iPadが写真整理に使えると気づくまで

6740

先日、新宿駅の改札を出ると、iPadの広告が目を引きました。

このブログをご覧のみなさまは、iPadに興味はありますか?
実際に所有されている方はどれほどいるのでしょう…。

私のiPadデビューは2011年5月。
発売されたばかりのiPad2です。

職場の研修の1つにiOSアプリの開発があり、MacとiPadを会社に購入してもらったのがきっかけです。



アプリ開発のヒントを得るため、自宅に持ち帰ってプライベートでも利用していました。
「iPadって写真を大きく見られてイイ!」と感激したことは記憶しています。



その7ヶ月後、第二子の出産のため産休に入り、必然的にiPadも手放しました。(当然)
そして、引きこもり生活へ・・・。



出産から2ヶ月が過ぎ、少し余裕が出てきた頃のこと。

「iPadがほしい!!!!!」

当時発売されたばかりのiPad (第3世代)が欲しくて欲しくて、たまらなくなりました。

好きなときに(育児の合間に)
好きなスタイルで(添い寝しながら)
インターネットや動画鑑賞できるのが魅力的。

さらに、
本格的な写真加工ツールのPhotoshopからiPadアプリがリリースされたことが、購買欲を掻き立てました。
現在はiPhoneアプリもリリースされていますが、当時はiPad専用アプリだったのです。

「iPadでデジタルスクラップブッキングができるかも!」

デジタルスクラップブッキングとは写真のコラージュ。



これまではパソコンでPhotoshopを使ってデジタルスクラップブッキングを楽しんでいましたが、出産後はパソコンを使う時間が無い!
子どもが寝ている間に・・とパソコンを起動した瞬間に起きてしまう経験が何度も!!

と、まあ、PCを使えない不満に比例して、iPadへの思いは募る一方。
購買意欲は十分あるのですが、出産で出費続きのさなか、お金の余裕はありません。

我慢、我慢・・。

我慢、我慢・・。

我慢・・・できない!!

 

2012年12月、自分への誕生日プレゼントと称して、とうとうiPadを購入しました。



自分のお小遣いでは足りず、旦那様に借金して手に入れたiPad(第4世代) です。
やったー\(^o^)/



iPad購入をきっかけに、私の写真ライフに劇的な変化があらわれました。
写真を見る機会が増えて、撮りっぱなしが減ったのです!!!
 
 
なぜ?

それは、カメラアダプタのおかげです。


※上の写真は「Lightning – SD カードカメラリーダー」と「Lightning – USBカメラアダプタ」です。


これがかなり便利!
デジカメなど他のカメラで撮影した写真を、簡単に素早くiPadへ取り込めるんです。
読み込んだ写真は、iPadのカメラで撮った写真と同じように標準の「写真」アプリで簡易編集や削除が可能です。



「見る」機会が増えた効果は絶大です。
家族や友達と写真をシェアしたりフォトブックを作ったり。



iPhoneは写真を撮る楽しさ
iPadは写真を見返す楽しさ
得られるツールだと感じました。

ただ、残念ながら、iPadは写真アプリがまだまだ少ないです。

たとえば、2013年2月時点でフォトブックを作れるiPhoneアプリは30以上ありますが、iPad対応アプリはたったの3個しかありません。

そんな現状が不満で、フォトブックも作れる写真整理アプリの開発に乗り出しました。
iPadを最強の写真整理ツールにするべく、日々奮闘中です!


【PR】お家で写真屋さん♪iPhoneにある写真を「さくっとプリント」でかんたん印刷


かわいい&おしゃれ写真印刷 - さくっとプリント - Ms, Inc.さくっとプリント – Ms, Inc.

AppStoreからダウンロード
 
「さくっとプリント」は、気軽なおうち&コンビニプリントも高品質な銀写真(銀塩プリント方式)もOK!撮影日はもちろん テキストや絵文字も入れられます。
ダウンロードは無料なのでぜひお試しください。




シェア