iPhoneから間違って削除した写真・動画を取り戻す方法

705

あれ?iPhoneで撮ったあの写真・動画がない!
もしかすると間違って削除したかも?!

私はそんな経験が何度もありますが、最近は落ち着いて対処できるようになりました。
失敗は人を強くする?!

というわけで、今回は操作ミスや本体の水没・故障などでiPhoneから消えた写真・動画を取り戻す方法を全力で口コミします。


最初に、Wi-Fi接続をオフにする


操作ミスで写真・動画を削除に気づいたときは、Wi-Fi接続をオフにしましょう。
iCloudバックアップなどiCloudの同期機能を止めておくと安心です。

1.「最近削除した項目」を確認


操作ミスで「カメラロール(iCloudフォトライブラリの場合は、すべての写真)」の写真・動画を削除した場合は、最初に「最近削除した項目」をチェックします。

削除から30日以内であればここに一時保存されます。
最大40日間ここに保存される場合もあるので、まずはこのアルバムをチェックしましょう。

※「最近削除した項目」はiOS8で追加された機能です。iOS7以前をご利用の場合は利用できません。

2.「自分のフォトストリーム」「iCloudフォトライブラリ」を確認


「最近削除した項目」に写真・動画が無い場合は、iPhoneの「自分のフォトストリーム」をチェックします。

iCloudフォトライブラリを利用中の場合は、他のiOSデバイスやPCから確認してみましょう。
同期のタイミングが削除の前であれば、写真・動画を取り戻せるかもしれません。
最初にWi-Fi接続をオフにしたのはこのためなんです。

3.(iCloudフォトライブラリを利用していない場合)バックアップを復元する


ここまでの手順で見つからない場合、iPhone本体の水没や故障で初期された場合は、バックアップを復元します。

iPhoneバックアップ復元
iCloudのバックアップはWi-Fi環境下&充電中に自動で作成されます。
過去に作成したバックアップも残っている場合もあります。

ただし、バックアップの復元は、写真・動画だけでなく、iPhone本体の設定や他のアプリもバックアップ作成時点の状態に戻るので注意が必要です。

また、iCloudフォトライブラリを利用中の場合、iPhone標準の写真アプリにある写真・動画はバックアップの対象外なのでこの方法は使えません。

バックアップ復元に関する手順など詳細はAppleの公式サポートサイトをご覧ください。

私はiCloudのバックアップを復元する前に、PCと接続してiTunesにバックアップを作成しました。
誤って削除した写真・動画を取り戻せたら、PCにそのデータを保存して、最新のバックアップを復元するためです。

iPhoneバックアップ復元
写真・動画の復元(ダウンロード)に時間がかかります。
復元を実行した直後は正しく表示されないこともありますが、ダウンロードが完了するまでしばらく待ちましょう。

4.諦めずに探してみる


バックアップを作成していない場合は残念ながら、消えた写真・動画を取り戻すことは難しいです。

…が、思わぬところから取り戻せることもあります。

カメラロールの写真・動画を自動で保存(バックアップ)するアプリをチェックしてみましょう。

Googleフォトやプライムフォト(Amazon)、Dropboxなどのクラウドサービス…

POOL(プール)やiフォトアルバム、Scene(シーン)などのアルバムアプリ…

iCloudフォトライブラリを一度でも使ったことがある場合は、
無効にしたiCloudフォトライブラリをチェック。
一時的に利用したiCloudフォトライブラリは、無効にしても30日間は保存されます。

こうして諦めずに探すことで願いが通じるかも!




写真・動画を誤って削除したり、iPhoneが壊れたときなどはバックアップの必要性を痛感しますよね。

大切な写真・動画が無事に戻りますように!



シェア