スマホからもつくれる高品質フォトブック「アイプリ」に期待がふくらむ

447

2017年1月にリニューアルしたフォトブックサービス「アイプリ(AI Print)」。

スマホからもPCからもフォトブックを作れて、
編集・注文用アプリやソフトのインストールは不要。

aiprint01
気になる品質は、写真をきれいに印刷すると評判のキヤノンの「DreamLabo 5000」を標準使用とのことなので安心。
「DreamLabo 5000」で印刷したフォトブックは「PhotoJewel S」「フォトレボ」「デパ帳」「ノハナ(高画質オプション)」で経験済。
安定の高クオリティー。

「アイプリ」のニュースリリースで「フォトレボ」の姉妹サービスであることを知り、ますます興味がわく。

「フォトレボ」は昨年末にフォトブックを作成し、その高品質っぷりに感動したから。
ただ、「フォトレボ」はスマホからは作れず、Windows PCかMacに専用ソフトをインストールしなければならない。

PC離れが顕著な私にとって(仕事では使っているけど)、
スマホから作れないのは残念に感じていた。

「アイプリ」は商品バリエーションが少なく、
ソフトカバー製の横長(縦14cm×横20cm)タイプのみ。
写真枚数やテキストの文字数に制限がある。
でも、シンプルなつくりなだけに、リピート利用しやすそう。

なによりも、スマホからも作れるのが嬉しい。

商品価格は12ページ980円(税込)〜。
送料は540円〜。
無料のフォトブックケースも付き。

※「アイプリ」のフォトブックの詳しい情報は公式サイト

aiprint02

本文の紙質はサテン紙なので、ノハナの新商品「高画質マット仕上げ」と同じ。
ノハナの高画質オプションと比べると割高に感じるけれど、
「アイプリ」のほうがサイズは(横に)大きいし、横構図の写真は全面プリントできるからね。

試しに作ってみよう
・・・と思う、商品が続々と登場して悩ましい限り。お金欲しい。



シェア