【レポート】「スマホの写真でアルバムカフェ」参加

622

ふだん子供の写真ばかり撮る私にとって、
今回参加したワークショップ「スマホの写真でアルバムカフェ」は
自分撮りとテーブルフォトのテクニックを学べてとても勉強になりました。

フォトボードも作れたし、
ケーキも食べられたし、
充実の2時間でした。

ワークショップの参加者は
iPhoneユーザーと
Androidユーザーが半々。

「子供と一緒に撮る」というテーマが含まれていたので、子連れ参加が8割。

私も1歳の次女を連れて行きました。

ワークショップの内容は、

1.スマートフォンで写真を撮るための基本
2.自分と子供をカワイク一緒に自分撮りする方法
3.テーブルフォトの撮り方
4.撮影した写真でアルバム作り
5.アルバムの撮り方


撮影の講師は、黒田智之さん。

iPhoneカメラ本の執筆だけでなく
テレビ番組への出演も!



写真撮影は手ブレ軽減のため、
シャッターボタンを使いました。

iPhoneの場合はサイドにあるボリュームボタンですね。

Androidの場合、
機種によって異なるので
サイドにあるボタンをすべて
押して確かめていました。

また、Androidの場合、
設定の確認が重要とのこと。

画像サイズと画質を最も大きいもの(良いもの)にしましょう。

先生曰わく、
Androidのカメラは高機能な分、
使いこなすのが難しいようです。

iPhoneも高機能なカメラアプリは
操作に慣れるまで時間がかかりますよね。

設定を終えたら、
さっそく撮影レッスン。

自分撮りのポイントは、
・フロントカメラは使用禁止
・スマホを握って手を伸ばした状態でどれくらい写るか確認
・レンズの高さは目線の高さ
・子供と一緒に撮るなら仰向け撮影も
・スマホを手で巻き込むようにしっかり握る

テーブルフォトのポイントは、
・整理整頓してから撮影
・画用紙、包装紙や布を活用
・フード写真は自分が一番美味しそうと感じる角度を見つける

どちらも、
上手く撮るには練習あるのみ!


早速、公園で自分撮りの
練習です。

私はiPhoneのカメラロールに
2千枚もの写真がありますが、
自分撮りやテーブルフォトは
ほんの一割程度。

だから今回のワークショップに参加して、
撮影のバリエーションが増えたことが一番の収穫です。

スイーツを撮り終えた後、
娘のストローマグやシューズを
コッソリ撮ってみました。

アルバムにするときは、
こーゆー写真があると
良いアクセントになると思います。

皆さんも
「自分」や「モノ」
をどんどん撮影して
アルバムにしましょう!

 

【ワークショップ概要】
[日時]3月12日(火)10時30分~12時30分
[場所]富士フイルム西麻布ビル2階会議室
[講師]黒田智之先生
[内容]スマートフォンでの写真撮影の講義→写真出力→アルバムにアルバムカフェ体験
[持ち物]スマートフォン・筆記具
[テーマ]
・スマートフォンの撮り方
・自分と子どもをカワイク一緒に撮る方法
・アルバムをきれいに撮る方法
[参加費]1,500円



シェア