Heartbleedとかよくわからない主婦なりのネットセキュリティ対策

672

「OpenSSLの脆弱性」
「暗号化ソフトに欠陥」
「Heartbleed」
「非常に深刻なバグ」

よくわからないけれど、インターネットサービス界隈が何だか大変なことになっています。

詳しい説明は他のサイトにお任せして、今回はインターネットサービスをよく使う主婦・なかむらが自衛策としてとった行動を紹介します。

とにかくパスワード変更!


メールやSNSでのやりとり、
写真や動画をネット上に保存。
時には、ネットからお買い物をすることも。

インターネットサービスの利用にあたって、まず最初に会員登録をしますよね。


買い物をするときはクレジットカードを登録します。
登録した情報はIDとパスワードで守られているから安心!

…と思っていたら守られていなかった。

ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ

そんなとき、どうしますか?

サービスの利用を止めるという手段もありますが、この便利さを手放したくない!

そこで、個人情報の肝心要となるパスワードを変更することにしました。

超人気パスワード管理アプリ「1Password」を使ってみた


なかむらがこのたび購入したアプリが「1Password」です。
iPhoneでもiPadでも使えるユニバーサルアプリです。

1Password
↑執筆時(2014.4.15)の【バージョン】4.3.2【価格】¥900 ※期間限定


「1Password」は、インターネットサービスのID・パスワードといったログイン情報だけでなく、クレジットカードや銀行口座も集中管理できます。

管理するだけでなく、強固なパスワードも生成するスグレモノ。

これまでのなかむらはパスワードの使い回しはもちろん、忘れないように単純で簡単な内容を設定していました…。
それでも忘れるし(バカ?)、そもそも危険!ですよね。

そこで、1Passwordでサービスごとにパスワードを変えて設定するように。
あとは、1Passwordのパスワードを忘れないように気をつければOK!

お高いアプリですが、使って納得。
半額セール中に「1Password」のMacアプリも買っちゃいました。

1Password
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
【価格】¥2,500 ※期間限定



「1Password」公式サイトでは、Windows版も購入できますよ。(英語ですが・・)

クレジットカードの利用明細もチェック!


家計簿をしっかりつけている方は大丈夫でしょうが、ズボラななかむらは挫折中。

でも、万一の不正利用に気づけるのは、自分しかいません。

面倒でもクレジットカードの明細をチェックすることにしました。
無駄遣い防止にもなりますね。

(`・ω・´)キリッ

インターネットバンキングも使っているので、こっちもチェックせねば。

OpenSSL脆弱性とやらに修正対応済みの人気サービス


執筆時点(2014.4.14)で、下記のサービスはOpenSSL脆弱性に修正対応済みと発表されています。

【修正対応済み】
Google
Gmail
Facebook
Instagram
Tumblr
Pinterest
Flickr
Dropbox

【影響なし】
Apple
Microsoft
Evernote
Twitter
Amazon.com
楽天

一方の修正未対応のサービスは、パスワードを変更しても流出してしまう可能性があります。

修正を確認できるまでは、そのサービスの利用を控えたほうが良さそうです。

セキュリティ対策は続くよどこまでも


今回はすこし難しい話なってしまいましたが、パスワードの変更も明細チェックも難しいことではありません。面倒ですけど。

「よくわからない」で終わらせるのは危険!

適当なパスワード管理から卒業して、便利なWebサービスを安心して使い続けましょう。

■この記事で推したiPhone・iPadアプリ

1Password
↑執筆時(2014.4.15)の【バージョン】4.3.2【価格】¥900 ※期間限定



シェア