iCloudフォトライブラリの最適化写真・ビデオを他のアプリで使うための裏ワザ

843

iCloudフォトライブラリのリリースから早2年。

私は、直近の撮影写真・動画をiPhoneにできるだけ多く保存しておきたいので、iCloudフォトライブラリを利用しています。
(途中、やめていた時期もありましたが・・)
空き容量対策とバックアップが目的なので、「オリジナルをダウンロード」ではなく「ストレージを最適化」を有効にしています。

私にとってiCloudフォトライブラリはとても便利で欠かせないサービスですが、標準写真アプリ以外では写真・動画が正しく表示されないことがあります。

そこで今回は、iCloudフォトライブラリの最適化データを他のアプリでも扱えるようにする簡単な裏ワザを紹介します。

iCloudフォトライブラリの最適化とは


iCloudフォトライブラリで「iPhoneのストレージを最適化」を有効にすると、iPhone標準写真アプリにあるデータのサイズを自動的に縮小します。

iPhoneの設定アプリでiCloudフォトライブラリを最適化に設定
見た目の大きな変化はありませんが、一部の写真・ビデオは表示用サムネイル(小さなサイズのデータ)に置き換えられ、オリジナルデータはiCloud上に保管されます。

最適化されたデータを表示することはできますが、そのままの状態では編集や再生することはできません

下の例では、4つのピンク色の枠がオリジナルデータ(フル解像度の写真)で、それ以外は最適化されています。

iCloudフォトライブラリの最適化写真サンプル
iCloudフォトライブラリの最適化に対応していないアプリから参照すると、4つのピンク枠の写真以外は表示されません。

iCloudフォトライブラリの最適化写真サンプル
iCloudフォトライブラリに対応したアプリも増えていますが、他のアプリで使用したい写真・ビデオはあらかじめオリジナルをダウンロードしておいたほうがスムーズです。

iCloudフォトライブラリの最適化データを他のアプリで使う前にやっておくこと


オリジナルデータのダウンロードは、下記のa.またはb.のタップ操作だけでOKです。

a.iPhone標準写真アプリの編集機能を利用する

写真・動画を拡大表示(1枚表示)して、画面下の編集ボタンをタップします。

写真・動画を拡大表示(1枚表示)して、画面下の編集ボタンをタップ
最適化画像の場合、「ダウンロード中」という表示があらわれるので、ダウンロードが完了するのを待ちます。

ダウンロード中の表示
ダウンロードが完了したら、画面左下のキャンセルボタン(×印)をタップします。

b.iPhone標準写真アプリの共有機能を利用する


アルバムの写真一覧画面、またはモーメントで、画面右上の「選択」ボタンをタップして、オリジナルデータをダウンロードしたい写真・動画を選びます。
選び終えたら、画面左下の共有ボタンをタップします。

iPhone標準写真アプリで写真・動画を選択して共有ボタンをタップ
共有メニューがあらわれるので、中段に表示されているアプリのいずれかをタップします。

iPhone標準写真アプリで写真・動画を選択して共有ボタンをタップ
「準備中」という表示があらわれるので、しばらく待ちます。

iPhone標準写真アプリでオリジナルデータをダウンロードする「準備中」の表示
ダウンロードが完了したら、共有画面をキャンセルします。




以前は、iPhone標準写真アプリで写真・動画を1枚表示(拡大表示)にすると時計のようなマークがあらわれて、オリジナルデータをダウンロードできました。

iPhone標準写真アプリでオリジナルデータをダウンロードする「準備中」の表示
でも、iOS9やiOS10では、1枚表示にしただけではオリジナルデータをダウンロードできない場合があるようです。

上記で紹介した裏ワザを使えば確実にオリジナルダウンロードできるので、覚えておくと慌てずに済みますよ。



シェア