iTunesやiCloudフォトライブラリを使わずにPCからiPhoneへ写真・動画を転送する6つの方法

46850

PCにある写真をiPhoneで使いたい!
そんなときはどうしていますか?


Appleの公式サイトでは、「iCloudフォトライブラリ」や「iTunes」を使って、コンピュータからiPhoneへ写真を転送する方法を紹介しています。

でも、「iCloudフォトライブラリ」を使っていないor使えないときに
iPhoneとPCをケーブルでつないで「iTunes」で写真・動画を”同期”するのは手間がかかるし、面倒・・・。

そこで今回は、「iCloudフォトライブラリ」も「iTunes」も使わずケーブルレスでPCからiPhoneへ写真を転送する方法をご紹介します。

iCloudドライブを利用する

iCloudドライブ iCloudドライブに写真・動画を保存すると、同じAppleIDでiCloudにログインしたiPhoneとPC間で同期されます。

MacからiCloudドライブを利用
または、PCのWebブラウザからiCloud.comにアクセスして、iCloudドライブを使うこともできます。
PCから(iCloud.com上の)iCloudドライブにアップロードした写真・動画を、iPhoneの「iCloud Drive」アプリで取り出します。

iCloudドライブにある写真をiPhoneで利用
利用条件や初期設定の方法など、詳しくはAppleのサポートサイト「iCloud Drive を設定する」をご覧ください。

ファイル数が多いと、無料で使えるiCloudの容量(5GB)をオーバーしてしまうので気をつけましょう。

iCloudドライブ以外の無料ストレージサービスを利用する

WebブラウザからPCの写真をアップロードし、iPhone側で専用アプリ(もしくはSafariなどのWebブラウザ)からダウンロードします。

Dropbox利用イメージ
基本的にアカウントの登録が必要ですが、無料で利用できる容量は2GBから15GBまでサービスによって様々。
代表的なストレージサービスはこちら。

Google(Googleフォト・Googleドライブ)

Googleアカウントが必要、無料で15GBまで利用可能。

Google フォト - 写真や動画を保管 - Google, Inc.Google フォト – 写真や動画を保管 – Google, Inc.
https://photos.google.com/?hl=ja



AppStoreからダウンロードgoogle-play-badge_270px

Google ドライブ - 安全なオンライン ストレージ - Google, Inc.Google ドライブ – 安全なオンライン ストレージ – Google, Inc.
https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/



AppStoreからダウンロードgoogle-play-badge_270px

Dropbox

Dropboxアカウントが必要、無料で2GBまで利用可能。

Dropbox - DropboxDropbox
https://www.dropbox.com/ja/



AppStoreからダウンロードgoogle-play-badge_270px

iCloudドライブも、それ以外のオンラインストレージサービスも、
インターネットのつながる環境下であれば、いつでもどこでも写真・動画をやりとりできるのがメリットですね。

「マイフォトストリーム」を利用する

フォトストリームを有効にしている場合、PCの写真を「マイフォトストリーム」に保存すると、iPhoneの標準写真アプリで扱うことができます。
ただし、「iCloudフォトライブラリ」利用ユーザーは、この方法を使うことができません。

詳しい使い方は、Appleのサポートサイト「iCloud: マイフォトストリームを設定する」をご覧ください。

動画は利用できない、iPhone側では写真サイズが縮小される、上限1,000枚、保存用期間は30日間と様々な制限がありますが、
iCloudドライブと異なり無料で使えるiCloudの容量(5GB)を消費することはありません。

「AirDrop」を利用する

Mac限定ですが、「AirDrop」を使うことで、iPhoneに写真・動画をワイヤレス送信することができます。
Appleのサポートサイト「AirDrop を使って Mac からコンテンツを送信する」に詳しい手順が載っているのでご覧ください。

Macユーザーであれば、この方法がもっとも簡単ですね。
ただ、2011年以前のMacやOSのバージョンが古い場合はこの方法を使えませんのでご注意を。
私はまさに、そのケースで「AirDrop」を利用できません…。
(詳しくは、「Yosemite」をインストールしたMacでiPhoneとのAirDrop機能が使えないワケをご覧ください。)

ワイヤレス(無線)転送用アプリを利用する

アプリを起動させた状態で、PC側のWebブラウザに(アプリが指定する)URLを打ち込み、写真をアップロードします。
PCとiPhoneが同じWi-Fi(または、テザリング)環境の場合に使える方法です。

人気&評価が高いアプリがこちら。どちらも有料です。

PhotoSync - 写真やビデオの転送とバックアップ - touchbyte GmbHPhotoSync – 写真やビデオの転送とバックアップ – touchbyte GmbH


AppStoreからダウンロードgoogle-play-badge_270px
無線写真転送 - wifiで簡単に写真とビデオ転送 - Shenzhen Socusoft Co., Ltd無線写真転送 - wifiで簡単に写真とビデオ転送 – Shenzhen Socusoft Co., Ltd


AppStoreからダウンロード
iPhoneの写真を管理するアルバム系アプリに無線転送機能がある場合も。

秘密の写真管理 - i写真フォルダ Free /動画/共有) - Joaquin Grech秘密の写真管理 – i写真フォルダ Free /動画/共有) – Joaquin Grech


AppStoreからダウンロード

操作方法が少々わかりづらいのがネックですが、PC側にiCloudの設定をしていない場合や、AirDropを使えない場合、オンラインストレージサービスを使いたくない場合におすすめの方法です。

iPhoneで使えるUSBメモリを利用する

インターネットに接続せずにPCとiPhone間でデータをやりとりできるUSBメモリはひとつあると重宝します。

iPhoneで使えるUSBメモリを利用
これまでに紹介した方法はすべて、PCもiPhoneもインターネットにつながる環境下であることが大前提。
ファイル数が多かったり、動画が含まれると転送に時間がかかるし、
Wi-Fi環境を使えない場合はデータ通信量が大量になってしまう恐れも・・・。

PCにあるデータをiPhoneで使うことが多いのであれば、Lightning対応のUSBメモリの購入を検討したほうが良いかもしれません。


iPhoneで使えるUSBは容量に応じて価格も様々ですが、Appleの正規ライセンス「MFi(Made For iPhone/iPad/iPod)」認証を受けた製品を購入するようにしましょう。



私は「iCloudフォトライブラリ」ユーザーですが、Mac側で「写真」アプリを起動して写真・動画の同期が完了するまで時間がかかるので、状況に応じて上記の方法を使い分けています。

iCloudドライブやDropboxを使うことが多いですが、
ファイル数が多かったり動画があるときはiPhone側の空き容量も気がかりなので、
Lightning対応のUSBメモリを使用しています。

▼よろしければこちらの記事もご覧ください。
空き容量対策にも!iPhone・iPadで使えるUSBメモリが便利なので買い足したい<br />
空き容量対策にも!iPhone・iPadで使えるUSBメモリが便利なので買い足したい

みなさんもベストな方法を見つけてくださいね。



【PR】iPhoneにある写真をカタチに残すなら!かんたん操作で使いやすい「さくっとプリント」がおすすめ

お店に行かずに写真の注文や印刷ができる - さくっとプリント - Ms, Inc.お店に行かずに写真の注文や印刷ができる – さくっとプリント – Ms, Inc.

AppStoreからダウンロード
 
「さくっとプリント」は、写真を選びやすく印刷スタイルも自在!
あなたのお好みに合わせて、気軽なおうち&コンビニプリントか高品質な銀写真(銀塩プリント方式)を選べます。撮影日はもちろん テキストや絵文字も印字OK!
ダウンロードは無料なのでぜひお試しください。



シェア