写真プリント注文アプリ22個の中から選ぶ私のベストアプリ(アプリ操作編)

17656

PC不要!プリンター不要!外出不要!iPhoneから写真プリントを注文できる22個のアプリ」で宣言したとおり、5日間かけてすべてのアプリをお試ししました。
続々とプリント写真が到着していますが、注文商品すべてが到着するまで開封していません。

まずは、アプリの操作面から「また使いたい!」と感じたお気に入りのアプリを紹介します。
写真プリントの価格や品質の比較は別の記事にまとめるのでお待ちくださいね。

◆写真選定画面が秀逸!「楽天スマホプリント」

まずオススメするのは、「楽天スマホプリント」です。

楽天スマホプリント
↑執筆時(2014.3.14)の【バージョン】1.3.3【価格】無料

22個中19個目にして、ようやく出会えたお気に入りのアプリ。

最大の魅力は写真選定画面。
「カレンダー」「写真一覧」「アルバム一覧」と3種類の画面に切り替えられます。

「カレンダー」「写真一覧」は、iPhoneにある写真を一括して撮影日ごとに分類しているので見やすい!

拡大表示にも対応しているので、じっくり選ぶことができますよ。

ただ、「写真一覧」はスクロールすると、すぐに拡大表示されるのがネック。
そんなに敏感に反応しなくてもいいのに〜。

今回なかむらは、あらかじめiPhone標準の写真アプリにアルバムを作成し、プリントする写真を追加しておきました。
それは、iPhoneにある写真を選びづらいアプリが多いから。
でも、この「楽天スマホプリント」なら、写真を選ぶところから始めてもいいと思いました。

その一方で、一括選択機能が無いのは残念!
大量の写真をプリント注文したいユーザーには不向きかもしれません。


iPhoneにある写真をアプリに読み込むと、プリントサイズはすべて「DSC」で初期設定されます。

「DSC」は、iPhoneの標準カメラやコンパクトデジタルカメラで撮影した写真の縦横比と同じプリントサイズ。

しかし、写真プリントはLサイズのほうが一般的。
他のアプリもLサイズに初期設定されています。

そんな一般的ではない「DSC」サイズを初期設定にしたのは、写真の切り取られる範囲を少なくして、見たままのイメージでプリントできるようにとの気遣いなのかなぁと・・。

ま、なかむらは一括設定でLサイズに変更しましたが^^;

写真の拡大縮小など1枚ずつトリミングを調整できるのもよいですね。

アプリの操作に悩むことはほとんど無いかと思われます。
写真のサイズはL・DSC・スクエアの3種類。価格はいずれも1枚15円。

楽天会員限定のサービスなので、商品の発送先や支払い方法の選択も登録済の情報を使えるのでとってもスムーズ。
料金の支払いに楽天ポイントを使えるのもありがたいですね。

今なら注文時にFacebookやTwitterでアプリを紹介すると、メール便の送料が無料になりますよ。


◆こちらもオススメ!「しまうまプリント」「カメラのアマノ」

・しまうまプリント


しまうま写真プリント for iPhone
↑執筆時(2014.3.14)の【バージョン】1.1.5【価格】無料

「しまうまプリント」は、シンプルかんたん。

文字が大きくわかりやすいです。

iPhoneの写真をアルバム(フォトストリーム)単位で一括選択できるので、大量プリントに最適ですね。

選定時に拡大表示も可能です。

注文できるのはLサイズのみ。
仕上がりイメージ(プレビュー)がわからないのが残念ですね。

Tポイントを利用したい方は、しまうまプリントの別アプリを使いましょう。

Tプリント-1枚5円で写真プリント for iPhone
↑執筆時(2014.3.14)の【バージョン】1.0.5【価格】無料

・カメラのアマノ


スマホ写真プリント
↑執筆時(2014.3.14)の【バージョン】2.1.0【価格】無料

このアプリもデザインがわかりやすく、悩まずに操作できます。

プリントサイズも豊富で、トリミングの調整もできます。

写真選定で一括選択できますが、拡大表示はできません。

調査したアプリの中で唯一、写真加工も可能です。

◆写真プリント注文アプリの比較で重視した2つのこと


1.写真選びから注文までがスムーズ


なかむらが今回比較した22個のアプリ。
その使用用途はただひとつ、「写真のプリントを注文する」。
単純明快ですよね。

だから、アプリの操作も明快であって欲しい。
操作に悩んだり、会員登録に時間がかかると、やる気をなくします。

推奨環境下にもかかわらず、アップロードの途中でアプリが落ちると怒りがこみ上げてきます。

逆に、時間のかかる写真選びや、配送先・支払い情報の登録に工夫が見られると「また使いたい」と思います。

2.完成品(プリントされた写真)をイメージできる


iPhoneの標準写真アプリで写真を表示するとこんな感じ。

この見えている状態をそのままプリントしたいですよね。(品質的にも…)

でも、プリントサイズは固定なので写真の一部がカットされる場合がほとんど。
これがわかりにくい!

写真のトリミングを調整できれば、プリントの失敗を防ぐことができます。

iPhone写真に適したDSCやスクエア(ましかく)サイズがあるのも良いですね。

さらに、解像度の判定があると安心。

この2点を重視して見つけた「楽天スマホプリント」も、大満足!というわけではありません。

なかむら的に満足度の高いアプリは他にもありまして
それは、海外アプリとAppleの「iPhoto」なんです。
・・・と、この先は別の記事に改めます!

【使用した写真プリント注文アプリ】


「Print Studio」「Printicular」「Kicksend」は海外のアプリです。
「Kicksend」は配送先住所の登録時に日本を選ぶことができず、写真プリントの注文を断念しました。

開発元が同じアプリは注文に限り、どちらか一方のアプリから行いました。
「FUJIFILMネットプリントサービス for iPhone」「カメラのキタムラ/マイフォトボックス」「コイデカメラ スマホからプリント」も同じサービスを利用しているため、注文は「FUJIFILMネットプリントサービス for iPhone」から行いました。

なお、比較調査は2014年3月5日から10日の間に行いました。
アプリによっては最新の仕様とは異なる場合があります。ご了承くださいね。



シェア