圧倒的にかんたんでした。 無料で利用できるし、インターネットがつながらなくてもOK! AirDrop非対応のiPad・iPhoneは、Wi-Fi接続が使えるならDropboxや共有フォトストリームなどのオンラインサービス。 Wi-Fi接続が使えない場合は、写真の転送機能があるアプリを活用しましょう。 他にも方法を見つけたら、ブログで紹介していきますね。 ※2014.10.28追記 iOS8.1の新機能iCloudフォトライブラリ(ベータ版)登場によりiPadとiPhone間で写真を同期することができます。 詳しくはこちらの記事を御覧ください。 iOS8.1新機能「iCloudフォトライブラリ」ベータ版を使い始める前に確認したい3つのこと | さくっとふぉとらいふ2014.10.21公開 【PR】カメラロールの写真・ビデオを隠してスッキリ! 見られたくない写真や動画を隠す鍵付きアルバム - さくっとシークレット - Ms, Inc. iPhoneにあるプライベートな写真やビデオをスムーズに退避できる「さくっとシークレット」を使ってみませんか?ダウンロードは無料です。  

iOS8.0アップデートでアルバムから消えたカメラロール&フォトストリーム写真の対処法(追記あり)

iOS8アップデートで標準写真アプリのアルバムから消えた旧[カメラロール][自分のフォトストリーム]写真の対処法を紹介します。
標準写真アプリ「アルバム」iOS8からiOS9の変化

iOS9の写真ライブラリはここが変わった!注目したい9つの機能と注意点

iOS9はマルチタスク機能やメモアプリの多様化が注目されていますが、iPhoneの写真ライブラリはどのように変わったのでしょう?今回は「iOS9における写真ライブラリの変化」を9つ紹介します。