[п]激安☆200円でフォトブックを作れるアプリを使ってみた

12011

「200円ブック」は2016年8月31日にサービスを終了しました。
現在は「200円ブック」を作成することはできませんが、この記事は記録として残しています。どうぞご了承ください。


ネットプリントジャパンから新しいフォトブック作成・注文アプリが登場しました。
その名も「200円ブック」。

200円ブック
↑執筆時(2014.7.29)の【バージョン】1.0.0【価格】無料

そう、本体価格200円(税抜)でフォトブックを作れるスマホアプリです。

私、あいこうら(@lovephotobook)はアプリを見つけるなりフォトブックを作って注文しました。
というわけで、今回はiPhoneアプリ「200円ブック」の使用感を口コミします。

iPhoneアプリ「200円ブック」起動画面

「200円ブック」とは?

写真プリントサービスを提供するネットプリントジャパンの新しい商品です。
なんとオリジナルのフォトブックを200円(税別)で作ることができます。

フォトブックは、スクエアサイズ(140×140mm)のソフトカバー仕様で全20ページ。
表紙に1枚の写真、本文は20枚の写真を1ページに1枚ずつ配置します。
コメントの入力もOK!

200円ブックイメージ
※上記の仕様は執筆時点のものです。
 最新の情報はネットプリントジャパンの公式サイトでご確認ください。

iPhoneアプリ「200円ブック」を使ってみた


※以降の説明で使用する画面等は
 執筆時点のバージョン1.0.0のものです。

200円ブック
↑執筆時(2014.7.29)の【バージョン】1.0.0【価格】無料

まず、あらかじめフォトブックに使う21枚の写真を選びました。

iPhoneアプリ「200円ブック」を起動し、
[200円ブックを注文する]をタップします。
iPhoneアプリ「200円ブック」トップページ
利用規約に目を通して[下記の内容に同意します]をタップします。
iPhoneアプリ「200円ブック」利用規約
メニュー画面があらわれるので[注文をはじめる]をタップします。
iPhoneアプリ「200円ブック」メニュー画面
iPhoneから写真を選択します。
(編集画面から[+写真を追加]をタップすると、選定画面が表示されます)
iPhoneアプリ「200円ブック」編集画面
タップした順に、写真右上に表紙、1〜20の番号が付きます。
最大21枚まで選択できます。
ここでタップした順に、写真が配置されます。
iPhoneアプリ「200円ブック」写真選定画面
写真を選択し終えたら[完了]をタップしましょう。

写真のアップロードが始まります。
アップロード中にコメントや写真の並び替えができます。
待ち時間を有効に使えて良いですね♪
iPhoneアプリ「200円ブック」アップロード画面
写真をタップしてコメントを入力してみます。
iPhoneアプリ「200円ブック」コメント入力
表紙写真は、フォトブックのタイトルを設定できます。
iPhoneアプリ「200円ブック」フォトブックタイトル入力
写真の並び替えは一覧画面で、三本線を長押しして移動します。
iPhoneアプリ「200円ブック」写真並び替え
表紙と20枚の写真にすべてコメントを入力しました。がんばったー!
写真のアップロードも完了したので、右上の[次へ]をタップします。
iPhoneアプリ「200円ブック」編集完了
プレビュー画面が表示されます。
表紙は7色のカラーから選べます。
初期設定はブラックになっていました。
iPhoneアプリ「200円ブック」プレビュー
フォトブックイメージの下にある[F]アイコンをタップすると、ゴシックか楷書を選べます。
初期設定はゴシックです。
iPhoneアプリ「200円ブック」フォント変更
[F]アイコンの隣の虫眼鏡をタップすると1ページずつ表示します。
(縦構図の写真を表紙に使うとカットされてしまいますね・・。)
iPhoneアプリ「200円ブック」1ページ表示
本文の写真とコメントもすべてチェックして、
問題がなければ右上の[注文]ボタンをタップします。
iPhoneアプリ「200円ブック」奥付
ログイン、または会員登録をおこないます。
iPhoneアプリ「200円ブック」ログイン画面
注文するフォトブックの冊数と配送方法、支払い方法を指定します。
iPhoneアプリ「200円ブック」注文するフォトブックの冊数と配送方法、支払い方法を指定
クーポンコードがある場合は入力します。
iPhoneアプリ「200円ブック」クーポンコードがある場合は入力
内容を確認して問題なければ注文します。
今回は通常メール便・クレジットカード払いで総額309円でした。
iPhoneアプリ「200円ブック」注文完了画面

あいこうらの感想と作成の注意点

シンプルな操作画面なので悩まずに操作できました。
今回は使いませんでしたが、編集画面で写真を回転することもできますよ。
iPhoneアプリ「200円ブック」編集画面
編集画面からプレビュー画面、ログイン画面から注文画面の表示切り替えに少々時間がかかります。
「かたまった?」と不安になりますが、しばらく待ってみましょう。
iPhoneアプリ「200円ブック」ログインが完了するまで待機
注文画面まで進んだら、一気に注文を完了させましょう。
注文の途中で他のアプリへ切り替えると、なぜか編集画面に戻ってしまいます。
↑これを3回もやってしまった・・。

では、他にも作成のコツというか注意点を3つ挙げます。

1.表紙は横構図の写真を使うこと

現在のバージョンでは、縦構図の写真にあう表紙テンプレートはありません。
縦構図の写真は、表紙テンプレートの横幅に合わせて上下を自動的にカットされてしまいます。
iPhoneアプリ「200円ブック」
iPhone標準の写真アプリでトリミングしても、アプリで使おうとするとトリミング前の状態になります。
「iPhoto」などの写真アプリを使ってトリミングしましょうね。
iPhotoでトリミング

2.縦構図写真のコメントに音符やハート型の記号は使わない

コメントは縦構図の写真は縦書、横構図の写真は横書きになります。(表紙以外)
縦構図の写真のコメントに音符やハートなどの特殊文字を使うと、横表示になります。

iPhoneアプリ「200円ブック」編集画面
ちなみに、英数字は自動的に全角へ変換されて縦表示になります。

3.編集内容は自動保存される

編集途中にアプリを終了しても、再起動すると編集画面があらわれます。
iPhoneアプリ「200円ブック」編集画面
ここで左上の[戻る]ボタンをタップすると、編集内容を破棄するか確認画面があらわれます。

つまり、アプリ「200円ブック」は複数のフォトブックを編集することはできません。
編集途中でもう1冊別のフォトブックを作りたいときは、編集中の内容を消去して新たに作り始めることになります。

現在のバージョンでは、注文が完了したフォトブックの再編集や追加注文にも対応していませんのでご注意くださいね。

とまぁ、ちょいちょい「あれ?」と思うことはありましたが、
写真選びから注文完了まで30分ほどで完了することができました。
電車での移動中にもかかわらず、ついキャプチャ画面を撮りまくって怪しまれましたが・・。

フォトブックが届いたらレポートするのでお待ちください♪


※2014年8月12日追記
200円ブックが手元に届いたのでレポートを書きました。
こちらもよろしければご覧ください


[п]激安200円フォトブックの口コミ☆2冊目を作るなら・・の妄想構想 | さくっとふぉとらいふ



シェア