2017-7-26

フォトジェニックなセルフ撮影ブース再び!「スタジオノハナ 2017SUMMER」の注目ポイント

無料フォトブックサービスで人気の「ノハナ」が期間限定で撮影スタジオをオープン。昨年開催の「スタジオノハナ」でフォトブックやインスタ映えする写真をたくさん撮ることができて大満足♪更にパワーアップした「スタジオノハナ」の注目ポイントを口コミします。

人気フォトグラファーの赤ちゃん・子ども写真の撮影テクニックがスゴかった

ソーシャル女子会Vol.4「大切な今を切り撮ろう、親子カメラ会」に参加して学んだ赤ちゃん・子どもの撮影テクニックが大変参考になったので口コミします。
Exciting Week with 三菱鉛筆 at キッザニア東京 「ポスカ」と「ポンキーペンシル」イベントイメージ

ポスカとポンキーペンシルで夏のフォトカード作り『思い出を楽しくかざろう!』を体験した3歳&6歳に密着

キッザニア東京で開催された夏のフォトカード作り『思い出を楽しくかざろう!』に3歳と6歳の姉妹がモニター参加しました。今回はその様子を口コミします。

カメラの祭典「CP+2015」に紛れ込んだ主婦が注目する「EXILIM EX-ZR1600」

日本最大のカメラと写真映像の展示会「CP+」に今年も潜入してきました。 しかも、初日です。 第1弾潜入レポートは、写真を撮りすぎる主婦・あいこうら(@lovephotobook)が「欲しい!」と熱視線を送るデジタルカメラ「EXILIM EX-ZR1600」を紹介します。 ほしい理由その1:撮ると同時にスマホへ写真転送 私はいまWi-Fi機能付きSDカードを使ってデジカメ写真をiPhoneに転送しています。 すごく便利で、写真を見る機会が増えました。 ただ、接続環境によってはiPhoneにひと手間必要になるんです。 「EXILIM EX-ZR1600」はWi-Fiだけでなく、Bluetoothも使えるからiPhoneへの写真転送がよりスムーズ! 専用アプリ「EXILIM Connect」をインストールして初期設定を行うと、撮った写真が自動的にiPhoneへ保存されるから手間いらず。 (↓ステージでは、そのスゴさを紹介する寸劇が行われていました) さらに注目は、その専用アプリがアルバムアプリ「Scene」と連携していること。 Scene ありそうでなかった、写真アプリ↑執筆時(2015.2.17)の【バージョン】3.10【価格】無料 「Scene」は写真の整理と共有に優れた無料のiPhone・Androidアプリです。 カメラメーカーの写真転送アプリって、写真を受信する以外の機能はオマケというか…はっきりいって使いづらいんです。 だから、人気のアルバムアプリと連携した「EXILIM Connect」は賢い!と思ったのです。 Scene<シーン>ありそうでなかった、写真アプリ ほしい理由その2:チルト液晶とフロントシャッターで親子撮り! 子どもと一緒に写真を撮るときに便利な自分撮り機能。 でも、スマホのフロントカメラは画質が劣るんですよね。 とはいえ、自分撮り棒を使うほどではない。 (子供がいたずらすること確実だし、おばはんが使うと恥ずかしい) 「EXILIM EX-ZR1600」は液晶画面を180度まで開けるから自分撮りに最適☆ しかも、シャッターボタンが本体前面にあるから押しやすい! 美肌撮影もできるし、これなら安心して親子写真を撮れるかも。 「CP+」の会場内には、魅力的なカメラが盛りだくさん。 ただ、どれも本格的すぎて主婦が日常的に持ち歩くようなカメラではありません。 私はいま、子ども2人連れて、ミラーレス一眼を首からぶら下げてお出かけしていますが、とっさの行動で子供にカメラをぶつけてしまうこともしばしば…。 最近は土日もiPhoneで撮影することが増えました。 日常的な写真はiPhoneで十分と思っていましたが、デジカメのほうが、ズームも自分撮りも室内撮影も断然キレイなんですよね。 だから、スマホとの連携に優れた、スマホに代わるデジカメとして「EXILIM EX-ZR1600」が「欲しい!!」と思いました。 発売は2015年3月20日で、店頭販売価格は4万円前後とのこと。 んー、どうやって費用を捻出するか…。

フォトブックセミナーで40分の講演を務めた私が戦い得たもの

フォトブック普及協議会が主催する「フォトブックセミナー」で講演を務めたとき、フォトブックやiPhone写真活用術について語らせていただきました。今回はその一部始終を紹介します。