iPhone写真をすぐにプリントできる「AirPrint」が超絶便利

12417

思い立った時にすぐiPhone写真をプリントできる簡単お手軽「AirPrint」。
今回はその魅力と、AirPrint対応プリンタ「SELPHY(セルフィー) CP910」の使用例を紹介します。


■AirPrint(エアープリント)とは?

Appleが提供する印刷システムで、同じネットワーク環境下にあるプリンタをiPhoneからかんたんに使用することができます。
ケーブル接続も必要ありません。


AirPrint を使うと、ドライバをインストールしたりソフトウェアをダウンロードしたりしなくても iPad、iPhone、iPod touch、および Mac からすぐにプリントできます。
AirPrint プリンタを選択してプリントします。
必要な操作はこれだけです。


引用:Appleサポートサイト「AirPrint の基本

AirPrint対応プリンタは、Appleのサポートサイトから確認できます。

AirPrint の基本



■AirPrintを使った写真印刷が便利なワケ


AirPrint非対応のプリンタと比べると、専用アプリのインストールが不要でiPhone写真の印刷がとっても簡単なんです。

なかむら家のプリンターはキヤノンの「PIXUS MG6130」。
2010年発売のモデルで、残念ながらAirPrintに対応していません。

iPhoneにある写真を印刷するには専用のアプリが必要です。

Canon Easy-PhotoPrint
↑執筆時(2014.4.22)の【バージョン】2.3.1【価格】無料


一方、AirPrint対応プリンタの場合は、標準「写真」アプリから写真を選んで印刷することができます。

iPhoneで撮った写真を見るときに一番よく使うのは、やっぱり標準の「写真」アプリ。
その「写真」アプリから直接プリントできると、とってもスムーズ☆

標準の「写真」アプリだけでなく、AirPrintに対応したアプリは他にもあります。

iPhoto
↑執筆時(2014.4.22)の【バージョン】2.0.1【価格】¥500
iフォトアルバム – 大切な写真や動画をアルバムで整理。カレンダーやスライドショーでも楽しめます
↑執筆時(2014.4.22)の【バージョン】3.2【価格】無料

■iPhoneでAirPrintを使ってみる


では、AirPrint対応が購入の決め手となった「SELPHY(セルフィー) CP910」を使ってiPhone写真をプリントアウトしてみます!

なお、今回はWi-Fi接続を使わず、iPhoneのテザリング(インターネット共有)機能を使用しています。
Wi-Fi環境が利用可能でしたら、iPhoneとプリンタをWi-Fiに接続して使用することをオススメします。


まずiPhoneの「設定」アプリを起動し、インターネット共有をタップします。


インターネット共有をオンにしましょう。
接続名やパスワードの情報も表示されています。


次に、プリンタの設定です。
「Wi-Fi設定」ー「接続設定」の順に選択していきます。



プリンター名は特に変更せず「アクセスポイント経由接続」を選択します。



「アクセスポイント検索」を選択します。



「アクセスポイントの選択」一覧に、iPhoneの接続名を確認できました。
選択して、パスワードを入力します。



無事に接続設定が完了すると、iPhoneのステータスバーの下に「インターネット共有:1台接続中」と表示されます。


iPhoneの標準「写真」アプリを起動し、プリントしたい写真を選びます。



プリントをタップすると「プリンタオプション」が表示されます。


「プリンタを選択」をタップして、プリンタを設定します。


これで印刷準備はOK!
「プリント」をタップしましょう!!


写真が印刷されました。


最初の接続設定が少し面倒ですが、それが済めば快適プリント生活♪


なかむらは保育園の連絡帳に写真を添えてみました。
その日に撮った写真を即プリントアウトして、まるで写真日記のよう。
先生にも好評でした。


すぐにプリントできると、写真の活用範囲が広がります。
プリンターを購入するときは、「AirPrint」に対応しているかも検討項目に入れてみてはいかがでしょう?

ち・な・み・に。
なかむらが企画したiPhoneアプリ「さくっとアルバム」も「AirPrint」を利用できます。

リリース前の「さくっとアルバム」をお試しできるイベントで、この「AirPrint」も体験してみませんか?
ご応募お待ちしています!



シェア