iPhoneのカメラロールから写真・ビデオを直接Dropboxに保存する方法

11571

Dropbox公式のiPhone・iPadアプリのアップデート通知に思わずニンマリ♪
2015年2月17日に公開されたバージョン3.7では、待望の「Action Extension」に対応しました。

これにより、標準「写真」アプリのカメラロールから直接、写真や動画をDropboxへ保存できます。OH!便利!!

IMG_0274
ただし、「Action Extension」はiOS8の機能なので、お使いのiPhone・iPadがiOS7以前の場合は、Dropboxを最新バージョンにアップデートしても利用できませんのでご注意を。

カメラロールから写真・ビデオをDropboxへ保存するには


まずは、iPhone・iPad・iPod touchのバージョンがiOS8以上であることを確認します。

iPhoneのバージョンがiOS8であることを確認
続いて、Dropbox公式アプリを最新バージョンへアップデートしましょう。

Dropbox
↑執筆時(2015.2.18)の【バージョン】3.7【価格】無料

Dropboxに保存したいカメラロールの写真・ビデオを表示し、左下のシェアボタンをタップします。

カメラロールの1枚表示画面でシェアボタンをタップ
あれ?Dropboxのアイコンがありませんね。
こんなときは初期設定を行ないましょう。

標準の共有機能にDropboxボタンがない
下にある「その他」をタップします。

標準の共有機能の下段「その他」ボタンをタップ
「Dropboxに保存」を有効化します。(緑色の状態)

標準の共有機能のアクティビティでDropboxに保存を有効化
頻繁に使うようであれば、三本線をタップして並び替えておくと良いですよ。

標準の共有機能のアクティビティで並び替え
初期設定を終えたら完了ボタンをタップします。

これで表示されるようになりました!
「Dropboxに保存」をタップしましょう。

標準の共有機能にDropboxボタン追加
Dropboxの保存画面があらわれました。

カメラロールから呼び出したDropboxに保存画面
ファイル名をタップするとファイル名を変更することもできます。

Dropboxに保存画面でファイル名を変更 Dropboxに保存画面でファイル名を変更
必要であれば「別のフォルダを選択してください」をタップして保存先のフォルダを変更しましょう。

Dropboxに保存画面で保存先を変更
最後に右上の「保存」ボタンをタップすると、アップロードが始まります。

Dropboxへのアップロード画面
Dropbox公式アプリで確認してみましょう。
ファイルが保存されています。

IMG_0273
ビデオも同様の手順でDropboxに保存できますよ。

カメラロールのビデオをDropboxに保存

カメラロールからDropboxへ写真・ビデオを保存するときの注意点


執筆時点(2015.2.18)のDropbox公式アプリ最新バージョン3.7では、複数の写真・ビデオをまとめてカメラロールからDropboxに保存することはできません。

複数選択してシェアボタンをタップすると、「Dropboxに保存」ボタンがあらわれません。

カメラロールから複数のファイルをDropboxに保存することはできない カメラロールから複数のファイルをDropboxに保存することはできない
複数の写真・ビデオをまとめて保存できないのは残念・・・。

とはいえ、Dropboxアプリを起動しなくても、カメラロールで写真・ビデオを確認しながら素早くアップロードできるのは便利!
今後のアップデートで複数ファイルの保存に対応することを期待しています☆



シェア