フォトストリームとの比較でわかるiOS8.3「iCloudフォトライブラリ」のメリットと注意点

21573

2015年4月9日未明にiOS8.3がリリースされました。

今回のアップデートでは、「バグ修正」「パフォーマンス向上」「絵文字の追加」が注目されていますが、それだけではありません。
IMG_0903
iCloudフォトライブラリ」のベータ版提供が終了し、Macと連携可能な正式版となりました。
IMG_0915
※追記(2015.4.10)
iOS8.3アップデートとiCloudフォトライブラリの利用で消えた「自分のフォトストリーム」を元に戻す方法について別記事にまとめました。
よろしければこちらも御覧ください。


iOSアップデートで消えた「自分のフォトストリーム」を復活させてiCloudの空き容量を増やす方法 | さくっとふぉとらいふ


「iCloudフォトライブラリ」とは?


iPhone・iPad・iPod touchにある写真・ビデオをすべて、オンラインストレージ「iCloud」で管理し、Macと同期することができます。

スナップ写真やスローモーションビデオ、セルフポートレイトをiPhoneで撮影すると、それらが自動的にiCloudフォトライブラリにも追加され、あなたのMac、iOSデバイス、iCloud.com上に現れます。

引用:Apple – OS X – 写真 プレビュー

ん?似たような機能があるような??

そうなんです、iCloudを利用した写真サービスには「自分のフォトストリーム」という古株がいます。

「iCloudフォトライブラリ」と「フォトストリーム」の違い


どちらも、同じiCloudアカウントのMac・iPhone・iPad・iPod touch間で、Wi-Fi接続時に最適化した(データサイズを小さくした)写真を同期します。

大きな違いは、「自分のフォトストリーム」はカメラロールを同期する”アルバム”ですが、「iCloudフォトライブラリ」は”アルバム”ではありません。
「iCloudフォトライブラリ」はカメラロールだけでなく標準写真アプリ丸ごと同期する機能です。

■「iCloudフォトライブラリ」の特徴


  1. オリジナルの高解像度データをiOSデバイスにダウンロード可能
  2. ビデオも同期できる
  3. 標準写真アプリで加工した内容も同期できる
  4. 削除すると「最近削除した項目」に一時保管
  5. アルバム分類可能
  6. 保存枚数や期間の制限がない
  7. Webサイト「iCloud.com」でデータ管理

■「自分のフォトストリーム」の特徴


  1. iCloudストレージを消費しない
  2. MacのiPhotoやWindows PCと同期OK

「iCloudフォトライブラリ」を有効にするとどうなる?


設定アプリを起動して、iCloud > 写真 を選択していくと、
「iCloudフォトライブラリ」を設定することができます。
IMG_0918
「iCloudフォトライブラリ」を有効化しました。
IMG_0928
「写真」アプリを起動してアルバムをチェックしてみると、「カメラロール」が「すべての写真」というアルバム名に変わり、「自分のフォトストリーム」が消えました。
IMG_1505
なお、iTunesでPCと同期した写真がある場合は強制的に削除(同期解除)されます。


「iCloudフォトライブラリ」デビューの注意点


1.同期データが消える?

「iCloudフォトライブラリ」を有効にすると、カメラロールにないアルバムの写真・ビデオは消えると思ったほうが良いです。

例えば、
・iTunesで同期したデータ
・「自分のフォトストリーム」で同期した「iPhoto」や「Aperture」のデータ
・「自分のフォトストリーム」で同期した他のiPhone・iPad・iPod touchのデータ
・「自分のフォトストリーム」で同期したWindows PCのデータ

Macや他のiOSデバイスでも「iCloudフォトライブラリ」を利用するのであれば再同期できますが、そのつもりが無ければ「iCloudフォトライブラリ」のデビューは控えたほうが無難です。

※自分のフォトストリームの復活方法はこちらの記事をご覧ください

iOSアップデートで消えた「自分のフォトストリーム」を復活させてiCloudの空き容量を増やす方法 | さくっとふぉとらいふ



2.iCloudの空き容量がなくなる?

「iCloudフォトライブラリ」は、iPhone(iPad、iPod touch)本体の容量を節約することはできますが、iCloudのストレージ容量を消費します。

iCloudフォトライブラリを有効にすると、カメラロールにある写真・ビデオすべてをiCloudに保存します。
特定の写真を選んで保存することはできません。

iCloudは無料で5GBを使うことができますが、写真・ビデオが多い場合はすぐに使いきってしまうので有料のストレージが必要となってしまいます。

3.他のアプリが使えなくなる?

「iCloudフォトライブラリ」はiOS8の新機能なので、お使いのアプリが対応していない場合、写真・ビデオを正しく読み込めない可能性もあります。
特に「iCloudフォトライブラリ」の設定で「iPhoneストレージを最適化」を有効にしている場合は注意が必要です。

よく使うアプリで写真・ビデオを選ぶときに強制終了してしまう等の不具合が続く場合は、iCloudフォトライブラリが原因の可能性があります。

私が「iCloudフォトライブラリ」を使う理由


私はiCloudストレージの有料プランを契約し、「iCloudフォトライブラリ」をベータ版から使っています。
その理由は2つ、iPhoneの容量節約とMacとの連携です。

ベータ版はMacとの連携ができなかったので、コツコツとiCloudフォトライブラリに写真やビデオを保存して正式版のリリースを心待ちにしていました。

ようやくその日を迎えて意気揚々とMacをアップデート♪
ただいま「写真」アプリを同期中です。

というわけで、「iCloudフォトライブラリ」正式版の使用レポートは改めて!



シェア