iPadが写真整理に使えると気づくまで

6355

先日、新宿駅の改札を出ると、iPadの広告が目を引きました。

このブログをご覧のみなさまは、iPadに興味はありますか?
実際に所有されている方はどれほどいるのでしょう…。



■iPad購入の理由は「写真を楽しみたかった」

私が初めてiPadを手にしたのは、2011年5月のこと。
発売されたばかりのiPad2でした。



アプリ開発を口実に会社に頼み込んで買ってもらったので、
遠慮がちに(!?)使っていました。

正直なところ、iPadを開発以外の用途でどのように使っていたのか
よく覚えていません。




「iPadって写真を大きく見られてイイ!」

と感激したことは記憶しています。

あと、娘がゲームアプリに夢中でしたね。

その後、産休に入るため
iPadを手放し(会社に返却し)引きこもり生活に入りました。

冬眠からさめた頃、あ、いえ、
出産から2ヶ月が過ぎ、少し余裕が出てきた頃のこと。

「iPadがほしい!!!!!」

当時発売されたばかりのiPad3が欲しくて欲しくて、たまらなくなりました。

好きなときに(育児の合間に)
好きなスタイルで(添い寝しながら)
インターネットや動画鑑賞できるのが魅力的。

さらに、
本格的な写真加工ツールのPhotoshopからiPadアプリがリリースされたことが、
購買欲を掻き立てました。

Adobe Photoshop Touch
↑執筆時(2015.4.28)の【バージョン】1.7.7【価格】¥1,200


現在はiPhone版も出ていますが、当時はiPad専用アプリでした。

「これでパソコンでなくても、デジタルスクラップブッキングができる!!」

デジタルスクラップブッキングとは、
簡単に言うと、写真のデコレーションです。


ネタ(=写真とデコレーション素材)はたくさんあるのに、なかなか活用できずにいました。



iPadの購買意欲は十分なのですが、
出産で出費続きのさなか、お金の余裕はありません。

我慢、我慢・・。

我慢、我慢・・。

我慢・・・できない!!

 

約半年後、
自分への誕生日プレゼントと称して、とうとうiPadを購入しました。



自分のお小遣いでは足りず、旦那様に借金して手に入れたiPad4です。
やったー\(^o^)/



■デジカメ写真の撮りっぱなし・・からの脱却

iPad購入をきっかけに、
私の写真ライフに劇的な変化が見られました。


写真を見る機会が増えて
撮りっぱなしが減ったのです!!!

 

なぜ?

それは、
コネクションキットのおかげです。



これがかなり便利!
デジカメやスマホの写真を、簡単に素早くiPadへ取り込めるんです。



読み込んだ写真は、iPadのカメラで撮った写真と同じように
標準の「写真」アプリで簡易編集や削除が可能です。

 


「見る」機会が増えた効果は絶大
です。

家族や友達と写真をシェアしたり
フォトブックを作ったり。



iPhoneは写真を撮る楽しさ
iPadは写真を見返す楽しさ

得られるツールだと感じました。

ただ、残念ながら
iPadは写真アプリがまだまだ少ないです。

たとえば、フォトブックを作れるアプリ。

iPhoneアプリは30以上ありますが、
iPad対応アプリはたったの3個。

そんな現状が不満で、
フォトブックも作れる写真整理アプリの開発に乗り出しました。
iPadを最強の写真整理ツールにするべく、日々奮闘中です!

 

[PR]フォトブックも作れるiPhone・iPad向け写真アプリができました!!


さくっとアルバムイメージ
写真整理をもっと楽しくするiPhone・iPadアプリ「さくっとアルバム」は、
デジタルアルバムもリアルなフォトブックも作れます。

写真選びがすいすい さくっとアルバム – かんたん写真整理・無料保存!
【価格】無料

無料でダウンロードできるので、iPhone・iPadをお持ちの方はぜひ使ってみてください!



シェア