大量の思い出写真から1ヶ月でフォトブック10冊を作れたワケ

1713

私が毎日持ち歩いているiPhoneには作りかけのTOLOTフォトブックが埋没しています。
しかも、その1冊は1年以上も編集していない・・・


その一方で、ここ1か月でiPadからTOLOTフォトブックを10冊も注文しました。
我ながらビックリ。

今回は、なぜ私がフォトブック作りをスピードアップできたのか、そのテクニックを口コミします。

とっておきの1枚より、とにかく1枚カタチにしよう!


TOLOTは1ページに1枚の写真か、140文字のテキストを配置するシンプルなフォトブックです。
複数の写真をレイアウトしたり、写真にキャプションを入れることはできません。


そして、64ページ固定です。
ページ数を変更することはできません。


この不自由さに抵抗し、他のアプリとの合わせ技で写真をコラージュした結果、52枚目で力尽きました…。


だから、こだわりは捨てて、ポケットアルバム感覚で作ることにしたら写真選びもラクになりました。

TOLOTフォトブックは、そのくらいの気軽さが適しているように思います。

ベストショットを選ぶより消去法がスムーズ!


アルバムにする写真を選ぶより、アルバムにしない写真を選ぶほうが断然早いです。

写りの良い写真を選ぼうとするとすごく悩みますが、
手ブレ等の明らかに写りの悪い写真は「選ばない」ことを即決できますよね。

これで、悩む時間も大幅に短縮できます。


今年も残りわずか…
年末の写真掃除、いや、写真整理の参考にしていただけると嬉しいです。



シェア